第221回【時間管理の失敗、私の教訓。自分を追い込む究極の質問】

第221回【時間管理の失敗、私の教訓。自分を追い込む究極の質問】

経営理念【愛と感謝で世の中をまるくする】

毎週火曜日、金曜日に定期配信!

医療・歯科・動物病院業界に経営学を伝える。
病院・クリニック経営者とスタッフさんを繋ぐ
WEB・人間学・心理学に強い
経営コーチ&コンサルタントがお送りする、
まるのアウトプットメルマガ。

勝てる仕組みや売れる仕組みの作り方、
リーダー育成や強い組織の作り方、
経営者がもっておくべき能力とその磨き方、
思考法・仕事術まで、
現場主義で得たノウハウを包み隠さず公開します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
現在の購読者数150人 いいね!335人
(6月31日までにメルマガ購読者数と
facebookいいね!数合わせて600人!)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いつも
本当にありがとうございます。


すごいよ!!マサルさんが、
今みても、とってもツボ。で有名な鎌形です。

 
改めまして、
金曜日担当、絶好調!!
まるの鎌形です。   


皆さん、
凄いよマサルさん、知ってますか?


世の中には、こうゆう笑いが必要なんです。
https://www.youtube.com/watch?v=hBJigkfbfAw


ボケ方が半端ないですからね(笑)



さて、今日は同友会での、
7人の室長による例会報告!


自分の想いを語ってきます!!



それでは、
本日もスタート!!


─┤インデックス├─・──・──・──・
【1】時間管理の失敗。私の教訓
【2】自分を追い込む、究極の質問
【3】時間に振り回されるんじゃなく、
   時間をコントロールする整理方法
─・──・──・──・──・──・──・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】時間管理の失敗。私の教訓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日は時間管理や

時間のコントロールについての

お話です。



医院経営者の院長や、経営幹部の方に、

イライラが溜まる原因は何かと聴くと、

多くの人が【時間がない】っていいます。



仕事の現場は刻一刻と変化していきます。


その流れは、人の仕事を中断し、予定を狂わす。

想定外のことに追われているうちに

仕事はどんどん遅れていき、

気がついたら1日が終わる(——;)




あー、今日一日、

何してたんだろう?



こうした問題を解決するのは、

実は、思いのほか簡単です。




それは、


時間に振り回されるんじゃなく、
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

時間をコントロールすること。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


そして、

仕事のために予定の時間を延ばすんではなく、

予定の時間に仕事を押しこめばいい。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^




そんなこといってる私も、

わかっちゃいるけど、

まだまだあまいんですよねー。




なぜそう思ったのか?




先日、ある団体さんと、

コラボさせていただいて、

セミナーを開催しました。

 

50名近くの方に対して、

参加型の講演を行うということで、

どうしたら、参加者さんが自分事として、

学びを持ち帰って頂けるかなー。

ということを吟味して吟味して、


 
準備に当てた時間は20時間以上。

とっても時間が掛かりました。

 
 

が、結果は大成功!!

 

今までの講演で一番良かったというお声も頂いて、

本当にこういった機会をいただけて感謝しかありません。

 


ちょっと話しはずれますが、


私は話すことは嫌い。

コミュニケーションも好きなほうじゃない。

人前で話すのが、大の苦手。



それでも、人間できるもんなんですよねー。

人は、変わるし、何でもできる。



やろうと思ったことはなんでもできるんですよ!




しかし、

それと同時に痛感したんです。

自分の時間管理の甘さを(苦笑)





結果的に、なんとかなったから良かったものの、

結局、講演当日まで、

バタバタバタバタと、微調整を繰り返す始末。



全然時間をコントロール出来ていなかったわけです(*_*)




これが間に合わずに、

参加していただいた皆様に良い結果を

ご提供できなかったとしたら、

まるの信用はガタ落ちするわけです。




しかも、

いっぱいいっぱいになってしまい、

当日の朝礼やら、掃除やら、やると決めたことが

全くできてなかったですからね(^_^.)




ほんと、いかん!と思いました。反省です。



そうなる前に、ちゃんと、

準備を進めて、動くようにしないといけない。



そう強烈に思った私だったんです。




今回の教訓はこの2つです。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
1、人を巻き込み、
  ^^^^^^^^^^^
  やらなきゃいけない状態を創る。
  ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
2、そもそもの準備に必要な概算時間を
  ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
  倍にして考える。
  ^^^^^^^^^^
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■





まず、

1、人を巻き込み、
  ^^^^^^^^^^^
  やらなきゃいけない状態を創る。
  ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


これは、同友会での例会作りでもそうなんですけど、


8月に例会(仕事の〆切)があったら

そこから逆算して、

リハーサルや、準備会を先に設定していくんです。



7月、6月、5月と逆算していった時に、

準備会などの人が集まる会があると、

そこまでには最低ここまでは作業を進めておかなければ

ならないというラインが出来てきます。



しかも、


もし、その最低ラインまでの仕事が出来ていなければ、

来てくれた人たちに迷惑をかけてしまう。




だから、自分にムチをうって仕事を進めることができる。





今回、私は1人で講演の準備にあたってしまいました。

それが一番の反省点です。




もっと人を巻き込んで準備をしなければいけないなーと

感じたわけです。




そして、二つ目。


2、そもそもの準備に必要な概算時間を
  ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
  倍にして考える。
  ^^^^^^^^^^


今回の講演準備に関しては、

10時間ぐらいみておけば

大丈夫だろうと思ってやっていたんですが、

実際には、20時間掛かりました。




だから、途中で、

やばい!全然時間が足らない(*_*)

と焦ったわけです(笑)





新しい企画の講演(仕事)をする時には、

概算で出てきた倍の時間を確保する。



これ、ほんとに大事だと思います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】自分を追い込む、究極の質問
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


究極の質問を投げかける。

「火事場の馬鹿力」という言葉があります。


人間は追い込まれると

とんでもない力が出るということのたとえですね。



前章で、私は火事場の馬鹿力を出した。

とも言えます(笑)



メルマガやブログの原稿を書いていてもそうですし、

講演内容も準備もそうです。

締め切りまで、1ヶ月ある時などは、

なかなかいい考えが浮かんでこないのに、

どうしても、あと3時間で仕上げなければ

周りの人に迷惑がかかる。

という状況に追い込まれると、

いきなり本気モードになります。


皆さんにもそういった経験はないでしょうか?



この「ギリギリ」の状態を

イメージの中に意図的に作り出し、

答えを引き出そうとするのが究極の質問です。



よくドラマとかで出てくる、

「 もし、24時間で死んでしまうとしたら、

  何がしたい?            」


というのと同じです。




究極の質問の公式はこうです。


「 もし、あと○○時間
 (相手がぎりぎりで
  追い込まれると感じる時間)
 
  でその問題を解決しないと、
  (目標を達成しないと)
 
  あなたにとって大切なものが
  失われるとしたら、
  どんな行動を取りますか?  」


例えば例でいうと、

「 もし、あなたがこの1日で、
  アイデアを出さないと、
  給与が半額になるとしたら、
  まず何をする?        」

とか、

「 もし、あなたが、この1日で、
  企画がまとまらなかったら、
  ○○さんや、○○さんからの
  信頼が地に落ちるとたら、
  まず何をする?       」


こういった究極の質問を受けると、

たとえそれに対してその瞬間に、

現実的な答えが思い浮かばないにしても、

なんとなく視野が広がる感じがあるはずです。




まずは自分に試してみて下さい。


今の自分に対して与えられる究極の質問は何ですか?


一つではなく、たくさん質問を作ってみましょう(^^)


その質問に真剣に答えようとすると、

どんな変化が自分に起きるでしょうか。




もちろん、

実際に行動に移せるアイデアが浮かんだら、

即実行です。



そして究極の質問の作成のコツを掴んだら、

ぜひ煮詰まっている周りの人たちに試してみてください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】時間に振り回されるんじゃなく、
   時間をコントロールする整理方法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


まだまだ時間管理、

時間コントロールの甘い私ですが、

それでも人並み以上はできている自負があります。




それは、時間の整理方法にあります。


凄い経営者さんだなーと思う人達は、

皆さん、何らかの整理方法をもっています。




私のやり方はこうです。



1週間は168時間です。

これは全人類共通。


この持ち時間の中で、

会議の時間や準備の時間などの

仕事の時間はもちろん、

休息の時間や、

息抜きの時間も先にスケジュールに入れます。



本を読む時間。

ランニングする時間。

昼寝する時間。

何もしないでぼーっとする時間。

内省する時間。などなど、



1時間でも、2時間でも、半日でも、1日でも、

ぼーっとする時間を確保するために

必死に仕事に集中する。




こうゆう時間は、

私にとってのアメです。



そして、

それをスケジュールに組み入れることで、

予定の時間内に仕事を終わらせるための

ムチを打っているということ。





時間を自分の意のままに操るためには、
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
自分が予定したことを、
^^^^^^^^^^^^^^^^
予定した時間に、
^^^^^^^^^^^^
予定した時間内にすることです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^




そのためには、

何かしらの整理方法を用いることが必要です。



私の場合は、以前にもお伝えしたこの方法です。


【記憶に頼らない仕事術・タスク管理術】↓


今は向こう、

50日分ぐらいの計画をするようにしています(笑)

 



また、


物事をもっと早く処理するための
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
一般的なルールは、
^^^^^^^^^^^^^^
誰もがしなければならないことを、
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
誰もしていないときにすること。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^



通勤は誰もがしなければならないけど、

その時間をずらすことで、

とても快適な通勤ができますよね。




25日の給与のお昼時の引き出しは、

銀行が満パンで時間がかかります。

すこしずらしたら、とても快適ですね。



GWに旅行を行くのと、

それを1週間ずらすのとでは、

時間はもちろん、値段も半額近くになりますね。



ということで、

今日は時間管理、

時間のコントロールについてお話しました。




私もまだまだ。

良い時間管理術があったら

教えて下さい(^^)


 

本日はここまで!

ありがとうございましたm(__)m


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最後までお読み頂き有難う御座います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「この記事がいいな!」と思ったら
ぜひ、あなたの周りの以下のような方々に
このメールマガジンをご紹介下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


□利益はあるのに、心がいつも穏やかではない。
□仕事は楽しいけど、経営は楽しくない。
□いつも焦燥感に悩まされている。
□自分のことは誰にもわかってもらえない気がする。
□スタッフさんと自分の方向性に温度差を感じる。
□人が長続きしない。
□人が育たない。育て方が分からない。
□ギスギスした雰囲気で承認する風土がない。
□社員さん・スタッフさんと対立している。
□未来に向けた漠然とした不安がある。
□この先、5年、10年と同じ状態で良いのだろうか?
□やりたいことはあるけど、形にできない。
□アイディアを出し、温める時間がない。
□自分の時間を持てていない。
□サービス、商品には自信があるが、売上が伸びない。
□どうやってサービスや商品を打ち出せばいいか不明。
□売上は上がっているけど、利益が残らない。
□集客やリピート化が上手くいかない。
□いつも経済的な不安がつきまとう。
□売れる仕組み、勝てる仕組みがわからない。
 どうしていいのかわからない。
□経営者がいなくなった途端、会社が回らなくなる。


ご友人の方が、配信登録するには
⇒http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/

まるのアウトプットメルマガの過去バックナンバー
⇒http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/バックナンバー-1/



いつも、皆様からの応援メッセージに
心から励まされております。

まるへのご質問・ご意見はこのメールにそのまま
ご返信いただければ送信できます。



※フィードバックは大歓迎です。
悩みや問題をいただければ、それに対しての回答も
出来る限りさせていただいております。

スケジュールの関係ですべてのメールに
返信はできないかもしれませんが、
全てのメールを拝見させて頂いております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●まるのホームページ
http://www.maru-nagoya.jp/


■■■■■■■■■■■■■■
まる50人社長計画
↓↓
http://goo.gl/ZOVSqk
実現したいけど止まっている方へ。まるで夢実現を全力で応援します!
■■■■■■■■■■■■■■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【愛と感謝で世の中をまるくする】

なお、まるのアウトプットメルマガの文章は、
ブログ・ミクシー・HP等々で
転記はご自由に行って頂いて結構です。
コピーライトはフリーですので、コピーしてご使用ください。

ただ、転記の際は、出典元アドレスの明記をお願い致します。

【出典元アドレス】まるのアウトプットメルマガ:
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●メールマガジンが届かない、届かなくなった方へ
稀にドメイン拒否やなりすまし規制、迷惑メールフォルダへの
自動振り分けで、メールが届かなくなることがあります。
その場合には、以下のページを参照して解消して下さい。
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/メールマガジンが届かない方へ/


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メールマガジン: まるのアウトプットメルマガ
発行者: 鎌形忠史 / ATSUSHI KAMAGATA ( まる )