No.81【あなたがなりたいのは経営者?それともプレーヤー?医院経営者がするべき本当の仕事とは?】

みなさん、こんにちは!

 

 

無礼庵に初潜入したことで有名な鎌形です。

 

 

改めまして、

今日も絶好調⤴まるの鎌形です!

 

 

昨日は、目標達成の師匠、

 

えのさんが運営する無礼庵に初潜入!!

 

ESJ6期のメンバーとも、久々の再会で

 

楽しい場でした!!

 

 

ESJの詳細はこちら↓

http://esj-program.com/2/

 

 

えのさんとも、

 

今後、ある取り組みを計画中です。

 

楽しみだ〜\(^o^)/

 

 

 

しかし、無礼庵。

 

10年で利益を10倍にする人しか入れない。

 

私語厳禁の道場。

 

体操服着用。

 

 

面白いなー(笑)

 

まる道場も作りたいなー。

 

 


それでは、
本日もスタート!!


─┤インデックス├─・──・──・──・
【1】あなたがなりたいのは経営者?

    それともプレーヤー?
    医院経営者がするべき本当の仕事とは?
─・──・──・──・──・──・──・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】あなたがなりたいのは経営者?   

        それともプレーヤー?
    医院経営者がするべき本当の仕事とは?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

いきなりですが、

 

医院経営をされている皆さんに質問です!

 

 


皆さんは、

 

 

経営者になりたいですか?

 

 

それとも、

 

 

現場のプロ、現場のプレーヤーになりたいですか?

 

 

 


どちらがなりたい姿でしょうか?

 

 


もし、答えが前者であれば、私達は力になれます。

 

 


もし、答えが後者であれば、

 

うちには合いません。

 

 

 

 

他のティーチング型のコンサル会社がおすすめです。

 

 

 


医療業界には、

 

あまりにも経営の勉強をする場がない。

 

 


だから、

 

まるからもそういった場を作っていきます(^^)

 

乞うご期待!

 

 

 


外に出ないと、未来のことはわかりません。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

経営者として、

 

さらに大きな成果をあげていくためにオススメするのは、

 

どこかの企業とコラボするか、

 

人に教えるという方法をとるか。

 

 

 


経営者を目指すのならば、

 

現場にだけこもって、

 

目の前の仕事を回している場合ではありません。

 

 

 

どんどん外に出て行って、

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

医院の未来を作っていく仕事をする必要があります。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

 

 

なぜか?

 

 

 


右肩上がりの時代においては、

 

今ある仕事をこなすこと、回すことが

 

医院経営の業務の最優先事項でした。

 

 

 

 

 

そうしていれば、

 

社会全体の経済発展にともなって、

 

自然に医院も育っていきました。

 

 

 

自社ビルをもった医院さんもどんどん増えていきました。

 

いい時代ですね〜(^^)

 

 

 

でも今は、そうではありません。

 

 

 

 

時代は、右肩下がり。

 

人口は減少。

 

 

 

 

こういう時代においては、


どんどん外に向かっていって、

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

医院の未来をつくることが

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

経営者の手掛けるべき仕事になってきます。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

 

そのことは皆さんも

 

うすうす理解されていると思います。

 

 

 


そして、

 

経営者が外に出ていくことの最も重要な目的は、

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

「人脈作り」にあります。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 


極論、

 

昔は誰が経営者をやっても、

 

儲かる時代だったんです。

 

 

 

でも、今は違います。

 

 

診療報酬にだけ頼っていても、

 

この先どうなるかはわかりませんよ。

 

 


今、あるべき本来の経営者の姿は、

 

役職が高くなればなるほど、

 

未来へ向かって激しく仕事をすることです。

 

 

 

その結果、

 

現場に様々な業務や作業が落とし込まれて、

 

今日の収益は現場が作ってくれるけど、

 

未来は経営者が作る・・・

 

という経営の形が絶対的に必要です。

 

 

 


ところが医療業界は、

 

仕事の仕方が今も昔もほとんど変わっていません(*_*)

 

 

皆、目先の仕事を回すことで精一杯です。

 


皆さんが、

 

現場のプロ、現場のプレーヤーになりたいのなら、


その形で問題ありません。

 

自分一人の給与ぐらいなら、稼げるはずです。

 

 

 

でも、経営者を目指すのなら話しは別です。

 

 

 


さらに長期的にみると、

 

今まさに大きな勢力をもっている

 

古きよき時代のやり方から脱却できない医院を、

 

新しい優良な中小クリニックや、

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

事業継承者がどんどん追い抜いていくはずです。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

 


その時、何がポイントになるというと、


経営者が現場をなるべく離れて、

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

人脈のネットワークを自ら開拓していくことになります。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

経営者を目指すなら、


やはり、「人脈作り」はとても重要なんです。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

人脈作りといっても、


人数の多さはあまり重要ではありません。

 

 

 

今までに行ったことのない場所へ向かっていくことや、

 

今の自分が関わっている分野ではない、

 

全然違う分野の一流の人たちと

 

関わっていくことが大切です。

 

 

 


最近、時代も変わったなーと感じるのは、

 

医院経営者が、私が在籍にする経営者の学校、

 

同友会にもちょこちょこ入って来ていることです。

 

※全国でも数えるほどですが。。。

 

 


それだけ、

 

経営というものに対して、勉強したい!

 

もっと知りたい!という先生が増えてきているんです。

 

 

 

 

実際に、まるとお付き合い頂いている

 

医院経営者さんも、

 

経営を学びたいという人が、ほとんど。

 

というよりも100%です。

 

 

 

こういった先生は、

 

外を多く見ている分、本当に頭が柔軟です。

 

 

また、社員さんを尊重しよう、とか、

 

社員さんの生活を守り、

 

一緒に医院の目標を達成させようとしていきます。

 

 


でも、そんな前向きな先生も、

 

業界全体から見れば、ごくわずかです。

 

 


医療だから、医療機関だから、は正直関係ありません。

 


人を雇い、事業として成り立っている以上は、

 

経営の勉強は必要なんですよね。

 


じゃないと、

 

皆さんの医院で働くスタッフさん、可哀想です。

 

 


よく、医療業界には、

 

「本音と建前」という言葉が出てきます。

 

 

本音では、

 

なんとか売上、利益をあげたい。

 

なんとかPRをしたい。

 

なんとか医院を大きくしたい。

 

 

 

でも、建前では、

 

業界の常識には逆らえない。

 

あまり目立ちたくない。

 

出る杭になりたくない。

 

 

 

だから、目立たないように、PRしたい(笑)

 

目立たないように、売上、利益をあげたい。

 

 


皆が皆、腹のさぐり合いのような状態(笑)

 


同じ業界ならそうかもしれませんね。

 

 

だから、他業種の人と出会うこと。

    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

これはとても重要なんです。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

 

他業種の人とは何の利害関係もありませんからね。

 

そんな人からは、

 

経営者として、皆さんが足らないことを、

 

ハッキリと指摘してもらえますよ(^^)

 

 

そして、こちらから、課題を明確にした上で、

 

アドバイスを求めれば、いくらでも身になるアドバイスが得られます。

 

 

はっきりいって、

 

医療業界の経営学は相当遅れています。

 

 

ほんとに相当遅れてます。

 

 

 

5年、10年ぐらい遅れているような印象です。

 

 

 

業界内の集まりで、

 

これがうまくいった、

 

あれがうまくいったは、

 

相当遅れていると思って間違いありません。

 

 

 

外の世界からみると、

 

え?まだ、そんなこといっているの?というレベルです。

 

 

 

 

だからもっと、外に目を向けてみてください。




経営者である院長が、

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

どうゆう場所に出入りして、誰と出会うか。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^



これは医院の未来を大きく変えます。

 

 

本当に大きく変えますよ。

 

 

 

医院の未来の分かれ目

 

といっても過言ではありません。

 

 

 

 

 

 

医院のスタッフさんには、

 

実務的なスキルが求められますが、

 

 

医院のトップ、経営者に求められるのは、

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

誰と出会うか。

^^^^^^^^^^^^^

 

 

もっと言えば、誰と意図的に出会うか。です。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 


出会いは偶然ではなく、必然なんですね。

 

 

 

この人から、学びたい。

 

と思ったら、

 

意図的にでも、

^^^^^^^^^^^^

そういった状態を作るべきです。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

私はそうやって、

 

人脈作りをしてきました。

 

 

おかげで、

 

今、周りには、

 

経営者として尊敬できる方々がたくさんいますし、

 

その人達のおかげで、私は成長させてもらっています。

 

 

 


人脈作りはとても大事なんです。

 

 

でも、それがなぜできるかというと、

 

 

多くの場合、

 

番頭という人がいて、

^^^^^^^^^^^^^^^^^

現場は番頭さんが取り仕切っているからです。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 


でも、

 

番頭さんだけでは、

 

今ある仕事はこなせたとしても、

 

未来の仕事をつくっていくことはできません。

 

 



成功している会社(医院)の多くは、

 

社長(院長)の右腕となって

 

現場を取り仕切る社員さんがいて、

 

社長(院長)は外へ出て人脈づくりをしている。

 

 

 

そうゆうもんです。

 

 


業界問わず、

 

経営の実力者が集まる場所に

 

積極的に出てみてはいかがでしょうか?

 

 


面白いコラボレーションが生まれると思いますよ(^^)

 

 

もちろん、

 

外に出るための時間を確保するために

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

必要なこと、取り組まなければならないこと

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

はたくさんあります。

^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

ありますが!!!

 

 

・・・

 

そこに着手していかないと、

 

経営者にはなれません。

 

 

 

お手伝いが必要であれば、まるがお手伝いしますよ(^^)

 




本日はここまで!

ありがとうございましたm(__)m