全社員に伝えている大切なことなので、記載します。

 

目標に向かって努力するとき、

結果が出るまでには、必ず、物事は成長曲線を描きます。

どうしても苦しくなってしまうのが、

目標は、直線的に達成するものだと勘違いしてしまうから。

 

その理想と現実に苦しむ。

 

でも、どんなに華々しい結果を出した人だって、

誰もみていない時期の自助努力期間は存在する。

 

結局のところ、

結果が出せる人、出せない人の違いは、

結果が出るまで諦めずに自助努力ができた人です。

 

でも、まわりの人達は、

結果が出始めたときからしか認識しない。

 

だから、急激に結果を出している・・・ように見えているだけ。

 

 

目標を達成させるためには、

”成功曲線”がまだ上がり始めないとても苦しい時期に、しっかりとした正しい努力を積み重ねることが大切です。

 

そして、この時の「努力の方向」を間違えないことです。

 

その努力の方向は、

自分達の仕事が人に利益をもたらすものであること。

 

もっというと、

人から喜ばれることをしていること。

 

自分達がどんなに頑張ったとしても、

それが人に喜んでもらえるものでなければ、仕事での成功は絶対得られない。

 

売上は、お客様からの喜びの数です。

仕事の評価をするのは、周りの人たちです。

 

だから、いくら、努力を重ねようとも、

それが自分のためであったり、周りの人達の喜びにつながらないことであれば、

誰が応援してくれるのでしょうか。

 

ということで、

とにかく、目の前の人達を喜ばせること。

これに注力していきましょう。

 

仕事は親切です。

仕事は思いやりです。

 

自分達がしたことで、

周りの人が喜ぶ、幸せになる。

 

最高じゃないですか。

 

自分達がしていることで、お客様が喜んでくれると、

売上が上がります。

 

利益はその先にあります。

 

繰り返しになりますが、

売上は、お客様からの喜びの数。

自分たちがお客様に提供した仕事やサービスの結果、

どれだけ感謝をしてもらったかの結果です。

 

こういう努力を重ねていきましょう。

 

あなたの成長曲線は、

あなたが諦めないかぎり、

絶対に達成に向かいます。

 

あとはやるだけです。

やりましょう。