前号:先を見据えた、集患対策

実際にお伺いしたお悩みに、鎌形社長が答えていきます!

院長
院長
新規患者増加と既存患者の囲い込み、目指すべきはどちらが良いですか?

うーん、難しい質問です…(苦笑)

医療機関の経営モデルによるので一概にどちらがいいとは言えないですね。

スポットの患者さんが多いのか、通院頻度の高い患者さんが多いのか。また院長の目指す方向性によっても変わってきます。

一般的には、新規の集患よりも既存の患者さんを軸にした経営の方が容易だと言われています。

鎌形
鎌形
院長
院長
立地の悪いクリニック、どうやって集患したらいい?

立地が悪い=相当なアドバンテージですよね。

立地が悪いとなると、”クリニックの存在”を知ってもらうことが先決です。

そのために有効なのは、やはりHPかと。HPページ上のライバル医院よりも優位に立つことが最低条件です。

アドバンテージを埋めるぐらいの情報発信の努力が必要かと思います。HP戦略で他院よりも一歩先いく戦略ができていると、有事のときにもとても安心です。

鎌形
鎌形
院長
院長
診療圏内に競合クリニックが複数…どうやったら差別化できる?

同地域に医療機関が密集しているのであれば、「他院になく、自院にあるものはなにか?という視点に立ってみてください。

自院にしかない強みを見出し、HPなどを用いて独自性をPRしていく。それだけで差別化につながります。

先生ご本人でもお気付きでない強みが、必ずあります。自院の強みが思い当たらず、お悩みの場合はまるにご相談ください。

まるがご提供している医療ブランディングでは、先生との対話を大切にしています。その中で第三者ならではの観点から、院の持つ強みや目指す方向性を明確化していくことができます。

鎌形
鎌形
院長
院長
患者数が増加するにつれてお待たせする時間が長くなってしまった!どうしたらいい?

こういった場合は、院におけるインフォメーションの改善が大切です。必要に応じて、既存のシステムを見直してみてください。予約システムを導入したり、予約枠を変更したり、できることはたくさんあるはずです。
鎌形
鎌形

いますぐできる!?集患対策

院長
院長
集患対策、どんなものがある?
集患対策には、主に以下のようなものが挙げられます。
鎌形
鎌形
① HP対策(見せ方・検索対策/SEO・マップ対策/MEOなど)

② 広告(電柱、野立て看板・車内広告など)

③ ニュースレター配信

④ 動画配信 (Youtubeなど)

⑤ フリーペーパーへの掲載

⑥ ポータルサイトへの掲載

⑦ 口コミ対策

⑧ リーフレットや院内資料の配布

⑨ 来院者の満足度向上

上記以外にも、競合のクリニックがいない立地条件を戦略的に選んで、開業される方もいらっしゃいます。そういったクリニックさんは、集患に困るといったことは少ないです。もちろん、開業後でもできることはたくさんあります!総じて、院から発信することが大切になってきますね。

院長
院長
まるではどんなことをサポートしてくれる?
まるでは、上記の対策すべてをお手伝いすることができます。一式お任せいただいたお客様からは、「統一感が出る」とのお声もいただいています。もちろん、HPやリーフレットのデザイン・印刷代行など一部だけのご依頼も承ります(^^)
鎌形
鎌形
院長
院長
HP対策って、どんなもの?

まず、HP対策は単発で行うものではく、蓄積させていくものです。この理解がないとうまくいきません。

具体的には、求める患者さんが来院されるような検索対策に重点を置いて対策します。多くのHP制作会社では、『地域名+診療科』のみで検索対策を行い、作って終わりのHPになりがちです。しかし、それでは成果は出ません。

実際に患者さんが検索するのは、「症状名」「お悩み」といったキーワードを加えたロングテールと言われるキーワードです。例えば「名古屋市+内科+アレルギー」といったキーワードで検索される方が多いです。

こういったことを理解した上でサイト構成を考えたり、仕組みを考えたり、先生と協力し継続的に情報を追加していけることが理想です。アフターコロナに向けた集患対策においても、自院のHPを強化していくことは必要不可欠になってくると思います。そのときに必要なのは伴走してくれる制作会社です。

鎌形
鎌形
院長
院長
実際にやってみて効果が高かったものは?

これは口コミ対策です!!

例えば、Google口コミや口コミサイトは結構患者さんに見られています。患者さんからのさまざまな意見(口コミ)に対して、きちんとお返事をするとしないでは、大きく印象が変わってきます。

また、そういったサイトに医院の最新情報や雰囲気の伝わる写真を加えるだけでも効果があります。こういった細かい対応の積み重ねが集患に繋がります。

鎌形
鎌形

集患≠儲け主義

患者さんが増えることは、経営の選択肢を増やすことに繋がります。規模の拡大や最新設備への投資・スタッフの増員・スタッフへの還元など、たくさんの患者さんに選んでもらい患者数が増えることは、院の成長につながります。

ただし、院長ができることの上限は決まっているので、キャパシティを見極めつつ、限界を感じる前に、スタッフ体制を見直して、院長の時間やリソースを増やしていく必要があります。

医療機関とはいえ、”経営視点”は必要不可欠です。経営とは投資です。どの部分に資本を投下していくのか。新規集患を真剣に考えないと、経営の選択肢は増えていきませんし、現状に満足していては先細りになる一方です。

今一度、先を見据えて自院の取り組みを見直してみてはいかがでしょうか。

 

NEXT>>人が人を呼ぶ採用

カタログ ダウンロード

株式会社まるのことを詳しく知りたい方や、
院内でのご検討に資料が必要な方は、
こちらよりダウンロードしてください。

株式会社まるは、「愛と感謝で世の中をまるくする」という理念のもと、私達が最も得意とする医療機関に専門特化したWEB制作、WEBマーケティングによる集患、採用支援と、女性マネジメントに特化したマネジメント支援、経営支援を行っている会社です。

当社の経営方針は、三方良しのビジネスを実践すること。売り手よし、買い手よし、世間よしのビジネスを実践し、サポートを通じて、医療業界に貢献したい。そのために、成果につながるサービス提供にこだわっております。

お客様の声をお聞かせいただくことで、それぞれの医療機関の強みを生かしたWEBを使った解決策をご提案しております。

組織拡大や、地域No.1を目指す方、一体感のある経営を目指す方、新規開業を考えている方は、まずは無料相談からお気軽にお問い合わせください。