普段わたしたちが見ているホームページなどのWEBサイトがどのような仕組みで成り立っているのかをご存知ですか?その仕組みを知ることで、ホームページ制作に必要なものが見えてきます。

今回は、ホームページを作るために知っておきたい基本知識をわかりやすくご紹介します!

 

ホームページを作るために必要な3つ

ホームページを作るには、サーバーとドメインが必要です。この、サーバーとドメインがあるから、スマホやパソコンなどでこの画面も見えているのです。

ホームページ=建物、サーバー=土地、ドメイン=住所と例えられるのですが、一体どういうことなのか?その仕組みを一つずつ解説してきます。

 

1.ホームページ=建物

ホームページの仕組みを解説する際に、「建物」という例え方をするのですが、ホームページは文章や画像などが入っている建物のようなものです。

おしゃれなデザインと機能的で動線の良いつくりは、快適で居心地がよいですよね!ホームページも同じなのです。

ですが、建物だけがあってもそれを建てる(設置する)場所がなければ意味がありません。そのためには「土地」が必要ですよね。

 

2.サーバー=土地

土地に例えられた「サーバー」にホームページを設置するイメージです。

このサーバーを使うには、無料で使用できる”無料サーバー”と、有料の”レンタルサーバー”を利用する方法があります。

無料サーバーは、その名の通り料金がかからないというメリットはありますが、無料で使用する代わりにホームページ内に無関係な広告が表示されたり、容量が少ないなどというデメリットが存在します。

クリニックや企業で開設するホームページにはおすすめしません。

 

一方、有料のレンタルサーバーはレンタル会社によって金額が異なるものの月数千円ほどで利用することができます。

近年は多くの個人ブログでもレンタルサーバーが利用されているため、クリニックや企業のホームページを作ろうと思うのであれば迷わずレンタルサーバーをおすすめします。

料金がかかるというデメリットはありますが、快適な動作環境とセキュリティの保全、また、独自ドメインが取得できるなど多くのメリットがあります。

 

では、レンタルサーバーのメリットの一つにも上がった「ドメイン」についてを説明します。

 

3.ドメイン=住所

ここまでを一度おさらいすると、サーバーは土地でホームページが建物。さあ出来上がり!この建物の住人として生活していくには「住所」が必要ですね。ドメインとは、インターネット上の住所になります。

株式会社まるの当ホームページの住所は「 https://www.maru-nagoya.jp/  」←これをインターネットで入力することで、無数にあるWEB上のサイトから当サイトにたどり着くことができるのです。

そして、先ほどのレンタルサーバーのメリットのひとつでもある独自ドメインは、クリニックや企業のサイトだということが分かるのでぜひ取得しましょう。

https://www.maru-nagoya.jp/ ←赤文字部分が独自ドメイン。名古屋のまるのサイトなんだ!と感覚的に分かりることも信頼できるサイトだとアピールすることができます。

独自ドメインは、ドメインの種類にもよりますが年間で数千円から利用できるので利用しましょう。

 

ホームページの仕組みやホームページを制作するにあたってまず何が必要なのかをお分かりいただけましたでしょうか?これからホームページをつくりたいと思っている、既存のホームページを新しくしたいという医院様の参考になりましたら幸いです。

最後までお読みくださりありがとうございました!

 

株式会社まるのホームページ制作はこちらもご覧ください。