20代前半女子は名古屋から関東へ転出している事実。人口変化から未来を考える。

愛知県人口動向調査
名古屋市まち・ひと・しごと創生総合戦略より

国勢調査で、

日本の人口が初めて減少に転じたという事実を受け、

名古屋はどやさ!どやさ!と気になって見てみたら、

名古屋は増加している・・・。という事実。

 

 

 

全体に視野を広げると減っているから、

名古屋は大丈夫!と悠長なことも言ってられない。

 

 

 

今日は、某大学の先生から

愛知県の年齢別・地域別社会増減数を学んだのでその学びを共有します。

 

 

結論から申し上げますと、

 

 

15〜19歳と20〜24歳の女性は、

東海から関東に出て行ってしまっている!!!(@_@!)

 

 

 ─┤インデックス├─・──・──・──・
【1】10代20代の東海女子の人口変化から未来を考える。
─・──・──・──・──・──・──・

 

この時期になぜ出て行くのか。

というと大学進学+就職という選択が

大きく影響しているよう・・。

 

 

 

大学進学で東京→そのまま就職 →結婚をしたらそのまま在住地に住む。

という流れができている。

 

 

 

東京への人口密度がますます高くなっているのは、

名古屋女子の影響もあるのか?!と思いながらも、

夢を追いかけて都会に行くのはとても良いことだな〜と思う。

 

 

 

最近、友人が名古屋で良い相手と結婚ができそうにもないから

東京転勤をする!と言っていた・・・(笑)

 

 

 

 

「東京に行っても

 いい人がいる確率は、わからんよ?

 東京進出女子も多いから競争社会だよ?」

 

 

とアドバイスしたら

 

「そうだけど・・・そうだけど・・・だって・・

 

 

 

ウジウジ撲滅運動して思いは留まった。

でも実際にそのような女性もいるという現実。

 

 

 

なにを考えたかというと、

若い女性が

名古屋からいなくなってしまう。

 

これからの東海の経済、

マーケットは大きく影響するのではないだろうか。

 

 

 

 

名古屋の地下街マーケット市場も、

売れる食べ物も変わるし、

何よりも影響を受けるのは、

名古屋の女子の晴れ舞台

成人式・ブライダル事情も変わってしまう。

 

 

 

これから愛知をはじめ中心地名古屋は、

女性が働きやすい企業が揃っているよ〜

戻っておいで〜アピールが増えるのでは?

 

 

 

イメージ戦略も本腰をいれていくだろうと

人口の変化から先を考えることを学べた1日でした。

 

 

 

同世代や10代の情報にも

アンテナを張っていこう。

 

***

 

今日も感謝。