今回は、クリニックなどの医療機関でも採用サイトは必要?というお悩みを解決します。

 

求人活動の際、自社サイトとは別に、採用サイトを用意する企業が増えており、医療機関でも採用サイトを設ける医院は増加傾向にあります。

その背景には、求職者が「知りたい情報」と「実際に知ることができた情報」のギャップから、「思っていたのと違う」「こんなはずじゃなかった」と早々に辞めていくといった問題が。

そのため、採用活動においてインターネット上での十分な情報発信は、求職者と医療機関にとって大きな役割を担います。

 

結論からいうと、採用を強化したい場合はクリニックでもオフィシャルサイトと分けたほうが良いです。

次より、その理由を詳しく解説していきます。

 

クリニックにも採用に特化したサイトは必要?

採用に特化したサイトを作ることで、求職者と募集側にどのようなメリットがあるのかをご紹介します。

 

求める人物像にマッチした人材にアピールできる

採用サイトで、会社の雰囲気や求めるスキルや条件などを写真などでより明確に伝えることで、よりマッチした人材の確保が可能となります。求人ポータルサイトでは掲載しきれない情報を集約することがポイントです。

求職者は、求人ポータルサイトをはじめ、クリニックのホームページや採用サイトから医院の雰囲気や働くスタッフの様子などあらゆる情報を取得し、複数の医療機関を比較して条件の良いクリニックかつ自身に合っていそうな職場を選んで応募をします。

募集する側のクリニックは、他のクリニックと比較されても劣らないように優位性を出し、採用サイトに掲載する情報や見せ方を工夫する必要があります。

ですが、早く採用したいがためによく見せようと過剰に良いことばかりを書くのはNG。

せっかくコストと時間をかけて採用しても、無駄なコストになってしまいます。
できるだけ実態に近い形で情報を掲載することが望ましいです。 

 

求人媒体に頼らず応募を集められる

採用サイトを作ることで、求人媒体に頼った採用活動にコストや手間を取られずに済むようになります。

  • ポータルサイトの掲載にコストをかけている
  • 複数の求人媒体に掲載をしていて管理や更新が大変

このような悩みがある場合は、採用サイトの制作を検討した方が良いでしょう。

 

検索対策がしやすくなる

クリニックのオフィシャルサイトでは、病気やケガなどで受診をしたい患者さんに向けて作られています。そのため、求職者に向けたSEO対策がなされていません。

その点、採用サイトでは求職者だけに向けた対策ができるため、オフィシャルサイト、採用サイトの双方にとってSEO上有利となります。

 

より多くの情報が掲載できる

クリニックのオフィシャルサイトに求人情報を載せている場合、簡単な募集要項を掲載するまでに留まってしまいがちです。

採用サイトがあれば、クリニックの経営方針や診療方針、ビジョン、院長の想い、スタッフ紹介など求人に関するコンテンツを豊富に掲載できます。

求職者が具体的なイメージが持てるよう、視覚に訴えかけ、差別化のできるコンテンツづくりが重要です。

 

採用は、エントリーの量ではない

質の高い人材を獲得するためには、採用サイトの力が必要不可欠です。

多くの医療機関で抱えている「人手不足」や「採用」の悩み。

売上との兼ね合いで、医療人材を潤沢に確保することが難しい業種でもあるでしょう。それでも、優秀な人材を円滑に採用できれば、それに越したことはありません。

求人に特化した採用サイトを作ることは、求職者、クリニック側にもメリットの大きい採用方法といえるでしょう。

カタログ ダウンロード

株式会社まるのことを詳しく知りたい方や、
院内でのご検討に資料が必要な方は、
こちらよりダウンロードしてください。

株式会社まるは、「愛と感謝で世の中をまるくする」という理念のもと、私達が最も得意とする医療機関に専門特化したWEB制作、WEBマーケティングによる集患、採用支援と、女性マネジメントに特化したマネジメント支援、経営支援を行っている会社です。

当社の経営方針は、三方良しのビジネスを実践すること。売り手よし、買い手よし、世間よしのビジネスを実践し、サポートを通じて、医療業界に貢献したい。そのために、成果につながるサービス提供にこだわっております。

お客様の声をお聞かせいただくことで、それぞれの医療機関の強みを生かしたWEBを使った解決策をご提案しております。

組織拡大や、地域No.1を目指す方、一体感のある経営を目指す方、新規開業を考えている方は、まずは無料相談からお気軽にお問い合わせください。