医療における非効率化の重要性

題名を見た時、「誤字か〜」って思いました?

 

いえ、非効率化 de 正解です。

↑ ちょっとおしゃれなフレンチのお店みたいに書いてみました。

 

 

 

なぜ効率じゃなくて、非効率?

 

今や「ドクターショッピング」

「病院のコンビニ化」などなんだか

揶揄したような言葉が出回っていますが、

日本の医療マーケットはご存知のように成熟期を迎えています。

 

 

 

昔のように、

物が少なく身の回りを豊かにすれば

満足度が上がるという市場ではなくなりました。

今は何が求められているか?

 

 

 

あなただけの

オンリーワンの事・物・体験です。

 

 

─┤インデックス├─・──・──・──・
【1】ITが進化しても効率化してはいけないコミュニケーション
─・──・──・──・──・──・──・

 

医療現場で、効率化といえば、

DM配送(クリニックなら定期検診、動物病院ならワクチン・フィラリア、歯科ならリコール)やレセプト管理、

カルテ管理、レントゲン写真の管理などなど・・・。

 

 

医療現場の効率化はIT化がどんどん進み、

豊かになればなるほど、

活字ではなく印刷された文字で人の力ではなく機械が処理をしてくれます。

 

 

これはこれでいい。

 

 

ただ効率化しちゃいけないことってありますよね。

 

 

それが、人対人の時間や感動を生む時間。

 

 

いくら効率化で時間確保ができても

人の目を見て話す時間まで効率化しちゃったら、

別にここじゃなくていい。ってすぐになります。

 

 

驚いたことに、

診察時にパソコン画面を見ている時間のほうが長くて、

患者さんの顔をみている時間のほうが短い

先生が増えているとか・・・。

 

 

 

予約の時も、

パソコン画面ばかりみて、

顔を見ないスタッフさんが多いとか・・・。

 

 

 

さみしい。

 

(´・ω・`)ショボ~ン。

 

 

 

なんだかIT進歩の弊害だと感じてしまいます。

 

 

今の日本がこうして変化があるのって、

非効率の人対人のコミュニケーションを

たくさん経験してきた人達の結果。

 

 

 

 

効率化を重視しちゃって、

そのコミュニケーションがないと、

 

・・・・んなんだかなぁ!!!(下町ロケット)状態です。

 

 

 

高齢化が進み、

ますます人対人のコミュニケーションは

重要視されるでしょう。

 

 

 

高齢者ご本人もそうですが、

支えている家族の気持ちを考えた

コミュニケーション力がこれから必要とされるでしょうね。

 

 

 

 

お弁当のおつかいお願いします。と言って、

お弁当しか買わない人・・・。

 

 

 

なんだかなぁ・・・・

これって作業になっちゃってて、

言われたことしかやらないのって、

なんか寂しいなぁ・・って思っちゃいます。

 

 

 

 

お弁当食べる時、

NO水分だと詰まるじゃないですか。

 

 

相手が何をしたら喜ぶだろう?

常に考えていて、

それが非効率でも喜んでデキる人。

 

 

「お弁当って言われたんで。

 お茶は言われてないんで」っていう人より、

 

 

 

「お茶もかってきたのでどうぞ(^^)」っていう人が、

 これから求められるんじゃないかなぁ。

 

 

 

DM配信でも、一言添えて書くとか。

時間がかかりますけどね。

相手の気持ち考えてみたらどうです??

 

 

年賀状で印刷だけのものより、

何か一言あったほうが嬉しいのと同じですよね。

 

 

 

 

日本人の良さを伸ばす医療現場を作っていきたい。

それは相手を思う気持ちだったり、

相手のニーズを先読みできる人が

集まったプロ集団。

 

 

 

((o(´∀`)o))ワクワクアンテナが止まりません!!

 

 

そんな医療人の人を応援していきますっ!

 

 

今日も感謝。