ホームページを制作したら、検索上位に表示されるためにSEO対策を行う必要があります。そして、サイトのアクセス状況を分析して適切な対策をすることで上位表示がされるようになっていくということを以前の記事でもご紹介しました。

株式会社まるのお客さまにお届けしている「アクセス解析」でもサーチコンソールを活用してサイト分析を行っていますが、この「サーチコンソール」とは具体的にどのような情報を得るためのツールなのか、どう活用するべきかを知っている方は少ないと思います。

本日は、Googleサーチコンソールでできること、またその活用方法についてまとめました。

サーチコンソールとは

Googleが提供している無料のサービスで、サイトのパフォーマンスを分析できるツールです。

 

サーチコンソールでできること

Googleなどの検索エンジンを使って検索窓に入力した語句(例「名古屋_ホームページ制作」)これを検索クエリといいます。
・検索クエリごとの表示回数やクリック数、掲載順位
・サイトに流入する際のユーザーの行動

といった検索パフォーマンスが確認できます。

 

 

Googleアナリティクスとの違い

上記でお伝えしたとおり、サーチコンソールはGoogle検索結果でのサイトのパフォーマンスが分析できるツールです。

それに対し、GoogleアナリティクスはページごとのPV数、セッション数、直帰率、サイト内での回遊状況など、サイト流入後にユーザーがどのような行動をとったかが可視化できるツールとなっています。

Googleサーチコンソール Googleアナリティクス
「どのようなキーワードで検索したか」
「どのくらい表示されたか」
「どのくらいクリックされたか」
「どこからきたのか」
「どれくらいサイトに滞在したのか」
「どのようなページを閲覧したのか」
サイト訪問前の情報がわかる サイト訪問後の情報がわかる

 

つい、PV数やセッション数などの実績を確認しがちなのですが、サーチコンソールで得られるサイト訪問前の情報にも着目することで、サイト改善のヒントを探すことができるのです。

つまり、SEO対策にはかかせないツールといえます。

弊社でお送りしているアクセス解析では、サーチコンソールとアナリティクスを両方とも活用してサイト分析をしています。

どのような検索クエリでサイトへ流入しているのかなどを確認しながら、記事を作成するうえで「こんな記事を書いてみると検索されるかも!」というような情報もお届けしています。

 

 

さいごに

Googleアナリティクスと並んで欠かせないサーチコンソール。

SEO対策に取り組む際には、サーチコンソールやアナリティクスなどのツールから得られる情報を頼りに、仮説を立てたうえで最適な施策に取り組んで改善していくことが大切です。

具体的にどのような情報を得るためのツールなのか、どのように活用することができるかを知ることで、より効果的なSEO対策に取り組めますね。

 

また、ツールを活用した分析によるアクセス解析や、お試しできるブログ記事代行の料金ついてはこちらもご覧ください!