No.126【焦った時ほど、止まる・休む技術を磨く。】

皆さん、こんばんは!

 

 

ルーチンを大事にすることで有名な鎌形です。

 

 
改めまして、


今日も絶好調⤴まるの鎌形です!

 

 

 

今日は月末。

 

あっという間の月末ですね。

 

自分の活動を振返る、見直す。

 

 

コレってとても重要な作業だと思います。

 

 

さて、

そんなこんなで

本日もスタート!!

 

 

─┤インデックス├─・──・──・──・
【1】焦った時ほど、止まる・休む技術を磨く。
─・──・──・──・──・──・──・

 

前回は、

 

時間に追われて余裕が無くなってしまう

 

院長のための時間管理の話

 

ということで、

 

ついついにやってしまう口約束によって、

 

自分を苦しめていません?

 

というお話をしました。

 

お伝えしました。


前回のブログはこちら↓↓

http://goo.gl/Cv3bFs

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】焦った時ほど、止まる・休む技術を磨く。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


今日は自分の能力を高めるために止まる・休む。

というの話。


医院経営を考えていく時、

頭はフル回転。

自分が思っている以上に、

エネルギーを使っていることがあります。




院長自身が現場に入っていれば、

治療もするし、

トラブルの解決、

新人ドクターやスタッフさんの育成、研修、

ドクター、スタッフの面接、

ドクターのシフト決め、

人為、労務、銀行との交渉やリース、返済、

機械材料の仕入れ決定や、

医師会や、経営者などの集まり、勉強会。

渉外活動や営業活動、PR活動、

担当者会議などなど、


やることをあげていったらキリがありません(´Д`)




もし、そんな活動をする中で、

すでに定期的に運動をして、

健康的な食事をして、

毎晩少なくとも7〜8時間の睡眠とをとり、

愛する人達と質の高い時間を過ごして、

ストレスをうまく管理し、

失敗や失望からもすぐに立ち直り、

自分の生活の中で最も大切だと思う活動に全力投球ができ、

つねに生産的で、

仕事から十分な満足と生きがいを得ているのなら、

今回の記事は全く必要ありません(笑)   






でも、もし、


皆さんや皆さんの元で働くスタッフさんが

疲れきっているか、

プレッシャーに押しつぶされそうになったり、

不安や苛立ち、不満を感じて、

一つのことに集中できずに、



なんだかなぁ〜


いっぱいいっぱい・・・


という状態なら、   


この話は役立つと思います。




昔、

止まる時間が大事。

という記事を書いたのも思い出しました。



第98回-止まる時間が大切/

http://goo.gl/YbozTI




今の時代は、

さらにこういったことが重要になってくるんだと思います。




多くを求めるほど、


得るものは少なくなるんです。




どうゆうことか説明していきます。



中小企業庁が出す統計によれば、

2009年から比べて、

日本の企業の数は、420万社あったところから、

40万社近くが減り、

382万社。



非常に厳しい競争の世界があります。



中小企業庁のページはこちら↓
http://goo.gl/kjsYWf



これは医療機関だけに限った話ではないですが、

とても厳しい数値ですよね。



この競争の中で

生き残っていかなければならない。




だから、

医療機関だけにかぎらず、

全ての現代社会の職場が、


“もっと多く、もっと大きく、もっと速く”
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


という価値観に支配されていきます。   
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^




手に入る情報は驚くほど増えたし、


ビジネス上の取引も飛躍的に速くなりました。



そのおかげで常に急かされているような感覚になり、

あらゆるものに注意をそらされます。。。



満足させなければない患者さん、

返信する必要のあるメール、LINE、

折り返しをかける電話、

同時にさばかなければならない仕事、

会議の出席、

医院の向かう場所は増える一方で、

周りから置いていかれないためには、

もっと”長時間働かなければならない”と感じる。




テクノロジーが進化したおかげで

いつでどこでも即時に連絡がとれるし、

意思決定のプロセスはどんどんスピードアップするし、

何もかもが効率化されています。




でも、




どんなに良いものも、

あまりにも多すぎてしまうと、

やがて悪影響がでてきます。




管理も整理もしないまま放っておくと、

便利なはずのテクノロジーに逆に支配されてしまう。





毎日、どれほど多くの価値を生み出しても

決して十分だとはみなされない。



世の中のスピードについていこうとすればするほど、


忙しく過ごすあまりに、

決して勝つことのない戦いが、

永遠につづく。





このすさまじい忙しさは

知らず知らずのうちに、

皆さんのあらゆるものを奪っていきます。




集中力は衰えるし、

与えられた1つひとつの仕事にかける時間が減り、

じっくりと将来を見据えてものを

考えることができなくなる。   




夜、

ようやく長丁場の診療を終えたときには、

家族と過ごすエネルギーは

ほとんど残っていない(´Д`)



さらに緊張をほぐしてリラックスする時間もなく、

睡眠時間はどんどん短くなる。


朝目覚めると、

十分に休息がとれたと

感じられないまま再び職場へと向かう。




そんなサイクルでは、

やる気はさっぱり高まらず、

集中して仕事にとりくめない。



この悪循環が

どんどん加速している感じですよね。



この

“もっともっと”の考えは、

実は自分たちから

いろんなものを奪っていくんです。




こうゆう時代だからこそ、

【休むこと】がとても重要だと思います。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


   

人は、

機械のように高速で長時間、

休みなく働くようには出来ていません。


人が機械の真似をしようとすれば、

たちまち、

身体を壊してしまいますよね(´Д`)   


【休むこと】。


これってほんとに大事なことなんです。


機械と違って、

人には波打つリズムがあります。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


大切なのは、

自分のエネルギーを使い続けることは出来ない。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
ということを自覚することだと思います。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^



そして、


そのエネルギーは再生させないといかんわけです。



日中は覚醒して夜は眠る。


そして起きている間も、

一定時間集中して働いたあとには

休息を取って

エネルギーを再生させないといけないんです。





ガス欠の状態で、

自分という車を走らせていたんじゃ、

そのうちおイタがくるんです。



いや、ほんと、

いろんな支障が出てきます(^_^.)




本来、人の能力には、

素晴らしい力があるのにも関わらず、

その能力を十分発揮できない状態に

してしまっていることが、

往々にしてあります。




人生は ”マラソン”に


例えられることが多いですよね。



マラソンと短距離走を比較すると、

エネルギーの使い方が全然違います。






マラソンの場合は、

目に見えない先にあるゴールを

目指して長距離を走ります。



自分の限界を超えた力を

出して進むことはできません。   


バテちゃうからです。


一定のペースを守り、

エネルギーも継続して消費し、

全力で走ることが滅多にありません。





逆に短距離走の場合は、


スタート地点に向かって、

身をかがめて、

前方100メートル先へと視線を送る。


全力を出したら、

途中でバテちゃうんじゃないか?

という心配は必要ありません。   


全力のエネルギーで

走ることこそが

必要だってこともわかっている。



そしてゴールにたどり着けば、

休息し、回復することができる。   



こういうことを考えても、





この人生のマラソンを

うまく管理する秘訣は、



長い人生という道のりを
^^^^^^^^^^^^^^^^^
いくつもの短距離走に分けるってことです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^



つまりは、


与えられた課題に

比較的短い時間だけ全力で取り組んで、

そのあとは十分に再生の時間をとる。



全力ダッシュしては、休み。


全力ダッシュしては、休み。


を繰り返す。






そうすることで、

誰でももっと短い時間で

もっと精度が高くて、

もっと多くのことを成し遂げることができる。






ここでいう


再生っていうのは、


しっかりとした睡眠だったり、

何もしない瞑想の時間だったり、

運動であったり、   

口にする食べものであったりです。




厳しい競争の時代こそ、

短い目標を全力疾走して、

その後はしっかり休む。   



休む事。

止まる事。



これも能力ですよね。




皆さんの医院では、

どれだけ、

休む時間、止まる時間を持てていますか?   




人のエネルギー量は決まっています。



焦った状態の時ほど、


苛々が募る時ほど、



止まってみてはいかがでしょうか?

 

 



本日はここまで!

ありがとうございましたm(__)m

 

 

 

●まるのアウトプットメルマガバックナンバー

http://goo.gl/s4nxlK

 

 

●鎌形のアウトプット集

http://goo.gl/6RiWHf

 

 

●戦う女島田からの情報発信

http://goo.gl/wmk5DY

 

 

●20代30代を面白おかしくHAPPYに「20まる」

http://goo.gl/FuPtc0

 

 

●おすすめ書籍

http://goo.gl/pmIbIe

 

 

●お客様の声

http://goo.gl/YpKXCQ

 

 

●あなたの医院の問題を明確化する、1万円からの個別相談実施中!

http://goo.gl/J1Adrd

 

 

▶テーマ別にブログ記事を探すならこちら

 

 

▶お問い合わせ窓口はこちら