ホームページを作っただけでは、患者さんは来院しません。

なぜなら、競合する他院も同じようにホームページを持っており、集患施策を行っているからです。

 

ホームページの集患力を維持するためには、継続的な対策見直し が重要。

思うような成果が出ないからと無計画にホームページをリニューアルしても、期待するような成果は得られません。

 

前回の記事では、ホームページをリニューアルする必要性やそのタイミングについてをご紹介しました。

今回は、ホームページのリニューアルに失敗しないためにやっておきたい3つのポイントを解説いたします。

ホームページをリニューアルする際の見直しポイント3つ

1. ホームページの目的の見直し

まずは、「どんなサイトにしたいのか」「ホームページを使って何をしたいのか」といったクリニックのホームページの目的を改めて見直してみましょう。

・自院のブランディング
・自費診療率の向上
・採用の促進など

目的をはっきりさせることで改善の方向性も定まります。

 

2. 「ターゲット」と「ゴール」の見直し

ホームページの目的が決まったら、次にターゲットを見直しましょう。

・どのような患者さんに見てもらいたいのか
・何をしてもらいたいのか

これまでターゲットを設定を明確にしていたのに成果が得られていなかったのなら、設定を見直す必要があるかもしれません。

 

3. 課題の洗い出しとコンテンツの見直し

次に既存のホームページが抱えている課題を洗い出し、課題を解消するコンテンツを作成します。

・ホームページのデザイン
・コンテンツ内容
・SEO
・使いやすさなど

改善すべきポイントは複数あるかもしれません。

自院の既存ホームページの課題がよくわからないという場合は、競合する他院のホームページと比較をしてみることもオススメ。改善点を見つけたり、「もっとこうしたい」を見つけるヒントになることもあります。

 

ホームページは完成してからが始まり

ホームページは完成してからが始まりです。

株式会社まるでは、ホームページをリニューアルしたいと考えている医療機関様のために、医療機関に特化したノウハウとWebマーケティングに精通した専門ディレクターが既存サイトの分析を行います。

医療機関ならではの文章表記の問題に対する対応や、他院の成功例、失敗例などの情報をもとに、ご要望に沿った改善内容をご提案しています。

カタログ ダウンロード

株式会社まるのことを詳しく知りたい方や、
院内でのご検討に資料が必要な方は、
こちらよりダウンロードしてください。

株式会社まるは、「愛と感謝で世の中をまるくする」という理念のもと、私達が最も得意とする医療機関に専門特化したWEB制作、WEBマーケティングによる集患、採用支援と、女性マネジメントに特化したマネジメント支援、経営支援を行っている会社です。

当社の経営方針は、三方良しのビジネスを実践すること。売り手よし、買い手よし、世間よしのビジネスを実践し、サポートを通じて、医療業界に貢献したい。そのために、成果につながるサービス提供にこだわっております。

お客様の声をお聞かせいただくことで、それぞれの医療機関の強みを生かしたWEBを使った解決策をご提案しております。

組織拡大や、地域No.1を目指す方、一体感のある経営を目指す方、新規開業を考えている方は、まずは無料相談からお気軽にお問い合わせください。