No.61  「自なめ」で、今、必要な情報がどんどん集まる。

みなさん、こんにちは!

 

 

強みは、最後まで諦めないこと。

で有名な鎌形です。

 

改めまして、

今日も絶好調⤴まるの鎌形です!

 

 

自分が選んだ道が正解だった!!

そう思えるまで、続けること。

 

それが運の強い人間。

 

経営者はそうあるべき。

 

エステムの鋤柄さんの言葉にはホントに重みがあるなー。

 

 

 

このブログも61日目。

 

いい感じに、継続出来ています。

 

ひょんなことから、

 

始めます!と公言し、引くに引けない状態を作って、

 

ここまで続けてきましたが、、、(笑)

 

ほんとに続けて良かった。

 

 

インプットから、アウトプットを繰り返すことで、

 

自分の血肉になっていきます。

 

 

まずはなんでも実践。

 

やってみて、見えてくることがたくさんあるんだって。

 

勇気を出して、踏み出しましょう(^^)

 

 

さてさて、

 

そんなこんなで

本日もスタート!!

 

 

─┤インデックス├─・──・──・──・

【1】「自なめ」で、今、必要な情報がどんどん集まる。

─・──・──・──・──・──・──・

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】「自なめ」で、今、必要な情報がどんどん集まる。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

前回は、

 

明日から使える効率的なアイデア出し、企画出しを実践するためには?

 

というテーマで、

 

DHWで効率的なアイデア出しをする方法をお伝えしました。

 

 

前回のブログはこちら

http://goo.gl/Y1fSZb

 

 

 

考具にはたくさんの考具があり、

 

皆さんにピッタリくるものもあれば、

 

そうでないものもあります。

 

 

肝心なのは、

 

その考具が何のために使われているのか、ということ。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 


目的さえ明確に把握していれば、

 

どの考具を使ってもいいです。

 

 

考具には大きく分けると3つの形があります。

 

 

1、必要な情報が頭に入ってくる考具

 

2、アイデアが拡がる考具

 

3、アイデアを企画に収束させる考具

 

 

そして、それぞれの形に

 

ほんとうに多くの考具が存在しています。

 

 

これは、ゴルフのクラブ選びと一緒です。

 

グリップの感覚で自分に良さそうなものを試してください。

 

 

 

今日は、

 

1、必要な情報が頭に入ってくる考具

 

 

今、自分にとって、必要な情報が頭に入ってくる考具とは?

 

 

というテーマでお伝えしていきます。

 

 

 

その考具というのが、

 

「自なめ」です。

 

 

 

「自なめ」をすることで、


今、必要な情報がどんどん集まってきます。

 

 

 

 

でも、自分を舐めろと言っているわけでは

 

ございません(笑)

 

 

これも造語です。

(まだまだ続きますからね。)

 

 

 

まずは、

 

一つ目

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

自 … 自分に質問を投げかける   

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 

考具の目的は、

 

考具を上手く使えるようになる事ではなく、

 

アイデアがどんどん出てくる脳に、

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

皆さんが変わっていくということです。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

 

最初に使いこなす必要がある考具は、

 

情報を自分の頭に呼び込むだめの考具です。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

まず、情報がどんどん集まってくるために、

 

最初にやっておくべき作業。

 

 

それが、この質問を投げかけることです。

    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

1、今、自分が集めたい情報は何だろうか?

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


②今、自分が何を解決しなければいけないのか?

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


まずはこれを頭にしっかりと刻み込んで下さい。

 

声に出したり、紙に書いたりすることをオススメします。

 

 

めんどくさく感じる人もいるかも知れないですが、

 

効果てきめんです。

 

 

どんどん情報が集まってきますよ(^^)

 

 

 

 

次に

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

な … 七色いんこ   

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 

七色いんこ。

 

 

これは、手塚治虫さんの漫画作品で

 

老若男女どんな役でもこなす、

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

代役専門の舞台俳優のことです。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

 

誰かになりきると違う世界が見えてきます。

 

 

よく「患者さんの立場になってみろ」とか、

 

「お客さんの気持ちを考えたことがあるか?」

 

ということを言われますが、

 

皆さんは、本当に考えられていますか??

 

 

一度、自問してみましょう。

 

 

 

実は、「想像がつかない」という人も多いんではないでしょうか?

 

 

 

これは、実際に患者さんの立場になってみないと分からないです。

 

 

子どもの気持ちがわかりたいなら、

 

まずしゃがんでみましょう。

 

 

身長120センチになったら、気づくことがきっとあるはずです。

 

 

皆さんの病院の環境は、子どもにとっては、

 

どんな環境なんでしょうか?

 

子どもの目線ではどう感じるんでしょうか?

 

受付のお姉さんはどう写っているんでしょうか?

 

院長はどう写っているんでしょうか?

 

 

 

私達の考えるという概念の中には、

 

「実際に身体を動かしてみる」という

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

発想が含まれていないことが多いんですね。

 

 

 

でも、実は似たようなことをみなさんしているんです。

 

○○駅 の階が降りにくいとか、

 

こんなに待ったのになんだ!その態度!といった具合に、

 

お客さんの立場からいろいろ思っているわけです。

 

 

 

 

同じです。全く同じことを自分の仕事でやってみましょう。

 

 

 

自分が、診療を受けることで、

 

色んな事に気づきます。

 

 

あー、無愛想な対応だなー。とか、

 

もっとここでこんな説明が欲しいなーとか。

 

まずは「相手になりきってみること」

 

 

 

私が営業マン時代に学んだことも同じです。

 

営業に強くなりたければ、強い営業マンの営業を受けてみることです。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

そうすると気づきます。

 

 

自分との違い、

 

こういう言葉を受けた時の感情、

 

相手が受ける印象。

 

 

例えばスーパー業界での話ですが、

 

アイルランドの「スーパークイン」では、

 

月に1回、自分で買い物をすることが取締役に義務付けられているそうです。

 

顧客の目線を忘れないためです。

 

 

車業界であれば、競合車をレンタカーしてみる。

 

医療、歯科業界であれば、実際に診療を受けてみる。

 

 

業界によって方法は様々ですが、

 

肝心なのは、

 

自分と違う立場・ポジションを出来る限り

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

なりきって疑似体験することです。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

実際に自分自身が“演じている”ことは、とても強烈な強みになります。

 

やってみると分かることが、本当にたくさんあることに気づくはずです。

 

 

七色いんこ、ぜひチャレンジしてみてください。

 

 

最後に

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

め … メモ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 

メモ。

 

 

これが考具?という感じですが、

 

たかがメモ。されどメモです。

 

 

 

人間はとにかく忘れます。

 

 

20分後には、58%の内容を忘れてしまうんです。

 

だからこそ、メモです。

 


なんとなく気になったものだけをちょこっとメモ。

 

書く先は何でも大丈夫です。

 

メモして、思い出さなかったらそれまで。

 

今は役に立つ情報ではなかったと諦めるだけです。

 


メモすることの効用は、

 

頭の中にあるものを外に出す作業をすることにあります。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

私の記憶力のスペックはそこまで高くないと思っているので、

 

暇さえあれば、自分の頭の中にあることを


外に出しています。

 

じゃないと忘れるからです。

 

このブログもまさにそうです。

 

 

不思議と、手を動かして、

 

自分のモヤモヤした頭の中のものを出すと、

 

どんどん新しい情報がどんどん入ってきます。

 

そして眠っていた記憶もどんどん掘り起こされていきます。

 

 

 

たかがメモ。されどメモです。

 

 

以上が、

 

今、自分にとって、必要な情報が頭に入ってくる考具。

 

「自なめ」です。

 

 

もちろん、コレ以外にもいろんな考具があります。

 

フォトリーディングという本の読み方や、

 

自らが新聞記者になってみるとか、

 

聞き耳を立てるなど。

 

 

私がたまに街を歩く時にやるのは、

カラーバス。

^^^^^^^^^^

 

色につられてヒントになるアイテムが集まってくる考具です。

 

 

例えば、今日のラッキーカラーは青と決める。

 

そして、青いものを見て歩く。

 

 

そうすると普段は絶対に目がいかない看板やお店、風景に目がいくようになります。

 

一見関係なさそうなものたちが自然に集まってしまうんですね。

 

本屋とかでやるとさらに面白いです。

 

青い本、青い本と探してうちに、

 

絶対に普段の自分では手に取らないだろうなーという本に出会います。

 

 

注目する視点をいつもと違うジャンルで

 

絞ると発見の幅が広がる事を教えてくれる考具です。

 

色だけではなく、形状、位置、音などで絞っても、新しい発見が出てきます。

 

 

前回のブログにもありましたが、

 

アイデアマンになるには、

まずは拡げる。

^^^^^^^^^^^^^

 

が重要です。

 

拡げて、拡げて、

 

絞るのはその後です。

 

 

是非、普段自分が気にかけていない情報にも

 

目を向けてみましょう。

 

意外とそこに前進のヒントがありますよ(^^)

 

 

 

考具の勉強されたいという場合には、

 

この本がおすすめです。

 

 

書籍:考具 ―考えるための道具、持っていますか?
著者:加藤昌治
2003年4月発行
本の購入ページ↓↓
http://goo.gl/4cfp3I



書籍:[図解]すべての仕事をスッキリ「紙1枚! 」にまとめる整理術
著者:高橋政史
2016年1月発行
本の購入ページ↓↓
http://goo.gl/TkGaHe

 

 

 

神田昌典さん曰く、

 

「 成功するためのノウハウはすでに明らかになっているのに、

 

  実際に行動に移す人は1%しかいない。だから成功するのは簡単なんだ 」と。

 

 

つまりどんなに良い情報に触れても、何もしない人が99%いるということ。

 

 

 

あなたはどっちのタイプでしょう?

 

 

 

 

本日はここまで!

ありがとうございましたm(__)m

 

 

 

<グループコーチング開催>

【医療、歯科・動物病院業界限定】

競争が激化する医療業界の荒れた海の中で

目的地に到着するための航海図を手に入れる。

 

医院経営が楽しくなる経営計画書の作り方

セミナー&グループコーチング

 

●4月13日(水)14時〜17時 名古屋


●4月16日(土)14時〜17時 名古屋


●4月21日(木)14時〜17時 名古屋


詳しくはイベント・セミナーページよりご確認ください↓↓
http://www.maru-nagoya.jp/イベント-セミナー開催情報/