第229回【まずは相手。お先にどーぞ。】

第229回【まずは相手。お先にどーぞ。】

経営理念【愛と感謝で世の中をまるくする】

毎週火曜日、金曜日に定期配信!

医療・歯科・動物病院業界に経営学を伝える。
病院・クリニック経営者とスタッフさんを繋ぐ
WEB・人間学・心理学に強い
経営コーチ&コンサルタントがお送りする、
まるのアウトプットメルマガ。

勝てる仕組みや売れる仕組みの作り方、
リーダー育成や強い組織の作り方、
経営者がもっておくべき能力とその磨き方、
思考法・仕事術まで、
現場主義で得たノウハウを包み隠さず公開します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
現在の購読者数153人 いいね!364人
(6月31日までにメルマガ購読者数と
facebookいいね!数合わせて600人!)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いつも
本当にありがとうございます。


早く第三の目を開眼させたいことで有名な
鎌形です。


 
改めまして、
金曜日担当、絶好調!!
まるの鎌形です。  


それにしても、

三つ目がとおるの写楽保介と、

ドラゴンボールの天津飯は、

完全に同族ですよね。

↓↓

そんな、どうでもいいところから、
本日のスタートです(笑)



─┤インデックス├─・──・──・──・
【1】人の話は最後まで聴く
【2】まずは相手の立場を理解する
─・──・──・──・──・──・──・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】人の話は最後まで聴く
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日はコミュニケーションについての

お話です。



突然ですが、質問です。




皆さんは、

人の話をさえぎったり、

かわりにしゃべったりする癖がありますか?





私、

余裕がなかった時代に

よくやってたんですよね(——;)




今思えば、

それがどんなにひどい癖だったかと

猛省します。   




人間関係に亀裂が入るだけじゃなく、

同時に2つのことを考える必要があるので、

ものすごい疲れるんです。




考えてみて下さい。



人の話をせかしたり、

さえぎったり、

後を引きずったりする場合、

自分の考えだけじゃなく、

相手の考えも追わないといけない。



ちゃんと相手に伝わったのかな~?

ちゃんと相手は理解したのかな〜?

と考えることたくさん(*_*)



この癖は

忙しい人に共通する癖ですけど、

これがあると、

自分も相手も口と頭の回転が早くなります。




一見いいんですけどね、



でもでも〜。



結果的にはお互いに緊張で

イライラして不愉快になりやす(TдT)





それが原因で口論になったりもする。



夫婦間や

上司部下の関係には

特に多いかもしれないですね。




人の話を聞いてない人は、

だれもが腹が立つんです。




おいこら!

きけこら!


ヾ(。`Д´。)ノ彡☆ブーブーッ!!



もうね、

人の話を聞かない人=天津飯です。




思い出してください。

ナッパとの戦いを。





「さよなら天さん・・・どうか死なないで」


死に際のチャオズが切実な思いを

天津飯に伝えました。






次の瞬間。




「オレもいく・・・お前だけに寂しい思いはさせんぞ・・・」。






おお。。。話聞いてねぇ。




※ドラゴンボールファンには

 きっと伝わるはず(笑)




これは冗談ですが、





その人がしゃべってるのに、

代わりにしゃべってしまうのは、

相手の話を聞いていない証拠。




この癖のおかげで、私はたくさん失敗しました。




人の話をさえぎる自分の癖に

気付くようになれば、

それはそれはシメたものです。




第三の目、開花です。



話を聞かない天津飯は卒業です。

おめでとう。




慣れすぎてしまったための単純な癖なので、

必ず直せます。   




その癖があるんだ。

ということを忘れないようにすればいいだけなんです。




出来れば会話をはじめる前に、

「じっと我慢しよう」と自分に言い聞かせる。



相手が話し終えてから口を開け。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

と自分に命じる
^^^^^^^^^^^


とっても簡単なことです。


でも、そのカンタンなことで

どれだけ人間関係が変わるか。



一度試してみれば、

きっとみなさんも驚くはずです。




話をちゃんと聞いてもらったことで、

相手はふっと緊張を解きます。

相手をさえぎるのをやめれば

こっちも気持ちが楽になるんです。



そして穏やかなリズムで、

会話が楽しめるようになりますよ(^^)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】まずは相手の立場を理解する
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

基本的に、

「まず相手の立場を理解する」
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
ということが
^^^^^^^^^^
コミュニケーションの根幹です。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^





自分を相手に理解させるよりも先に、

自分が相手を先に理解することを重視するんです。




自分と相手の間に、

豊かで内容の濃いコミュニケーションを

したいのであれば、

「まず相手を理解する」は絶対条件です。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^





どんなことを考えているのか?

何を言いたいのか?

何を重視しているのか?など、



まずは先に相手を理解してしまえば、

ほぼ努力もせず、

自然に相手から理解されるようになるんです。



このプロセスを逆にすると、

悲惨ですよ。

ほとんどの人がそうなんですけどね(笑)



例えるなら、




馬の前に、

荷台をつけて馬車を作ろうとしているようなもの。








馬の前に荷台!!?








・・・





「馬、走れないやないか~い」




ちょいちょい

古いネタ突っ込みますからね。







まずは相手に理解されようと

やっきになってしまうと、

自分も相手も圧迫感を覚えて、


コミュニケーションが滞って

二つのエゴがぶつかり合っちゃうんですねー。





まずは相手の言い分や立場を
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
理解しようと務めてみて下さい。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^




彼、彼女が、その意見をぶつけてきたのには、

理由や背景があるんです。



例えば、

どんどんお金を使おうを主張する夫と、

貯蓄しよう主張する妻。   



夫は、自分の母親を

十分に楽しませなかった父親のようにはなりたくない!

という思いから、

できるだけ、妻を楽しませるために

多少の出費は仕方ないなぁと考えていたとします。





逆に妻は、両親が経済的な破綻をして心を痛めた経験があったので、

将来のことも考えてなるべく貯蓄をして、

安定したくらしをしたいと考えていたとします。





これ、



どちらも正解ですよね。





二人ともが、

相手を理解することを学ぶにつれて、

それぞれの不満は同情や共感に変わっていきます。





まず相手の立場を理解することは、
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
どちらが正しいか白黒つけるということではなく、
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
いかに効率のいいコミュニケーションをするのか
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
ということなんです。   




こちらがまず相手を理解しようと努めると、

相手は自分の言うことを聞いてもらっている。

自分はわかってもらっているんだと感じるんです。




それがより良い人間関係につながっていきます。


ぜひ、奥さん、家族、スタッフさん、

同志、仲間のことを、

まず、自分から理解しようと務めてみましょう。






ちょっと長くなったので、

コミュニケーションの話の続きは明日にします(^_^.)


続きは明日ブログに配信します。



●鎌形のアウトプット集
http://goo.gl/6RiWHf


 

本日はここまで!

ありがとうございましたm(__)m




■■■■■■■■■■■■■■
20代30代を盛り上げたい!
島田発☆プロジェクト開始。
■■■■■■■■■■■■■■
<20まる> 20代30代よ!夢を描こうよ!
↓↓
http://goo.gl/rabPeC




●まるのアウトプットメルマガバックナンバー
http://goo.gl/s4nxlK

 

●鎌形のアウトプット集
http://goo.gl/6RiWHf

 

●戦う女島田からの情報発信
http://goo.gl/wmk5DY



●おすすめ書籍
http://goo.gl/pmIbIe

 
●お客様の声
http://goo.gl/YpKXCQ

 

●テーマ別にブログ記事を探す
http://goo.gl/E7d4hW



▶お問い合わせ窓口はこちら
http://goo.gl/Z4bkAh


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最後までお読み頂き有難う御座います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「この記事がいいな!」と思ったら
ぜひ、あなたの周りの以下のような方々に
このメールマガジンをご紹介下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


□利益はあるのに、心がいつも穏やかではない。
□仕事は楽しいけど、経営は楽しくない。
□いつも焦燥感に悩まされている。
□自分のことは誰にもわかってもらえない気がする。
□スタッフさんと自分の方向性に温度差を感じる。
□人が長続きしない。
□人が育たない。育て方が分からない。
□ギスギスした雰囲気で承認する風土がない。
□社員さん・スタッフさんと対立している。
□未来に向けた漠然とした不安がある。
□この先、5年、10年と同じ状態で良いのだろうか?
□やりたいことはあるけど、形にできない。
□アイディアを出し、温める時間がない。
□自分の時間を持てていない。
□サービス、商品には自信があるが、売上が伸びない。
□どうやってサービスや商品を打ち出せばいいか不明。
□売上は上がっているけど、利益が残らない。
□集客やリピート化が上手くいかない。
□いつも経済的な不安がつきまとう。
□売れる仕組み、勝てる仕組みがわからない。
 どうしていいのかわからない。
□経営者がいなくなった途端、会社が回らなくなる。


ご友人の方が、配信登録するには
⇒http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/


いつも、皆様からの応援メッセージに
心から励まされております。

まるへのご質問・ご意見はこのメールにそのまま
ご返信いただければ送信できます。



※フィードバックは大歓迎です。
悩みや問題をいただければ、それに対しての回答も
出来る限りさせていただいております。

スケジュールの関係ですべてのメールに
返信はできないかもしれませんが、
全てのメールを拝見させて頂いております。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【愛と感謝で世の中をまるくする】

なお、まるのアウトプットメルマガの文章は、
ブログ・ミクシー・HP等々で
転記はご自由に行って頂いて結構です。
コピーライトはフリーですので、コピーしてご使用ください。

ただ、転記の際は、出典元アドレスの明記をお願い致します。

【出典元アドレス】まるのアウトプットメルマガ:
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●メールマガジンが届かない、届かなくなった方へ
稀にドメイン拒否やなりすまし規制、迷惑メールフォルダへの
自動振り分けで、メールが届かなくなることがあります。
その場合には、以下のページを参照して解消して下さい。
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/メールマガジンが届かない方へ/


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メールマガジン: まるのアウトプットメルマガ
発行者: 鎌形忠史 / ATSUSHI KAMAGATA ( まる )