行動策定の準備をする上で4つの基礎項目が必須です。

(女性の活躍状況の把握、課題分析を行うという内容)

基礎項目は4つです。

<基礎項目>

1)採用者に占める女性の割合

2)勤続年数の男女差

3)労働時間の状況

4)管理職に占める女性の割合

 

その中で開業したてケースはどうなるのか?と確認したところ、以下の回答をいただきました。

残業時間の実績が過去の1年分が存在しない場合。

開業したてでも、現状確認できる労働期間でも良いとのことです

もし開業したてで、女性活躍推進を意欲的に取り組んでいるけど

労働時間の状況把握が1年未満であっても申請OKな可能性は十分あります。