No.41 リーダーが育つ環境づくりは経営者である院長の仕事

みなさん、こんにちは!

 

小、中学校の時、ドカポン3・2・1という

ゲームにドハマリしたことで

有名な鎌形です。

 

※あれは友情破壊ゲーム(笑)

 

 

改めまして、

 

今日も絶好調⤴まるの鎌形です!

 

ようやく、

 

ESJの日々の行動課題が終了しました。

 

毎日、30分以上かかる課題を3つ、続けるとともに、

 

気づきダイアリー、ラポールダイアリーなどなど、

 

日々の気づきを専用のサイトに投稿していきます。

 

 

時間にして、月50時間。

 

毎日、1時間40分程度。

 

1日も休まず5ヶ月やってきました。

 

 

だいぶ負荷は掛かりましたが、

 

習慣力が身につきました。

 

もちろん、やった分だけの成果も出ました。

 

 

おかげで、

 

毎日配信するこのアウトプットブログも、

 

全く苦ではありません。

 

 

習慣力は力です。

 

まずは、人に公言して、

 

やらなければいけない環境に身をおいてはいかがでしょうか?

 

 

 

さてさて、

 

そんなこんなで

本日もスタート!!

 

 

─┤インデックス├─・──・──・──・
【1】リーダーが育つ環境づくりは院長の仕事

【2】お金をかけずに社員さんが

    ぐんぐん育つ土壌を作る

─・──・──・──・──・──・──・
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】リーダーが育つ環境づくりは院長の仕事
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

リーダーの成長度合い、

 

スタッフさんの成長度合いは

 

環境で大きく差がでます。

 

 

 

例えば、

 

こんな二人のライバル医師がいたとします。

 

 

CさんとDさんは、

 

同期の医師。

 

 

二人とも、とても成績優秀で、

 

同期の中でもいつも1、2位を争うほど。

 

 

しかし、それぞれに、

 

研修を終え、

 

別々のクリニックで働くことになりました。

 

 

Cさんは、

 

就職後、数多くの障害にぶつかることになってしまいました。

 

 

Cさんの働くクリニックは

 

地方の田舎にあるクリニックで、

 

50年も経っていようかという建物です。

 

 

リーダーという立場を与えられたものの

 

Cさんに部下はいません。

 

 

同じく診療するのは、

 

院長のみ。

 

あとは、女性の受付さんのみです。

 

院長は、

 

自ら患者さんを多く担当し、

 

自分自身のことで手一杯。

 

 

Cさんへの指導や会議はほとんど行われません。

 

 

パソコンや診療を補助するツールも揃っておらず、

 

情報収集やスキルアップのための

 

学習を行うのにも苦労します。

 

 

 

一方、

 

Dさんが就職したクリニックはCさんとは正反対。

 

 

30人の社員さん抱える地方都市の

 

大型クリニックで、

 

駅前の一等地にある最新設備の整った

 

ビルのワンフロアを借りきっています。

 

 

部下を3人与えられ、

 

上司にも恵まれ、

 

院長以外にも

 

直属の課長がいます。

 

 

担当となった患者さんの

 

過去の情報や関係性なども細かく教えてくれて、

 

毎週のミーティングと

 

診療内容についての勉強会も

 

頻繁に開かれます。

 

 

 

このように、

 

まったく異なる環境で

 

リーダーとなった二人。

 

 

就職後、

 

1年が経過すると、

 

Dさんのほうは、

 

とても優秀なリーダーとして成長していたということです。

 

 

一方、Cさんは

 

1年前とさほど変わらないレベルで、

 

一人前のリーダーとはほど遠い状態です。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【2】お金をかけずに社員さんが

    ぐんぐん育つ土壌を作る
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

このように、

 

仕事で成長できるかどうかは、

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

サポート資源があるかどうかに

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

大きく左右されます。

^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

 

社員さんのモチベーションがどんなに高くても、

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

それを支える職場環境がなければ、

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

成果は上がらないということです。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

 

いくらリーダーに能力があり、

 

意欲をもって頑張っても、

 

それを支え、

 

支援する環境が揃っていなければ、

 

成果には限界があるんです。

 

 

 

つまり、

 

方程式でいえば、

 

「 成果 = 能力 × やる気 × 環境 」

  ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

です。

 

 

 

そして、

 

社員さん、スタッフさんにとって

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

大きな影響を与える

^^^^^^^^^^^^^^^^

「環境」を提供するのは、

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

経営者である院長の仕事です。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

 

快適な職場環境や

 

効率的なシステムなど、

 

物質的な環境は効果的かもしれませんが、

 

その環境を整えるのは、

 

ずっと先です。

 

 

 

そもそも、

 

多くの中小クリニックや病院では、

 

お金をかけて環境を充実させるのには限界があります。

 

 

 

それよりも大事なことが

 

まず、お金をかけずに環境を充実させる

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

仕組み作りです。

^^^^^^^^^^^^^

 

 

 

 

それが、

 

ビジョンを明確にする経営計画書作りであったり、

 

それに基づいた人事評価制度の作成であったり、

 

スタッフさんとの勉強会の定期開催であったり、

 

スタッフさんとの定期面談であったりします。

 

 

 

今すぐ取り組むことが出来て、

 

社員さんやスタッフさんの成長をサポートできる環境は

 

いくらでも作れます。

 

 

まずは見逃しがちな環境への対応。

 

 

社員さんの事を悪く言う前に、

 

経営者として、その環境が用意出来ているかどうか。

 

 

考えてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

本日はここまで!

ありがとうございましたm(__)m

 

 

明日から、火曜日と日曜日はお休みして、

 

週5回でアウトプットブログを配信してまいります!

 

今後共宜しくお願いしますm(_ _)m

 

 

<グループコーチング開催>

●3月17日(木)14時〜17時 名古屋
【定員5名】【人の問題】グループコーチング
 
詳しくはイベント・セミナーページよりご確認ください↓↓
http://www.maru-nagoya.jp/イベント-セミナー開催情報/