第222回【仕事ができるが会話がしづらい人へ効果的な3つのステップ】

第222回【仕事ができるが会話がしづらい人へ効果的な3つのステップ】

理念【愛と感謝で世の中をまるくする】

毎週火曜日、金曜日に定期配信!

経営理念【愛と感謝で世の中をまるくする】

毎週火曜日、金曜日に定期配信!

医療・歯科・動物病院業界に経営学を伝える。
病院・クリニック経営者とスタッフさんを繋ぐ
WEB・人間学・心理学に強い
経営コーチ&コンサルタントがお送りする、
まるのアウトプットメルマガ。

現場主義で得たノウハウを包み隠さず公開します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
現在の購読者数150人 いいね!399人
(6月31日までにメルマガ購読者数と
facebookいいね!数合わせて600人!)




いつも貴重な時間を、
本当にありがとうございます。




火曜日担当、

心も顔も「まる」。

まるの島田です。




222回。


ゾロ目って不思議と気持ちがいい。


ゾロ目は「エンジェル・ナンバー」と呼ばれるように、
同じ組合わせを目にしたら、
それは数字を通して何か自分へ見えない
メッセージがあるとか。



ということは!!
2222回は、もっと最強ですね!




1年で火曜日と金曜日は合計約106回。



・・・あと、18年後!




<企業生存率>
 10年  6%
 20年 0.3%



ワクワクしてきたー!!

最強ナンバー2222回、

掴みに行きますよ。

 


だから、今このメルマガを読んでいる方も、
どうか、18年後も元気な姿でいてください。







それでは、第222回、お届けします。
本日もスタート!!



─┤インデックス├─・──・──・──・
【1】いつも怒っているのは、「◯◯にされていない」という1つの気持ちがあった。
【2】指摘の前置きで言葉に味付けをする。
─・──・──・──・──・──・──・
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】いつも怒っているのは、「◯◯にされていない」という1つの気持ちがあった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


「困った人物事件簿シリーズ」(←勝手にシリーズ化)
が結構反響がよかったので、本日は前回のタイプとは少し違う、
【仕事ができるけど、コミュニケーションに問題あり】
の方の秘められた深層心理をご紹介致します。




以前お伝えした、「陰口を言うスタッフの心理」とは、
また少し違うタイプの方のお話でございます。

(バックナンバー)
第220回【陰口が多いスタッフの深層心理と蔓延させない対処法】
http://goo.gl/MrNYcj



前回が、陰口などの発信型アウトプットタイプだとすれば、

今回は、非アウトプット型タイプ。ふと寂しそうな顔をする人。





気持ちが暗くならないように、
スピード感を持って行きますよ〜!

Here we go!

*



ご機嫌ななめがエブリデイ。
トレードマークは長めの前髪。
表情が変わることはほとんどない。
周りから恐れられるチームリーダー。


イメージ的に言えば、
人造人間18号のようなクールガール。
(by ドラゴンボール)


後輩:「先輩!企画書ができました!!2つ作ってみたので、
    見ていただけますか?!」



18号:「・・・なんだ
    ・・・大したことないんだね。どっちも」



後輩:「・・・・」




相手を黙らせてしまうような会話をしてしまい、
後輩が究極のドMでなければ育ちにくい、
クールなのか、ちょっと心に問題があるのか、

だけど仕事はできる。そんな方が組織にいませんか。




周りの人からも怖れられ、
飲み会やイベントも参加率が低い。



コミュニケーションの場所を設けても、
参加しない。




18号:「・・・こんなママゴトみたいなこと、
    時間の無駄だ。業務に戻る。」




中途採用 入社5年目、クールすぎて、
周りがドン引き、経営者もどうしたものか手を焼いている。




仕事「は」できる。社歴も長い。
キャリアも積み、今、辞められたら困る。




部下はいるが、先輩・後輩の仲というより、
業務連絡でなんとか繋がっているという状態。






組織内でのコミュニケーションだけが問題で、
あとは言うことなしなんだけどなー。




さて、どうするものか・・・。
なんと言えば良いのだろうか・・・。


*



組織が大きくなっていく上で、
人の問題は切り離せません。



ましてや、中間管理職やこれからリーダーとして
部下を任せていこうとしている人が、
このような「コミュニケーション難あり」の方だと、
人は増えるばかりか、かえって不満の貯蓄を促す要因にもなりかねません。





そこで、やってしまいがちなことが、
相手を表面上で判断してしまうことです。


■■■■■■■■■■
相手を変えようとすると起こる弊害
■■■■■■■■■■

 

例えば、このような18号のような人が

組織にいたら、あなたはこの状態は良くない!と思って
相手の成長を願う気持ちも含め思いを伝えようとする。

 

 

 

あなた:・・・最近、後輩とコミュニケーション取ってる?

 

18号 :はい。

 

あなた:そうか。

 

18号 :はい。

 

(会話がつづかない)



こんなことになる前に大切なことは、
「なぜ、そのようなコミュニケーションを取るのか?」と
考えるということ。




これはコーチングのテクニックの一つである、
「セルフトーク」というものですが、
相手の言動に対して、まずクエスチョンを作ってみる。




なぜ、こんな言葉を発するんだろう。
なぜ、こんな無表情なんだろう。





これをせず、いきなり改善のアドバイスをしても
上辺だけの会話に終わってしまいます。
むしろ、自分の心の船が

撃沈してしまう可能性の方が高いかもしれません。




では、先ほど例にあげた18号さん、
彼女はもともと、そのようなコミュニケーションを取る
人間だったのでしょうか。




生まれた時から今日までずっと、
クールで無表情だったのでしょうか。



あなたはどう考えますか?




 

生まれ持ってクールなんだ!と判断するのは、

時期尚早。

 

 

なぜ?を考えるとたどり着く先があります。



多くのコミュニケーション方法において、
このような行動に隠されている心理としては、
突き詰めるところ、「1つの思い」にたどり着きます。



そ・れ・は

 




「大切にされていない」という思い。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^






それは彼女が過去に生きてきた過程で起きたことかもしれませんし、
今、所属している組織内で起きたことで芽生えた感情かもしれません。




では
「大切にされていない」というのは、
どういうことでしょうか。





仕事ができて、勤務歴も長い。
ということは、そのプライドや
守りたいルールというものがあるでしょう。





例えば、彼女の後輩が報告をいつも遅いとしましょう。


後輩は、不機嫌な先輩をみて、
「自分がいつも報告が遅いことに対して怒っている」と思う。

そしてそれに対して、「申し訳ございませんでした。」と謝罪する。

周りの人は「後輩も反省し謝っているんだから許してあげよう」と言う。




しかし、先輩の「怒りの原因」は、
目の前の報告が遅いということだけが原因ではないのです。





「全然わかっていない」「何も伝わっていない」

 

 

 

 

ここに「大切にされていない」という心理が働きます。


<18号さんの心理>

部下が報告をしない。

先輩である自分のことを大切に思われていない。



と変換されるわけです。
この「大切にされていない」という感情が積り積もると、
コミュニケーション省エネモードになりやすくなります。

 


それは最低限の業務連絡だったり、
仕事は完全割りきってやるという態度だったり。


 

手が掛かるやつだ。甘えたこと言ってるんじゃない!

と無碍に手放すのは簡単なことです。

 

 

 

しかし、仕事ができる人なのであれば、

もしかしたら、改善の余地は充分にある可能性を含んでいます。

 

 





この「大切にされていない」気持ちがあるということを理解せずに、
18号さんに対して、
「後輩とのコミュニケーションをもう少し時間を作れないかな?」と
指摘したとしても
それは、暖簾に腕押し、豆腐に空手チョップ、



まったく手応えはない。




ではどうしたら良いか?





「あなたは大切な人ですよ」ということを、示すのです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^



 

・・・はぁ。

・・・それがわかったら苦労しないんですけどね。

 

 

 


その期待、全力でお伝えしましょう。



そのまま言葉をお伝えするのも良いのですが、
仕事ができる人、という方に対しては、
1つワンポイントがあります。



そのまま伝えるだけじゃ、まだまだ普通レベル。
次の3ステップを踏んでやってみましょう。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】指摘の前置きで言葉に味付けをする。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


相手に言いづらいことや、
どうしても伝えたい事があるときに、
使用していただきたいテクニックです。




「許可」と「同意」を得てから伝えるということ。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^




「大切にされていない」という感情がある人は、
心の壁が大名古屋ビルヂングのごとく高くそびえ立っています。



なので、いくらあなたが良い言葉や成長に繋がる言葉を投げかけても、
壁が高すぎて心の奥底まで響きません。





では、どうしたらよいか?




前置き上手になってください。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^



では、さっそく具体例へ

================
心の壁を溶かすステップ
================

ステップ1【大切さを伝える】


あなたの仕事っぷりはとても素晴らしいと思うし、
我が社にとっても大切な存在だ。
これからもそれを伝えていって欲しいと思う。




↓ 相手にこちらを向かせる。


ステップ2【前置きで味付け】


その上で、もしかしたら
気を悪くするかもしれないけど、
大切なことだから1つ伝えたいことがあるんだけど、
伝えても良いかな?



↓ 相手から許可を得るまで待つ。


ステップ3【伝えたいことを伝える】

 

実はこれからあなたには、もっと

コミュニケーションを取って部下の笑顔を

引き出す人になってほしい。


================

イメージできましたか?

 

復習しましょう。

この3つ順番です。

1.相手に大切だと思っていることを伝える
2.相手の許可と同意を得る
3.同意を得てから伝える。





これの3ステップなんですが、
同意を得るまで待てない人が非常に多いのです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

 

 

特に相手の反応が待てない社長や

キビキビ話すリーダータイプは要注意。

 

 

 



相手がこちらに意識を向けていない状態で、
一方的に言葉を投げかけても響きません。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^




私も以前はこの「無言の沈黙」が耐えられず、
相手に何を言おう、何を言おう、といつも
頭の中で考えてしまっていました。




営業も同じです。



いきなり「これ買ってください!」というよりも、

「いま、少しよろしいですか?」と許可と同意のあとで、
「あなただから似合うと思って」と存在意義を伝えてから
販売するのでは、違いますよね。





あなたが伝えたいこと=お肉だとすると、

いきなり、相手にお肉を渡されても困るわけです。

 

 

・・・いやいや、食べれないし!!生だし!!!

 

 

 

「大切な人であることを伝える」というのは、お肉をのせるお皿。

 

「前置き」はお肉をさらに美味しくする、スパイス。

「相手を待つ」間はおいしくするための、焼き時間。

 

 

 

相手に伝えるには、美味しい状態でお肉を提供し、

胃の腑にしっかり収めていただきましょう。

 

 

それこそ本当に腹落ちです。
素敵なスパイスで伝えたい言葉をよりおいしく。



本日はここまで!




最後までお読み頂き有難う御座います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「この記事がいいな!」と思ったら
ぜひ、あなたの周りの以下のような方々に
このメールマガジンをご紹介下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


□利益はあるのに、心がいつも穏やかではない。
□仕事は楽しいけど、経営は楽しくない。
□いつも焦燥感に悩まされている。
□自分のことは誰にもわかってもらえない気がする。
□スタッフさんと自分の方向性に温度差を感じる。
□人が長続きしない。
□人が育たない。育て方が分からない。
□ギスギスした雰囲気で承認する風土がない。
□社員さん・スタッフさんと対立している。
□未来に向けた漠然とした不安がある。
□この先、5年、10年と同じ状態で良いのだろうか?
□やりたいことはあるけど、形にできない。
□アイディアを出し、温める時間がない。
□自分の時間を持てていない。
□サービス、商品には自信があるが、売上が伸びない。
□どうやってサービスや商品を打ち出せばいいか不明。
□売上は上がっているけど、利益が残らない。
□集客やリピート化が上手くいかない。
□いつも経済的な不安がつきまとう。
□売れる仕組み、勝てる仕組みがわからない。
 どうしていいのかわからない。
□経営者がいなくなった途端、会社が回らなくなる。


ご友人の方が、配信登録するには
⇒http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/

まるのアウトプットメルマガの過去バックナンバー
⇒http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/バックナンバー-1/



いつも、皆様からの応援メッセージに
心から励まされております。

まるへのご質問・ご意見はこのメールにそのまま
ご返信いただければ送信できます。



※フィードバックは大歓迎です。
悩みや問題をいただければ、それに対しての回答も
出来る限りさせていただいております。

スケジュールの関係ですべてのメールに
返信はできないかもしれませんが、
全てのメールを拝見させて頂いております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●まるのホームページ
http://www.maru-nagoya.jp/


■■■■■■■■■■■■■■
まる50人社長計画
↓↓
http://goo.gl/ZOVSqk
実現したいけど止まっている方へ。まるで夢実現を全力で応援します!
■■■■■■■■■■■■■■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【愛と感謝で世の中をまるくする】

なお、まるのアウトプットメルマガの文章は、
ブログ・ミクシー・HP等々で
転記はご自由に行って頂いて結構です。
コピーライトはフリーですので、コピーしてご使用ください。

ただ、転記の際は、出典元アドレスの明記をお願い致します。

【出典元アドレス】まるのアウトプットメルマガ:
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●メールマガジンが届かない、届かなくなった方へ
稀にドメイン拒否やなりすまし規制、迷惑メールフォルダへの
自動振り分けで、メールが届かなくなることがあります。
その場合には、以下のページを参照して解消して下さい。
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/メールマガジンが届かない方へ/


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メールマガジン: まるのアウトプットメルマガ
発行者: 島田菜々絵 / NANAE SHIMADA ( まる )