No.115【あなたの医院、闇夜のカラスになっていませんか?】

皆さん、こんにちは!

 

タイピングしすぎて腱鞘炎気味で

有名な鎌形です。

 

でーも、


改めまして、
今日も絶好調⤴まるの鎌形です!

 

 

最近のはやりはアメブロカスタムです(笑)

 

http://ameblo.jp/maru-nagoya/

 

 

アメブロも使い方次第で、

 

PRになりますよ〜(^^)

 

発信の労力がかけれる方は是非〜!

 


それでは、
そんなこんなで本日もスタート!

─┤インデックス├─・──・──・──・

【1】「個人的な理由」のない医院には、
   患者さんも、求職者も集まらない

─・──・──・──・──・──・──・


前回は、

 

天賦の才は誰にでもある。

 

自分の強みの分野で人は成長する。

 

ということで

 

ストレングスファインダーを

 

使った強みの発見についての話。

 

人にはそれそれに才能があり、
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
それは独自のものです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^
そして、
^^^^^^^
成長の可能性を最も多く秘めてるのは、
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
1人ひとりが一番の強みとして持っている分野。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

というようなお話をしました



前回のブログはこちら↓↓
http://goo.gl/J6OW42

 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】「個人的な理由」のない医院には、
   患者さんも、求職者も集まらない
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日は久しぶりにマーケティングのお話です。

 

 

突然ですが、

 

質問です。

 

 

 

あなたの医院、、、

 

「闇夜のカラス」になっていませんか?

 

 

 

 

競合ひしめく医療業界の中で、

 

ライバル達から一歩前進し、

 

「光明(独壇場)」をつくるための

 

2つの方法をご紹介します。   

 

 

 

「お金を払ってでも欲しい」

 

というニーズがあるところで勝負をする。

 

 

 

これは、どの「商売」でも、

 

「ビジネス」でも基本的な考えです。   

 

 

 

医療業界でも、

 

同じことが言えます。

 

 

 

自分が「やりたいこと」だけをしていては

 

決して利益は安定していきません。

 

 


とはいえ、

 

「お金を払ってでも欲しい」

 

というニーズさえあれば、

 

どんなビジネスでもうまくいくかというと、

 

そうは問屋が卸しません。

 

 

 

今日は当たり前のことを

 

当たり前にいいますが、

 

「ニーズがあるところ」は、

 

それだけ「ライバル」もたくさん存在しているからです。   

 

 

 

それは医療業界とて同じです。

 

 

 

ただでさえ競争が激しい中で、

 

保険診療、自費診療にかぎらず、

 

医院は常に患者さんに天秤にかけられている状態です。   

 

 

競合がひしめき合う場所で

 

何の戦略もなく参戦しているとしたらどうなるでしょうか?

 

 

なんの努力もせずに変化しなかったらどうなるでしょうか?

 

 

 

医療だからといって、なんの戦略も持たないでいると、

待っているのは、

 

「闇夜のカラス」という運命です。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 


つまり似たり寄ったりの競合がひしめく中で、

 

「その他大勢のうちのひとり」となり、

 

患者さんや求職者さんに

 

いっこうに見つけてもらえなくなります。   

 

 

 

 

では、

 

この「闇夜のカラス」から

 

抜け出すにはなにをするべきなんでしょうか?

 

 

 

その答えは、

 

 

スーパーサイヤ人のように金色の光をまと・・・

 

 

ではなく、

 


①「それをやる個人的な理由」を明確に打ち出す。

  ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

②ライバルのいない「スキマ市場」をつくる

  ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 


です。 

 

 

 

  
「個人的な理由」のない医院には、

 

患者さんも、求職者も集まりません。  

 

 

 

競合のリサーチをしていくとわかるんですが、

 

世の中には自分と同じようなことを考えて、

 

すでに大々的に経営をしている医院が結構あるんですねー。

 

 


その中から、

 

「あなた」の存在を見つけて、

 

凝視してもらうのは

 

容易なことではありません。   

 

 

 

そこでどうするのか?

 

 


それには

 

「あなたならではの特徴」を打ち出していくことです。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

 

そして、その時の重要なポイントになるのが、

「なぜ、自分がこの仕事をやっているのか?」

 ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

という「個人的な理由」です。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

 

内科であれば、なぜ内科をやっているのか?  

 

歯医者であれば、なぜ歯医者をやっているのか?

 

介護であれば、なぜ介護をやっているのか?

 

 

 

「何のために?」

 

 

 

これがない仕事には影響力がありません。

 

 

 

医院が何のために存在しているのか?


それを文章としてまとめたのが、

 

経営理念です。

 

 

この経営理念は、

 

元をたどると、院長の個人的な理由です。

 

 

 

でも、それでいいんです。   

 

 

 

 

この個人的な理由が不明確なままだと、

 

本当に闇夜のカラスになります。

 

 

 

 

以前、【影響力の方程式】というのをご紹介しました。

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
影響力=在り方×やり方

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 


ここでいう個人的な理由は、在り方の部分です。

 


在り方がしっかりしていれば、

 

その分、影響力も高まるし、

 

逆にそこが明確でなければ、

 

どれだけやり方を頑張っても

 

影響力が低くなります。

 

 

影響力の方程式の詳細についてはこちら↓↓

http://goo.gl/o4nMGG

 

 

例えば、

 

まるは、「愛と感謝で世の中をまるくする」

 

という経営理念を持っています。

 

そして、「人が輝く医院経営」を

 

医療業界に伝えていきたいという考えを持っています。   

 

 

 

なぜこれを進めていきたいかというと、

 

 

個人的な理由は、

 

自分自身が自己否定をし、

 

殻に閉じこもった経験があるからです。

 

 

 

自分が嫌い、会社が嫌いになって

 

自分の能力に蓋をしてしまった。

 

 

 

そんな経験があるからです。

 

 

そして心理学を猛勉強して感じたんです。   

 

 

 

この世に誰からも愛されないで

 

生まれてきた人はいない。

 

 

 

世の中は愛に溢れている。

 

 

 

 

でも、

 

それに気づいていない人が本当に多いんです。

 

 

 

自分を否定し、

 

医院を否定している人が本当に多い。

 

 

 


でも、それは、

 

自分自身の受け取り方が問題なんです。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

 

だから変えたいんです。

 

 

 

自分の心を成長させるお手伝いをして、

 

医療人にはもっともっと輝いて欲しいんです。

 

 

 

患者さんを診る医療人の心が病んでしまっては、

 

絶対にいい治療は出来ないと思うんです。

 


でも医療人の心が成長すれば、

 

それに伝染して、

 

患者さんにもプラスのエネルギーが伝染していく。

 

 

そうしたら、

 

世の中の愛に気づいて、感謝があふれるじゃないですか。

 

 

 

愛と感謝で世の中をまるくするんです。  

 

 

 

 

と、まあ、話をすると止まらなくなっちゃうんですが、

 

 

こうゆうのが個人的な理由です(笑)

 

 

 

 

皆さんが今行っている診療、

 

オススメしている治療・商品は

 

いったい何のためにオススメしているんでしょうか?

 




この個人的な理由がないビジネスや仕事は、

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

信頼されません。

^^^^^^^^^^^^^

 

 

人が物を買ったり、

 

なにか仕事をお願いする時、

 

決め手になるのは「信頼」です。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

 

「この人にはこうゆう経験があるんだ」

 

 

「こんな人生の背景を持っている人なんだ」

 

 

 

こういった共感があるからこそ、

 

相手はこちらを信頼してくれるんですよね(^^)

 

 

 

治療を行っている先生に、

 

「何のために治療してるんですか?」と聞いて、

 

「お金のため」です。

 

と平然と答えられたらどうですか?

 

 

 

商売の臭いがぷんぷんするところは、

 

誰でも離れていきます。   

 

 

 

「個人的な理由」はすぐに見つかるものではないですが、

 

自分の過去を丁寧に探っていけば必ず見つかります。

 

 

 

必ずです。

 

 

 

 

個人的な理由が明確であればあるほど、

みなさんの医院には人が集まるようになりますよ。

 

是非、「何のために?」

 

 

自問自答してみてください。

 

 



②ライバルのいない「スキマ市場」をつくる

 

については、

明日また配信しまーす!(^_^.)




本日はここまで!

ありがとうございましたm(__)m

 

 

 

●まるのアウトプットメルマガバックナンバー

http://goo.gl/s4nxlK

 

 

●鎌形のアウトプット集

http://goo.gl/6RiWHf

 

 

●戦う女島田からの情報発信

http://goo.gl/wmk5DY

 

 

●20代30代を面白おかしくHAPPYに「20まる」

http://goo.gl/FuPtc0

 

 

●おすすめ書籍

http://goo.gl/pmIbIe

 

 

●お客様の声

http://goo.gl/YpKXCQ

 

 

●あなたの医院の問題を明確化する、1万円からの個別相談実施中!

http://goo.gl/J1Adrd

 

 

▶テーマ別にブログ記事を探すならこちら

 

 

▶お問い合わせ窓口はこちら