No.16 自社(商品)を求職者(顧客)に売るためにVol.3

昨日は同友会の室員を決めるドラフト会議。

 

とっても良い人材を獲得することが出来た。

 

誰を取ろうか、事前に作戦を練った甲斐がありました(`・ω・´)ゞ

 

さあ、ということで今日も参りましょう!!

 

お願いしまーす!!

 

また、前回の続きです。

 

前回のブログでは、

 

 

 

以下の図を共有させていただきました。

 

 

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

 

【一般的な商品を売る流れ】  |  【採用活動の流れ】

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

 

 商品のセールスポイント   |  自社の特徴を理解する

 

 

 

   を決める        |

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

 

   値決めをする      |    給与を決める

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

 

  対象顧客を決める     | 欲しい人材像を明確にする

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

 

  商品の広告をする     |  自社を知ってもらう

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

 

    営業する       |   自社を売り込む

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

 

   クロージングする    |   入社を確約させる

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

 

前回のブログはこちら

http://goo.gl/k03Nw4

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【2】値決め 〜給与を決める〜

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

商品のセールスポイントが決まったら、値決めをします。

 

すなわち、給与を決めるということです。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

全く同じ商品ならば安い方が売れます。

 

これと同じことで、

 

求職者が同じ魅力を感じた2社で迷っている場合には、

 

給与が高い方が選ばれます。

 

 

商品と同じように価格は非常に大きな要素をしめています。

 

 

物販は安い方が強いですが、

 

採用ではもちろん給与が高いほうが強くなります。

 

 

しかし、スーパーとデパートを参考にするとわかりやすいですが、

 

デパートの商品の値段は高いです。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

でも高くても買いたくなる何かがあります。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

その何かは、接客かもしれないし、

 

内装や規模、立地条件かもしれません。

 

 

これを採用に置き換えるなら、

 

カッコイイオフィスや雰囲気の良い社風、

 

会社の規模、安定性、立地、学べる技術などにあたります。

 

これらの付帯条件が良ければ

 

多少給与が安くても採用できます。

 

 

大手メーカーの初任給はそれほど高くありませんが

 

人気があるのと同じことです。

 

 

しかし、そんな好条件でなければ、

 

価格、すなわち給与で勝負するしかありません。

 

 

逆にいうと、

 

価格、すなわち給与だけで勝負するという手もありです。

 

 

他社というライバル商品と

 

自社の魅力を比較して給与を決めていきます。

 

 

猛烈に厳しい営業会社の給与がやたら高いのは、

 

品質は落ちるけど値段がやすいので売れる商品と同じ意味になります。

 

 

一般的な商品を売る際には、

 

安い値段設定ならば低コスト運営、

 

高い値段設定にするなら付加価値やサービスなどを充実させます。

 

 

これを採用で考えうなら、

 

高い給与設定ならば元々優秀な人材が採用できるので教育の手間はかかりません。

 

よって、手をかけずに高いパフォーマンスの実現が可能です。

 

逆に安い給与できてもらうには、

 

丁寧に教育し、愛情で心の満足を提供する等の対応が必要です。

 

 

いずれにしろ給与は採用にはとてもおおきな影響を与えます。

 

商品の価値に対し、

 

値段が高すぎると売れないように、

 

人がその会社に就職を決めない一番の理由は、

 

その他の条件の割に給与が安すぎると考えるのが妥当です。

 

 

 

 

高い給与であれば、

 

自然と質の良い人材が集まります。

 

 

安い給与であれば、

 

付帯条件があってこそ、人材が集まります。

 

 

 

そのことを意識して、是非値決めをしていって下さい。

 

 

 

本日はここまで!!

 

有難う御座いましたm(__)m

 

 

  <グループコーチング開催>
 ●2月17日(水)14時〜17時 名古屋
 【定員3名】【人の問題】グループコーチング
 
 
 ●2月20日(土)午前9時〜12時 名古屋
 【定員3名】【脱サラ起業・独立開業の問題】グループコーチング
 
 
 ●2月25日(木)14時〜17時 名古屋 
 【定員3名】【集客の問題】グループコーチング
 
 
詳しくはイベント・セミナーページよりご確認ください↓↓
http://www.maru-nagoya.jp/イベント-セミナー開催情報/