歯科医院の自費診療は年々増加傾向にあり、集患競争が激化しています。今後も自費診療の需要は増加していくことが予測されるため、自費診療率を高めていくことは医院の経営状態も左右します。

そのなかで、歯科医院の方から多く寄せられるご相談のひとつ「自費診療に特化したホームページは必要なの?」というお悩みにお答えします。

 

自費診療率のアップはホームページがカギ

結論からいうと、自費診療に特化したホームページはあるほうが良いです。

なぜなら、保険診療を希望する患者さんよりも、自費診療を検討する患者さんのほうがよりホームページをよく見ているからです。

歯科の自費診療は高額であることも多いため、入念に調べて他院と比較をします。

価格以外で来院動機に繋げられる要素は、医院の魅力や医師の実績などが伝わる充実したコンテンツを揃えること。そのため自費診療に特化したホームページで接点を設けることは非常に有効なのです。

 

 

ホームページがウェブカタログとなる

歯科医院の場合は、ホームページに対する役割が明確です。

とくに自費診療のホームページでは、自院のウェブカタログをつくるようなイメージで、あらゆる治療メニューについてを細かく記載し、価格や治療期間など患者さんが知りたい情報はしっかりと明記していきます。

加えて、医院の魅力を存分にお伝えしましょう。なぜその専門を志して、どのようなポリシーで診療にあたっているかなどを記載できると良いです。ちょっと長いかな?と思う文章でも、患者さんは一生懸命読んで来院してくれますよ。

また、難しい治療の例をコンテンツに入れ、患者さんにわかりやすい説明を添えることで信頼性も高まります。

 

患者さんは先生の腕に期待をして来院します。ホームページでしっかりとアピールすることは、患者さんの安心と期待に変わり、来院動機となるのです。

 

 

医院が望む患者さんを集患できるようになる

近所である、知人からの紹介、歩いていて看板を見かけた、チラシなどの広告を見てなど、患者さんと歯科医院は様々な接点があり、その中の一つがホームページです。

どのような情報を求めているか、この情報はどう見せると良いのか、スムーズな動線でページ遷移できているのかなどを考えてホームページを制作しています。その時に大切なのは患者さんの気持ちを汲み取るということ。

想いを伝えられるホームページは、医院の望む患者さんを集患することができます。

それは、自費診療だけに限らず「得意な治療」や「今後伸ばしたい治療」などでも可能になるのです。

 

株式会社まるのホームページ制作事例はこちらから