No.20 「徹底的に休む習慣」が仕事や勉強に励む活力

皆さん、おはようございます。

 

昨日は、深夜まで、自分の人生理念、人生ビジョンと向き合い、

 

自分の生き方、あり方を決めていました。

 

やっと終わった。自分が求める姿はこれなんだと、腑に落ちました。

 

「父としての背中を見せる」

 

これが、私の描くビジョン。

 

また機会があれば語ります。

 

 

今日は朝から東急ホテルへ。

 

それにしても、外国人さん増えたなー。

 

異国のような空間になってる(笑)

 

日本人も負けずに外へ!

 

そんなこんなで本日もスタート!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】「自分を最高に高める方法」をユダヤ人は知っている。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

「頭」でも「富」でも、

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

ダントツで世界トップを走り続ける人々。

 

 ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

 

それがユダヤ人です。

 

 

 

 

彼らの考え方や行動法則は、

 

 

世界共通、

 

不変不朽(ふへんふきゅう)の成功法をズバリ教えてくれます!!

 

 

 

 

ユダヤ人の文化と伝統の起源は

 

5千年前に遡ります。

 

 

その間、彼らは一度として民族として

 

力を失ったことはありません。

 

 

 

この5千年もの長い歴史の間には、

 

エジプトやローマ、ペルシャ、

 

元といった強大な帝国が興ってはまた滅びました。

 

 

でもユダヤ人は、

なんどか歴史の辛酸(しんさん)をなめたものの、

 

 

民族としての力自体は、一度も途切れることなく保ちつづけました。

 

 

 

歴史の試練にさらされるたびに、

 

「不死身の民族」としてたくましさを強めた。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

 

 

現在、全世界のユダヤ人口は、おおよそ1,300万人。

 

割合にしてわずか0,2%。

 

 

全米大富豪の23%、つまり4人に1人を占めている。

 

 

これってとっても凄いことですね\(◎o◎)/!

 

 

Why Jewish person !!!!!
厚切りジェイソンが語る日も近いでしょう。

 

 

 

1901年〜2010年までのノーベル賞受賞者のうち、

25%がユダヤ人です。

 

人口比で考えればずば抜けて高い。

 

 

 

Why Jewish person !!!!!

厚切りジェイソンさん、やってほしい。

 

 

 

 

ユダヤ人の強さは、財力だけではなく、学問でも発揮されています。

 

 

 

 

ユダヤ人の活動源であり、

彼らにあらゆる分野における成功をもたらしてきたのが、

 

 

「ユダヤ人独特の生き方」です。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

例えば、

 

世界のどの宗教も、禁欲的で、

 

お金や金儲けを卑しいものとして蔑んできたのに、

 

ユダヤ教はそのようなことがない。

 

 

 

ユダヤ教の教典である『旧約聖書』は「創世記」から始まりますが、

 

神が創った楽園エデンには、

 

良質の金鉱があったと記されています。

 

 

ユダヤ人にとって、金や金銭は呪いではなく、祝福だった。

 

ユダヤ教は、富も豊かな生活も良いこととして教える。

     ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

そのため、ユダヤ人はお金に対するあこがれが強く、

 

古来ただの一度も、お金をきたないものとして考えたことがなかった。

 

 

彼らは実に熱心に金儲けに頭を使い、

 

 

そこから様々な「商売の極意」「商人の哲学」が生まれました。

 

 

お金を求めながら、お金に踊らされない

 

「地に足の着いた生き方」は

 

 

こうした中で培われてきたんですね。

 

 

 

 

無心に豊かさを求め、それを実現するノウハウを知っている。

 

 

驕る(おごる)こともなく、堕落することもない。

 

 

絶妙なバランス感覚をもって、

 

 

「自分を最高に高める方法」をユダヤ人は知っている。

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【2】ユダヤ人は、「時間の使い方」が非常に効率的

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

たとえば、

 

ユダヤ人には「シャバット」と呼ばれる宗教的慣習があります。

 

 

一言でいうと「安息日」です。

 

 

ユダヤの掟は、

 

子供の教育に関することを唯一の例外として、

 

 

この日はあらゆる労働、遊びを禁じているそうです。

 

 

 

そして、ひたすら休み、

 

家族や自分自身と向き合う時間を持つことを課している。

 

 

これって、今の日本を考えると、

 

全然ないですね(ーー;)

 

 

 

こうして、

 

「徹底的に休む習慣」を持つことが、

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

枯れることのない、

^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

ユダヤ人のバイタリティの根源となってきた。

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

厳しい「休日の掟」が彼らを守り、

 

飽くことなく仕事や勉強に励む活力を生んできた。

 

 

 

 

 

 

休むって本当に大事ですね。

 

 

 

成功者に学ぶ。

 

大事です。

 

 

 

本日はここまで!

 

ありがとうございましたm(__)m

 

 

 <グループコーチング開催>
●2月17日(水)14時〜17時 名古屋
【定員3名】【人の問題】グループコーチング


●2月20日(土)午前9時〜12時 名古屋
【定員3名】【脱サラ起業・独立開業の問題】グループコーチング


●2月25日(木)14時〜17時 名古屋 
【定員3名】【集客の問題】グループコーチング


詳しくはイベント・セミナーページよりご確認ください↓↓
http://www.maru-nagoya.jp/イベント-セミナー開催情報/