No.82【策略で勝ち得た成功は長続きしない。自分の経営理念、ビジョンに惚れてますか?】

みなさん、こんにちは!

 

 

ゆるりとした時間が好きなことで

有名な鎌形です。

 

 

改めまして、

今日も絶好調⤴まるの鎌形です!

 

 

昨日は、

 

稲盛流まるコンパということで、

 

ゆったりとした時間を外で過ごしました。

 

 

 

やっぱりね、

 

ゆっくり将来について語らうって大事ですね。

 

 

 

それにしても、

 

ノリタケの森ってすごい!

 

企業が公園つくるってすごいですよね。

 

 

企業が、地域と共に歩んでいる。

 

http://www.noritake.co.jp/mori/

 

 

まるも、やるぞー!!

 

 

えいえいおー!

 


それでは、
本日もスタート!!


─┤インデックス├─・──・──・──・
【1】策略で勝ち得た成功は長続きしない。

    自分の経営理念、ビジョンに惚れてますか?
─・──・──・──・──・──・──・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】策略で勝ち得た成功は長続きしない。   

    自分の経営理念、ビジョンに惚れてますか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

最近、医院経営をされる先生から

 

こんなことを言われました。

 

 

社員さんやスタッフさんが、

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

経営理念、ビジョンの方向に向いてくれない。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

こういうお悩みをもった院長は、

 

結構多いです。

 

 

 

でも、

 

経営理念、ビジョンは、

 

社員さんに向かわせるものではありません。

 

また、

 

いいと「思ってもらうこと」でもありません。

 

 

社員さんがうっかり「向かってしまうもの」です。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 


社員さん、スタッフさんが

 

それに触れたとき、

 

ワクワクしたり、

 

身体の奥からエネルギーが湧いてくる。

 

 

そんな役割が必要だと思うんです。

 



でも、なかなか、

 

経営理念、ビジョンは浸透していきません。

 



なぜ、経営理念はあるのに、

 

浸透していかないんでしょうか?

 

 

 

一番大きな問題。

 


それは


経営理念やビジョンを語る院長自身が、

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
経営理念、ビジョンに惚れていないからです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 


自分に火がついていないのに、

 

どうして社員さんに火をつけられるでしょうか。

 

 

火種がないから無理ですよね。

 

 

 

どんな経営理念でも、ビジョンでもいいと思います。

 


それがいいとか悪いとかはありません。

 


重要なのは、

 

それを見た時に、

 

自分自身がワクワク、

^^^^^^^^^^^^^^^^^^

体の奥からエネルギーが出てくるかどうか。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

自分に火がつくものなのかどうか。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

です。

 

 

 

自分の医院には経営理念やビジョンがある。

 

あるけど、社員さんに機能していないんだとすれば、

 

それは、

 

経営者である皆さん自身が、
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

惚れていない可能性があります。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

 

皆さんに質問です。

 

 


皆さんは、自分の医院の理念に惚れていますか?

 


惚れているなら、大丈夫。

 

そのまま社員さんにうっかり向いてもらいまししょう。

 


惚れていないなら、


ぜひ、自分が惚れる経営理念、ビジョンを作って下さい。

 

 


昨日、針治療をしてもらっている、

 

岩佐さんと、こんな話しになりました。

 

 


いい治療家を見極めるポイントは?

 


その答えは、

 


哲学を語れるかどうか。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^



これってほんとにそうだな~と思うわけです。

 

 


今、世の中にあるサービスの多くが、

 

小手先のテクニックや、

 

策略で集患をしたり、

 

求職者を募ったりするといった

 

「やり方」に注力しています。

 

 

 

たった○○ヶ月で売上があがる。

 

ってあれです。

 

 

逆に、

その医院の「あり方。」

 

 

なんの為に、病院を経営しているのか?

 

なんの為に、病院を発展させるのか?

 

なんの為に、この仕事をしているのか?

 

 

このあたりの答えがすっと話せる人。全然いません。

 

 


でも、この「あり方」の部分が、

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

今の時代だからこそ、

^^^^^^^^^^^^^^^^^

大きな大きな差別化ポイントなんですよね。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 


今の世の中、

 

ネットによるコミュニケーションの手段は充実しています。

 

 

ビジネスにおいて、

 

たくさんの患者さんにアプローチ出来たり、

 

たくさんの求職者にアプローチすることができ、

 

今まで以上に不特定多数の人を相手にした

 

ビジネスを手掛けることが容易になりました。

 

 

 


ところが、

 

それだけでビジネスが拡大するかというと、

 

実際にはそうはいかないんですね。

 

 


だって、

 

簡単に多人数の患者さんや、

 

求職者さんを相手にできるのは、

 

皆さんの医院だけじゃないですからね(^_^.)

 

 

皆さんにできることは、

 

その他の医院さんにも同様にできることなんです。

 


全ての医院が

 

平等にアプローチすることが可能なわけです。

 

 

地方の小さなクリニックだろうと、

 

大きな病院だろうと、

 

すべての医院が、

 

熾烈な競争の中におかれているとも言えるわけです。

 

 


だからこそです。

^^^^^^^^^^^^^^

 


「やり方」ではなく、

^^^^^^^^^^^^^^^^^

「あり方」をはっきりを明確にすることが、

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

堅実な経営を築くことにつながります。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 


そして、「あり方」が明確になればなるほど、

 

患者さんは、ファンになり、

 

求職者さんは仲間になります。

 

そして、医院としてのブランド、

 

信用が広く認知されることで、

 

この競争の中でも安定した売上、利益を

 

確保し続けることができると思います。

 

 




皆さんにもう一度質問です。

 

皆さんは、

 

 

なんの為に、病院を経営していますか?

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

なんの為に、病院を発展させるんですか?

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


なんの為に、この仕事をしているんですか?
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 


稲盛和夫さんが、

 

西郷隆盛さんの思想を解説した本、

 

人生の王道。にこんなことが書かれています。

 

 

以下引用==========================

策略で勝ち得た成功は長続きしない。


企業(医院)は常に厳しい生存競争にさらされており、

 

それは戦争であり、

 

「弱肉強食」の戦いであると考えられています。

 


そこには、生き残るためなら何をやってもよい、

 

狡猾で卑怯な手段も正当化される、

 

負ける方が悪いのだという考えが潜んでいます。

 

しかし、私はそうではないと思うのです。

 

〜中略〜


しかし、他者をどうこうする前にまずやるべきことは、

 

とにもかくにも自分の会社(医院)を強くするため、

 

脇目も振らずに努力に努力を重ねることです。

 

経営者が率先して、

 

競争相手の足を何とか引っ張ってやろう、

 

相手を騙してうまい汁を吸おう

 

なんていうことばかり考えているようでは、

 

会社(医院)が発展していくはずがありません。

 

いつか必ずつまづきます。

 

 

策略で勝ち得た成功は、

 

決して長続きしないのです。

 

 

こちらが策略を用いれば、

 

相手も負けまいと策略を用います。

 

 

裏をかけば、そのまた裏をかかれるものです。

 

いったん成功したように見えても、

 

相手は必ずそれを覆すような策略を返してきます。

 

猜疑心(さいぎしん)に満ち、

 

油断も隙もない緊張の連続で、

 

良識とか良心に厚い人は心が休まる間がありません。

 

 

世の中には、

 

そんな小賢しい策略をめぐらせるようなことが

 

好きな人がいます。

 

いつもそうゆうことばかり考えていて、

 

世渡りがうまく、

 

笑顔を振りまきながら、

 

他人を踏み台にすることなど何とも思わないような輩です。

 

 

そういう人のペースに、

 

自分も引きずり込まれてはなりません。

 

「天網恢恢疎にして漏らさず」、

 

そのような人がいつまでも栄えたためしはありません。

 

ただ一生懸命に自分がすべきことを貫けばいい。

 

 

他人のことをあれこれと意識することなく、

 

己の誠を貫くこと、それがすべてなのです。

 

ここまで引用=========================


※ 天網(てんもう)恢恢(かいかい)疎(そ)にして漏(も)らさず
天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、

悪人を網の目から漏らすことはない。

悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。

 



自分の「あり方」

 

医院の「あり方」

 

 

今一度、向き合ってみてはいかがでしょうか。

 

 


本日はここまで!

ありがとうございましたm(__)m