No.30「単なる本」が「収益を上げる資産」に変わる方法。本はボロボロにしてなんぼ。VOL.3

みなさん、こんにちは!


ランニングと、鍼で身体は絶好調⤴

 

心も絶好調⤴

 

ただ、お灸は苦手。

 


痛みに弱い鎌形です。

 


昨日は、親父の誕生日。


お酒を贈ったんです。

 

そして親父からの陽気な酔っぱらい電話。



飲むと陽気になるのは、血筋ですな。。。


まだまだ生きてもらうつもりですが、

親孝行は出来るうちにしたいですね。

さて、それでは、


本日もスタート!!

─┤インデックス├─・──・──・──・
【1】「単なる本」が「収益を上げる資産」に変わる方法。
   本はボロボロにしてなんぼ。
→5、読書でマーキングした重要な箇所をメモとして書き出す
→6、書きだしたメモを繰り返し読む
─・──・──・──・──・──・──・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】「単なる本」が「収益を上げる資産」に変わる方法。
   本はボロボロにしてなんぼ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


今日も本の内容でブログ配信致します。

前回のブログはこちら↓
http://goo.gl/5o8QCm
 
 
前回、前々回とお話した、
 
「仕事に生かせる」読書方法。
 

==============================
1,本を読む目的を明確化する
==============================
読むところ、読まないところの見当をつける

==============================
2、制限時間を設ける
==============================
本の内容次第ですが、平均は、1〜2時間程度

==============================
3、全体を俯瞰する
==============================
まず、「まえがき」「目次」「あとがき」などをチェックし、
本の全体像を把握する。

==============================
4、読書開始
==============================
緩急をつけて読む・・・重要なところは熟読、他は斜め読み
ポイントをおさえる・・・線や印、書き込み、ドックイヤー(角を折る)
           などのマーキング
全体の16%を掴む・・・80:20の法則と同じで、全体の20%が重要な部分です。
           その重要な20%の8割を取得出来るように、自分が
           これは重要だと感じた箇所に線を引いていきます。
           その時、線を引いたら同時に
           角を折ると、後で線を引いた箇所が確認しやすいです。

==============================
5、読書でマーキングした重要な箇所をメモとして書き出す
==============================
マーキングした部分をワードに書き出す
・・・私はワードに書き出すのが早いので、毎回書き出します。

==============================
6、書きだしたメモを繰り返し読む
==============================

==============================
7、実践で試す
==============================

==============================
8、メモを読み返し、ブラッシュアップする。
==============================


==============================
9、実践で条件反射的に対応出来るようになる。
==============================
 
この流れを繰り返すことで、
 
仕事に生かせる読書が出来ます。
     
 
今日は、5,、6あたりを詳しくお話していきます。
 
 


ここが最重要!!といっても過言ではございません。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 


アウトプット無くして、


インプットはありません(^^)



==============================
5、読書でマーキングした重要な箇所をメモとして書き出す
==============================



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
読んだままで終わらせるな
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



これまでお話したようなやり方で


本を読むようになると、

それだけでかなり充実感を覚えるようになります。




読んでみれば、

本はなかなか面白いし、

刺激に満ちています。



仕事の悩みを解決する方法を本の中に見つけたり、

明日からでも使えるノウハウを

発見したりするかもしれません。


おー!これは使える!!\(◎o◎)/!



良い本には珠玉の言葉が載っているので、

多いに励まされ、

無性にやる気が出てくることもあります。



しかし、ここに落とし穴があります。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^



多くの人は、

本を読んだことで、早くも満足してしまうんです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^



たしかに読んでいる最中や

読み終わってしばらくは、

気分も高揚してるし、

そこに書かれたことをすぐに実行しようという気になります。



でも、


悲しきかな・・・

人間は忘れる生き物です。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


しかも、現代社会では、

次から次へエンドレス・ラブ

違う、

次から次へと

新しい情報が止めどなく入ってきます。



そうこうするうちに、


古い記憶を追い出してしまいます。



折角投資した時間とコストコ、

あ、違う、

時間とコストを回収するためには、

「読書後のフォロー」を行うことが絶対に必要です。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


これは絶対です!
^^^^^^^^^^^^^^^



もちろん、

このようなフォローをしなくても、

本を読まないよりは数倍ましです。



でも、

読んだ直後は内容を覚えていても、

絶対に忘れていきます。




本に線を引いたり、

付箋を貼ったりしても、

本棚にしまうとなかなか読み返すことはなくなります。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^



そして、きっとみなさんは一年後。

なんとなくつけたテレビから流れる

NEWS ZEROの音楽を聞いて

おもうんです・・・・


「ゼロ〜」



残念ながら、

読んだ一年後に内容を覚えている可能性は

ゼロに近いでしょう(笑)





たとえば、

月刊誌のプレジデントなんかでも、

「ノート術」

とか

「時間管理術」

とか、

ある程度、同じテーマの内容が、

時間をあけて繰り返されます。



そして読んで見ると、

「 あれ?ここに書いてあるようなことは

  前にも読んだことあるぞ       」

と気づきます。


そして、


気づいちゃった気づいちゃったわーいわい。

と、どこかで聞いたギャクが

頭をよぎるはずです。





ダイエットなんかも同じで、

結局、方法はそれほど変わらないんです。


ただ、

一年前に自分が読んだことを
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

忘れてしまっているだけです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^



why?



では、なぜ、

読書した内容を忘れてしまうのでしょうか?
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^



その理由は2つです。


1、ポイントをメモしなかったから
 ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

2、実行しなかったから
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^



1、は結局のところ、

読んでいるときだけわかったつもりに

なっているだけです。

ノウハウをメモするなど記録をしておけば、

忘れることはなかったでしょうが、

メモがなければ、

その場限りの満足で終わってしまいます(*_*)




2、ですが、悲しいことに、

本で読んだことは、

実際に体験したことより、

どうしても印象が弱い。



折角いいことを知ったに、

実践する前に忘れてしまうことがよくあります。
  


また、やってみようと思っても、


ちょっと準備が必要だったり、

意志が強くないとできないことだったりすると、

なかなか実行に至らないことがあります。




ただ、読むだけでは、
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
やはり受け身の行為になってしまうんですね。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


なので、是非ともオススメしているのが、


メモすることで、記録に残し、
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

実践に使うということです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


メモの内容を自分の中に刷り込んでいき、

習慣化することで

正しいやり方を身につけたり、

あるいは、実践のプロセスで、

メモしたことがそのままで


使えるか使えないかもわかると思います。


そうした反復をしながら、

自分の現実に合うようにアレンジしていけばいいんです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

そして、その洗練されたノウハウは

自分のものになり、

結果を伴うようになっていきます。



ただ、ここでも、読んだ数ではなく、

「どれだけノウハウを自分のエッセンスにできたか」
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

「どれだけ現実のビジネスに生かせたのか」
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

を基準に評価すると良いと思います。



==============================
6、書きだしたメモを繰り返し読む
==============================



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
読書後のフォローをシステム化する
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「ああ、良い本だ。買ってよかった!」



読書を続けるうちに、必ず、

こんな風に思える本にめぐりあいます。

自分を成長させてくれるヒントや、

ビジネスに役に立つ知識が詰まった本を読んでいる最中は、

とても刺激を受けています。




読み終わったら、

ここに書かれていることを

すぐに実行に移そう!

オラ、わくわくすっぞー!

と、

あなたの心の中の孫悟空が言うはずです。



読み終わってしばらくは、

書いてあったことも、

読んだときのワクワク感も覚えているでしょう。



でも、

数日経ってからではどうでしょうか?



一ヶ月後に本棚の

背表紙を眺めた時、


果たして具体的な内容を

どれだけ思いだせるでしょうか?


恐らく、

「良い本だったなぁ」


という漠然とした


印象しかないんじゃないでしょうか。



たいていの人は、

本が自分の手元にある限り、

いつでも好きな時に読めると思っています。

でも、

たとえもう一度手にとったところで、

重要なところに印をつけたり、

付箋を貼ったりしない限り、

その部分を探しだすだけで一苦労です。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


重要な箇所を探すために、

最初からもう一度読み返すのは、

重要でない部分を読みながらになってしまうので、

大変な時間ロスになります。



だからこそです!


単なる読書で終わってしまっては

 

もったいない。


良い本との出会いが

その場限りの感動で

終わらないようにするには、

条件反射的に現実のビジネスで
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
生かせるように、
^^^^^^^^^^^^^^
読書をシステム化することです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


そこで、

本で読んだ内容を自分のものにするためには、

何をすべきか?



答えは、

受験勉強のようなやり方をするということです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^



〈受験勉強の仕方はこうです〉

1、参考書をまるまる一冊読むのではなく、
  読み始める前に過去問題などから
  試験に出るポイントを絞り込む
  ↓
2、読む
  ↓
3、重要なところに線を引く
  ↓
4、線が引いてあるところのみを繰り返し読む
  ↓
5、問題を解いてみる
  ↓
6、暗記していない部分をカードに書き写す
  ↓
7、カードを繰り返し読む。
  持ち歩いて隙間時間にチェックする
  ↓
8、覚えたらカードは捨て、
  覚えていないもののみ残し、繰り返す。
  ↓
9、試験本番

 


これを読書に変換するとこうなります。

〈読書はこうです〉

1、自分の課題・目的を絞り込む
  ↓
2、読むべき本を絞込、入手して読む
  ↓
3、重要なところに線を引く、印をつける
  ↓
4、メモに要点を抽出し、繰り返し読む
  ↓
5、実践で試す
  ↓
6、メモをブラッシュアップし、
  繰り返し読んで身につける
  ↓
7、実践で条件反射的に対応出来るようになる



これを繰り返すことで、


完璧に自分のものに出来るはずです。


もちろん、

ビジネス書の場合は、

試験に出るところを絞り込むのではなく、

自分がこの本を読む目的、

現在の課題や人生の目標などと

照らし合わせて明確にします。



また、

本の内容を暗記する必要はありません。

私は線を引いた部分を
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
パソコンに打ち込んでメモをつくります。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

このメモは、
^^^^^^^^^^
様々な本の中で、
^^^^^^^^^^^^^^
自分にとって重要なポイントを集めた
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
いわば「究極の本」です。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

それを常に持ち歩き、

ちょっとした隙間時間に

パラパラとめくって眺めることで、

頭に刷り込んでいきます。


そして、それを実践して、

自分の血肉に変えていきます。



この作業をしなければ、

1,500円の単なる本が、

15万円の収益を上げる資産に変わることはありません。


ぜひ、皆さんも、

自分なりの究極の本を
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
作ってみてはいかがですか?
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


本日はここまで!

ありがとうございましたm(__)m


<グループコーチング開催>
●2月17日(水)14時〜17時 名古屋
【定員3名】【人の問題】グループコーチング


●2月20日(土)午前9時〜12時 名古屋
【定員3名】【脱サラ起業・独立開業の問題】グループコーチング

 
●2月25日(木)15時〜18時 名古屋 
【定員3名】【集客の問題】グループコーチング

 
詳しくはイベント・セミナーページよりご確認ください↓↓
http://www.maru-nagoya.jp/イベント-セミナー開催情報/