第202回【 部下の可能性を伸ばす、心の向きを整えるには親の言葉が重要 】

第202回【 部下の可能性を伸ばす、心の向きを整えるには親の言葉が重要   】

理念【愛と感謝で世の中をまるくする】

毎週火曜日、金曜日に定期配信!


勝てる仕組みや売れる仕組みの作り方、
リーダー育成や強い組織の作り方、
経営者がもっておくべき能力とその磨き方、
思考法・仕事術まで、
現場主義で得たノウハウを包み隠さず公開します。

<グループコーチング開催>
●2月17日(水)14時〜17時 名古屋
【定員3名】【人の問題】グループコーチング


●2月20日(土)午前9時〜12時 名古屋
【定員3名】【脱サラ起業・独立開業の問題】グループコーチング


●2月25日(木)15時〜18時 名古屋 
【定員3名】【集客の問題】グループコーチング


詳しくはホームーページよりご確認ください↓↓
http://www.maru-nagoya.jp/イベント-セミナー開催情報/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
現在の購読者数140人 いいね!257人
(6月31日までにメルマガ購読者数と
facebookいいね!数合わせて600人!)




いつも貴重な時間を、
本当にありがとうございます!




火曜日担当、まるの島田です。





最近、銭湯がブームです。
朝7時くらいからいます(笑)



しかも驚いたことに、
朝は若い女子率が高いという事実。
年代的にいうと20代〜30代。





ピークの11時〜は人生の先輩方が
大勢で来られるので、
千と千尋の神隠しみたいになります。



朝は穴場です。
しかも、人口密度が低く、
裸体の景色が良い。
(・・・っと失礼!)




新たな発見にワクワクしている
今日このごろ。





それでは第202回、お届けします。
本日もスタート!!



─┤インデックス├─・──・──・──・
【1】部下の可能性を伸ばすマネジメントは◯◯の言葉がキーポイント
【2】人の◯◯%は否定的だから、伝える時は心の向きを整える
─・──・──・──・──・──・──・
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】部下の可能性を伸ばすマネジメントは◯◯の言葉がキーポイント
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


性格。


その人の性質を表すもの。



今の自分の性格って、
どのようにしてできたんだろう・・?



考えたことありますか?









例えば、
チームでいると、
いつもまとめ役のポジションになる私。


付き合う人はいつも、
ヒモ男になってしまう。ダメンズ製造機みたいな私。


みんなでワイワイしていると、
一人になりたくなる俺・・・。


彼女はいつも尽くしまくってくる。
そして尽くされると飽きてしまう俺。


追いかけるのは好きだけど、
追いかけられると恋が燃えなくなる俺。






自分の今までの習慣を振り返ると、
いつも同じような行動パターンを
繰り返しているということはないでしょうか?






この性格っていうのはとても根深いもので、
相手にこうなってほしい!と思うのはとても難しいもの。







自社にこんな性格の子が来てくれたらいいな〜。

と思う経営者の気持ちも充分にわかります。







明るくて気遣いのできる子。

自分から率先して行動する子。

相手を思いやれる子。

大前提として元気な子。

ついでに、欲を言えば、若くて、スタイルも良くて・・・





・・・出会う確率、0.0000034%。
(アメリカ人科学者のなんとかという人がはじき出した数字)




ジャンボ宝くじの確率が、1/1000万ですので、
それよりは可能性はあるということ。




ちなみに日本の国内で2人の男女が出会い、
付き合う確率は、1/7200兆 だそうです。
(「日テレドラマ:結婚に1番近くて遠い女より」)




出会いって大事ですね〜。







話を戻します。





性格は何によってできあがるか?というお話。



結論から申し上げますと、

『親』が発する言葉による影響を受けていることが多い。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^






何が言いたいかも先に今日はお伝えすると、

組織の経営者、リーダーの発する言葉が、部下の性格を作り上げている。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

部下の可能性を伸ばすマネジメントは上司の言葉がキーポイントなのです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^





では、部下の習慣ってどのように作られるのでしょうか。







その前に、少しタイムスリップしてみましょう。




あなたが子どもの頃、挑戦しようとした時、

親や周りの大人は、何と言葉をかけましたか?




ひとつ、親の言葉を思い出して見て下さい。












頑張れ!やればできるよ!

凄いね!あと少し!

できっこないよ。まだ小さいんだから。

はいはい。早く準備しなさい!





どんな言葉が頭に浮かびますか?







ほめてくれた。

応援してくれた。

褒められず叱られてばっかりだった。






思い出しましたか?





あなたも、そして今いる部下も周りの人も、
性格は小さい時からの言葉の積み重ねによって、
作られていることが多い。




と、いうことは!!!!(゚д゚)




自分が掛ける言葉で、
^^^^^^^^^^^^^^^^^
人を変えられる「チャンスがある」ということです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^






いつも部下のマイナス部分を見ているリーダーは
マイナス部分を見る部下が育つ。

そして、その部下も同じように後輩を見るでしょう。





逆に言・え・ばですよ?





いつも良い部分を見て、伸ばしているリーダーがいれば、
良い部分を見て人を伸ばす仲間が増えると思いませんか?





これはとってもチャーンス!なのです。








自分の発する言葉を前向きに変えることが、
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
人を前向きに変えるきっかけに繋がるということです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^










大人の意見に対し、子どもは自分では正しいか、
間違っているかの判断はできません。






ということは、ある程度経験を積んだ大人であっても
慣れていない環境であればなおさら判断できかねることが
往々にしてあるのです。






こんなデータがあります。




日本で一番お母さんが子どもに向けて
多く言われている言葉。




「早くしなさい」







なんだか切ない。
(。・_・。)




愛がある故の言葉だとは思いますが、
否定的なメッセージを減らし、
嬉しくなる言葉が増える日本に変えていきたいですね!




あなたは何という言葉を発していますか?



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】人の◯◯%は否定的だから、伝える時は心の向きを整える
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先日、地下鉄東山線に乗ったら、
ふとある大学の広告でこんな言葉を見つけました。



「人の90%は否定的。

 これは自分の心を守ろうとする防衛本能だ。」




専門的には「思考性防衛本能」という、
何やら、心を守るための防衛本能だそうです。




自分が思うようにならなくて傷つくよりも、
悪い方に考えて、少し良い方が嬉しい。




信じられぬと傷つくよりも、
人を信じて傷つく方が良い〜♪




金八先生の「贈る言葉」とは真逆という現実。






つまり、いくら経営者やリーダーが、
スーパーポジティブであっても、
その言葉を受ける大部分の人は、
ネガティブである可能性があることを忘れてはならない。




「ポジティブの押し売り」になるのは、

とても危険だということ。

受け手の「心の向き」を察知しないと、

いくらポジティブを伝えても響きません。





それどころか、


「あなたのような人間ばかりではありません。

 私は違うんです!!!」




でも・・・
だって・・
だけど・・


「D」ではじまる、トリプル否定「D」に取り憑かれます。




ではどうしたら良いか。





相手の「心の向き」がどちらにあるのか。





そう、ポジティブか、ネガティブかを知るのです。





その知る手がかりは、

「今までの育った環境を知り、何をよく聞いてきたか?」
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^







生まれてから現在まで、
その言葉が残っているということは、
「それが私なの」と思い込んでいることが多いからです。






面接の時などに使う質問として用意いただくと良いですね。



「あなたは今まで親御さんに何といわれていましたか?
 
 一言思い浮かぶ言葉を言ってみてください(^^)」





「あなたは前職で上司や部下に何と言われましたか?

 一言思い浮かぶ言葉を言ってみてください(^^)」









私はちなみに・・・。



大人の世界は弱肉強食。
生きる残れるのは強いやつ。
自分のケツは自分で拭くのよ。
(by 母)




THE ライオンの子育て論。

(あたしゃ人間だ!!)




サバイバルで生きるための言葉を
親が投げかけていると、
こんな感じの女性が出来上がります。







(・・・合掌)






親が自分へ向けた言葉。


これから入ってくる仲間が聞いてきた言葉。


自分が発信していく言葉。



言葉には大きなパワーがあります。



それを活かすも活かさないも、自分次第です。






人を伸ばす言葉を使っていきましょう〜!






本日はここまで!



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最後までお読み頂き有難う御座います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「この記事がいいな!」と思ったら
ぜひ、あなたの周りの以下のような方々に
このメールマガジンをご紹介下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


□利益はあるのに、心がいつも穏やかではない。
□仕事は楽しいけど、経営は楽しくない。
□人が長続きしない。
□人が育たない。育て方が分からない。
□いつも焦燥感に悩まされている。
□承認する風土がない。
□誰にもわかってもらえない気がする。
□社員さんに自分の気持ちが伝わっていない気がする。
□売れる仕組み、勝てる仕組みがわからない。
 どうしていいのかわからない。
□商品やサービスは良いのに、営業が嫌いで売り込みが出来ない。
□売上は上がっているけど、利益が残らない。
□経営者がいなくなった途端、会社が回らなくなる。
□アイディアを出し、温める時間がない。
□新しいことを始めたいけれど、
 自分の時間がコントロールできない。


ご友人の方が、配信登録するには
⇒http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/

まるのアウトプットメルマガの過去バックナンバー
⇒http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/バックナンバー-1/



いつも、皆様からの応援メッセージに
心から励まされております。

まるへのご質問・ご意見はこのメールにそのまま
ご返信いただければ送信できます。



※フィードバックは大歓迎です。
悩みや問題をいただければ、それに対しての回答も
出来る限りさせていただいております。

スケジュールの関係ですべてのメールに
返信はできないかもしれませんが、
全てのメールを拝見させて頂いております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●まるのホームページ
http://www.maru-nagoya.jp/


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【愛と感謝で世の中をまるくする】

なお、まるのアウトプットメルマガの文章は、
ブログ・ミクシー・HP等々で
転記はご自由に行って頂いて結構です。
コピーライトはフリーですので、コピーしてご使用ください。

ただ、転記の際は、出典元アドレスの明記をお願い致します。

【出典元アドレス】まるのアウトプットメルマガ:
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●メールマガジンが届かない、届かなくなった方へ
稀にドメイン拒否やなりすまし規制、迷惑メールフォルダへの
自動振り分けで、メールが届かなくなることがあります。
その場合には、以下のページを参照して解消して下さい。
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/メールマガジンが届かない方へ/ 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メールマガジン: まるのアウトプットメルマガ
発行者: 島田菜々絵 / NANAE SHIMADA ( 株式会社まる )