ワーク・ライフバランスコンサルタントがワークとライフを区切り切らない理由

先日、ある経営者さんとお話していた時のこと。

 

「私、ワークライフバランスコンサルタントという加盟店資格を持っていますが、

 ワークとライフの線引ってしてません。」って言ったら、

 

 

「たわけだなー(笑)」と変な笑いが起きました。

 

 

仕事も好きだし、ライフも好きだし。

ワークライフバランスって切り分けるって意味じゃない。

相乗効果=シナジーを生むってことで言われていますが、

仕事も楽しいとライフも楽しいぜ!イエイ!って状態ではないでしょうか。

 

 

 

─┤インデックス├─・──・──・──・
【1】ワーカホリックにならないために、あえて線引しない。
─・──・──・──・──・──・──・

 

仕事という概念よりも、

自分の人生で無かった点を教えてくれたり、

一緒にいてプラスになる人っていますよね?

 

 

そんな素敵すぎる人に

ワクワクセンサーが当たった時は、

会いにいってしまいます。

いま、会いにゆきます!です。

 

 

 

 

行動しなきゃ始まらない。

 

 

いくらネットで凄い情報をとっていて、

頭に入っていても、

目で見て、鼻で嗅いで、へー!とかほー!とか

感情をいろいろ動かしてこそ、

本当のインプットだと思うんです。

 

 

「仕事の時間は割り切っているんで!」って

片意地張ってたら過呼吸になっちゃいそう。

 

 

 

昔の私はそんな感じだったからw

 

 

いつもなんか顔が怖かったと思う。

何かに焦っているようなw

 

 

 

 

今はもう、ワークとライフは、

線引きで区切るのではなく、

良い効果が起こればいいじゃんって思う。

 

 

 

親が介護だった時は、

相手ありきのことだから

自分で上手くコントロールできないイライラもあったけど、

それって気持ちの持ちよう。

 

 

・・・というか変換するっきゃないわけで、

逆にそれも楽しめたほうがいいよね!って開き直ったものがち。

 

 

 

楽しみの時間って、

自分次第で作れる。

 

 

 

一つ、言えることは

残業をして仕事をするってのは、

人生がもったいないから、

いかにその提示で効率よく仕事をこなすっていうのは

強く広げていきたい。

 

 

働く時間が1ヶ月の半分以上が仕事だったら、

早く仕事終えて、

自分の人生がもっと豊かになる事をしたほうがお得♪

 

 

仕事が楽しい!って思えるのは、

そーゆー豊かな時間を確保するために、

いかに早く仕事を最適に進められるかってこと。

 

毎日一人運動会やってます。

(頭の中で「天国と地獄」がなっている感じ)

 

 

 

1日社内にいても楽しめちゃう。

あ〜今日は原稿作成にこれだけ時間がかかったー!とか。

あ〜今日はこれだけすすんだ〜!とか。

 

 

 

好きっていうパワーって凄いと思うんですよね。

 

 

 

ワーカホリック(仕事中毒)にならならないように、

いいバランスで楽しんでいきたいと思います。

 

 

***

 

今日も感謝感謝です。