スマホやタブレット端末の普及やノートパソコンの利便性が高くなったことによりインターネットの普及が大きく向上し、空港やカフェだけでなく、多くの施設やコンビニなどで多くの無料Wi-Fiを提供する場所が増加した一方で、

セキュリティがしっかりしていない無料Wi-Fiスポットや、悪意のある人物による個人情報の漏えいなど、インターネットを利用するリスクや被害も急激に増加しました。

現在では、ユーザーに安心してホームページへアクセスしてもらうためにSSL化は必要不可欠なツールとなり、Googleが推奨しているという背景から、SEOの観点からもSSL化することによるメリットが大きくなっています。

ホームページを運営する側として、また、様々なサイトを見る側としても大切な「SSL」についての知識を深めていただけたら嬉しく思います。安心・安全にサイト運営を行いましょう。

 

SSL化とは?

SSLとは、Secure Sockets Layerの略で、インターネット上におけるWEBブラウザとウェブサーバ間でのデータの通信を暗号化し、送受信させる仕組みのこといいます。

インターネット上で頻繁に送受信される氏名・住所・メールアドレスなどの個人情報や、ショッピングの決済に必要なクレジットカード情報、ログインに必要なIDやパスワードといった情報は、常に悪意ある第三者から狙われています。
SSLは、これらの重要な情報の漏洩を防いだり、送信される重要な情報の改ざんを防ぐ役割を持っています。

そして、常時SSL化することにより、全ページのURLが「https」からはじまるようになります。

まるのホームページ(https://www.maru-nagoya.jp/)もSSL化されているため、「https」から始まっていますよ!

 

 

SSL化されていないとどうなる?

普段何気なく利用しているインターネットがSSL化されていない場合、悪意のある第三者がなりすましをしたり個人情報を盗み見することが比較的簡単にできてしまうのです。たとえば会社のパソコンから、あるサイトへアクセスしている場合、社内のネットワーク管理者ならあなたの通信を自由に見ることができます。それと同様に無料Wi-Fiスポットなども、ちょっとした知識があれば管理者は非SSLの通信を盗み見ることが可能なのです。

ショッピングで入力したクレジットカード番号やパスワード、閲覧しているホームページのアドレスや、掲示板に書き込んだ内容などといった情報も盗み見られてしまいます。これでは安心してインターネットが利用できない!ということでSSLという仕組みが生まれました。

SSLはブラウザとサーバー間の通信を暗号化することで、パソコンからサーバー間でデータを盗み見られたとしても、大切な情報が暗号化されているため解読は困難となり、安全に使用できるというわけです。

 

SSL化するには?

ホームページをSSL化したい場合、「SSLサーバ証明書」をサーバにインストールする必要があります。
SSLサーバ証明書は、通信の暗号化に必要な鍵とホームページの運営者の情報が含まれたもので、第三者機関(グローバルサインのような認証局)にて、ウェブサイトの運営者が正しい運営者であるかどうかの審査が行われます。
SSLサーバ証明書を導入することにより、ユーザは証明書を通じてウェブサイトの運営者情報や通信の暗号化によって保護されていることを確認することが可能です。

 

SSL化のメリット

セキュリティ面の向上

SSL化を導入する最大のメリットはセキュリティ面を強化することができることです。近年問題視されているなりすましや情報漏えいなどの防止、マルウェア対策やフィッシング詐欺などの被害を防ぐという大切な役割を担います。そのため、診療予約やお問い合わせの際に使用する個人情報も安心して入力することができますし、データ改ざんの被害を防ぐことができます。セキュリティを強化することは、ホームページの閲覧者からの信頼にも繋がるため、大きなメリットであるといえます。

 

SEO効果の期待

常時SSL化されたホームページは、安心して閲覧できる(信頼できる)コンテンツであると評価され、非SSLのホームページよりも検索結果の上位に表示されやすくなります。ホームページの信用度の向上にもつながるというのも大きなメリットのひとつですね。

 

SSL化のデメリット

費用がかかる場合がある

SSL化は基本的に無料でできますが、Webサーバの知識やリダイレクト作業といった設定が必要となります。代行を依頼する場合に、SSLサーバー証明書を取得するために必要な証明書費用・設定代行費用などの費用はかかりますが、依頼したほうが早く安全な場合があるため無難かもしれませんね。

 

設定が必要である

リダイレクトとは、サイトURLを「http」から「https」に変更するという作業です。こちらも正しい方法でリダイレクト設定ができないと、検索順位に影響が出てしまうというリスクがあります。また、アクセス解析で使用するGoogleアナリティクスやサーチコンソールなどの設定変更も必要になります。

 

まとめ

今やSSL化は、安心してサイトへアクセスしてもらうために必須なツールで、運営者としても受けられるメリットが大いにあるため、最初の設定や費用などのハードルはあるものの、取り入れるべきツールであります。安心して、そして安全にクリニックのサイトを利用してもらうためにも常時SSL化に対応することをおすすめします!

ここまでお読みいただきありがとうございました。