第187回【不完全な自分を認める。自分を認められなければ、人(社員さん)を認めることは出来ない。】

第187回【不完全な自分を認める。自分を認められなければ、人(社員さん)を認めることは出来ない。】

【愛と感謝で世の中をまるくする】

毎週火曜日、金曜日に定期配信!

WEB・人間学・心理学に強い
経営者・幹部社員専門の
コーチ&コンサルタント会社がお送りする
経営者、事業主、幹部社員向けの
まるのアウトプットメルマガ。

勝てる仕組みや売れる仕組みの作り方、
リーダー育成や強い組織の作り方、
経営者がもっておくべき能力とその磨き方、
思考法・仕事術まで、
現場主義で得たノウハウを包み隠さず公開します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
現在の購読者数135人 いいね!248人
(12月31日までにメルマガ購読者数と
facebookいいね!数合わせて400人!)



いつも
本当にありがとうございます。


下町ロケット、特に佃製作所が
大好きなことで有名な鎌形です。


改めまして、

火曜日担当、絶好調!!

まるの鎌形です。




2015年も残すところあとわずか。


あと10日弱です。


残り、224時間をどう使いますか?


悔いのないように一瞬一瞬を

大切にしましょう。



今が上手くいっている人・・・



上手くいっている時にこそ、
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

いざという時の準備をしておくといいですよ。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


上手くいっている今しか出来ない準備があるはずです。

上手くいっている今が一生続くことなどありえません。

必ず、波が起こります。

その波にうまく合わせる準備をしておきましょう。






今まさに問題にぶち当たっている人、

今がどん底だという人・・・



大丈夫。



過去は変えられないけど、

これから先の未来はいくらでも自分で変えれる。




私はどん底から、立ち上がって約2年弱。

【今を生きる】と決めてからは、

本当に楽しい日々です。




問題やトラブルはなくなりませんが(笑)

それすらも楽しめるマインドが出来た。




これは私の中の宝です。




どんな出来事も、どんな結果も、

それが良い事でも、悪い事でも、

全てを受け入れられるようになりました。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^



そして、

私は、前に進み続けることが

出来るようになりました。





なぜ私はそのように変わることが出来たのか?




今日は、その答えを配信していきます(^^)



社員さんとの関わり方にも、

直結してくるお話です。



それでは、そんなこんなで、

本日もスタート!!



─┤インデックス├─・──・──・──・
【1】不完全な自分を認める。
   自分を認められなければ、
   人を認めることは出来ない。
─・──・──・──・──・──・──・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】不完全な自分を認める。
   自分を認められなければ、
   人を認めることは出来ない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私が最近、とても悩ましく思うこと。



それは、

うちの社員は出来が悪い。
^^^^^^^^^^^^^^^^^

うちの社員は使えない。
^^^^^^^^^^^^^^^^

うちの社員は信用できない。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^




そんなマイナスな言葉を平気で発する

経営者、経営幹部が多いということ。




これはとてもショックなことです。




そもそもです。



社員さんのことを悪くいう経営者というのは、
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

自分の無能さを表に出しているに等しいです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^




だってそうでしょう。




自分の人を生かす力の無さを

社員さんの能力の無さとして

すり替えているだけです。





そんな会社で誰が働きたいと言うんでしょうか?



私ならば、絶対にそんな会社では働きたくありません。







まさしく、

下町ロケットでいうところの、

サヤマ製作所です。

※小泉孝太郎さん扮する椎名直之社長の会社です。



人を能力でしかみない。

無能な人間はいらない。という会社。



それに近い会社、


現実社会にもかなりあると思います(*_*)





一方で、

佃製作所のような

人の能力を引き出す魅力的な会社もあります。

※阿部寛さん扮する佃航平社長の会社です。




佃製作所は逆で、


社員さんを信じる
^^^^^^^^^^^^

社員さんを認める
^^^^^^^^^^^^

社員さんを誇りに思う
^^^^^^^^^^^^^^^



そんな魅力的な会社で、

社員さんが生き活きと、

自分の役割を果たしながら自己成長し、

世界品質の技術力を持っています。







このサヤマ製作所と、佃製作所。


何が違うんでしょうか?





私が痛烈に感じた差は


■■■■■■■■■■■■■■
経営者が不完全な自分を
認めているかどうか。
■■■■■■■■■■■■■■



です。



これはとても重要なポイントなので、

もう一度、


■■■■■■■■■■■■■■
経営者が不完全な自分を
認めているかどうか。
■■■■■■■■■■■■■■




これがとても重要です。




佃社長は、自分を認めており、
椎名社長は、自分を認めていない。





自分を認めている・認めていないことが
どうして、経営や社員さんに対する関わり方に影響が出るのか。



それは、

自分を認めていないと、
^^^^^^^^^^^^^^^^

人(社員さん)を認めることが出来ないからです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^



つまり、

自己承認の低い人が経営者や経営幹部にいると、



社員さんを認める前に、
^^^^^^^^^^^^^^^^

私を認めてよ!!
^^^^^^^^^^


となります。





経営者や経営幹部が、

社員さんを認めることが出来ない会社。



これは働いていて相当辛いですよ。




人は誰でも
^^^^^^^^
認められたいという、
^^^^^^^^^^^^^^
承認欲求を持っています。
^^^^^^^^^^^^^^^^^



この承認欲求が満たされない会社は

本当に辛い。




社員さんは、

もっと認めて欲しい。

もっと自分を見てほしい。

もっと自分の頑張りを知ってほしい。



そんな風に思うものです。






経営者や経営幹部が、

自分を認めることが出来ていないと、

社員さんに対してこうゆう発言が出てきます。



「 私のほうがやってる。
  もっとやれよ。    」



「 なんで私の方が認めて欲しいのに、
  あなたを認めないといけないのよ。 」


「 あなたは私に比べればやっていない。ダメ。 」




つまり、

社員さんを認める前に、
^^^^^^^^^^^^^^^^
私を認めて!!
^^^^^^^^^^



となるわけです。




だからです。



自己承認の低い経営者や経営幹部は、

■■■■■■■■■■■■■■
不完全な
自分を認めましょう。
■■■■■■■■■■■■■■




もう一度、重要なので、



自己承認の低い経営者や経営幹部は、

■■■■■■■■■■■■■■
不完全な
自分を認めましょう。
■■■■■■■■■■■■■■







まずは自分自身を認めましょう。


自分を責めないで、

許してあげましょう。



自分のずるさや不誠実さ、

頭脳や体力、音感、技術の低さ、

いいところも問題点も

全部含めて自分なんです。




すべてがセットで

この世に存在しています。


自分のできないところばかり見ないで、
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
自分のいいところを伸ばそう!と考えてみませんか。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^





人間なんて、

そもそも不完全ないきものです。



不完全ゆえにこの世に生まれてきた。



その不完全さを完全に認めた生き方が、
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
「等身大に生きる」ということなんです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^




愛や自己承認に生きるとは、

その不完全な自分を認めて、

ひとつひとつを消化させていく生き方です。





まず、あなたがやらなければならないことは、

自分を愛すること、認めること。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^



そしてそれが出来たなら、



家族を愛すること、認めること。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


そしてそれが出来たなら、


社員さんや友達を愛すること、認めること。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^



そしてそれが出来たなら、


社会を愛すること、認めること。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


地球を愛すること、認めること。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


にまで広がっていくんです。







だからです。



まずは自分です。




まずは自分を愛しましょう。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^



まずは自分を認めましょう。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^






人の上にたつ、

経営者や経営幹部だからこそ、

これが大事です。





皆さんには、無限の可能性がある。



そして、

皆さんの元で働く社員さんにも

無限の可能性があります。




その可能性を広げられるかどうかは、
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
皆さん次第ですよ。
^^^^^^^^^^^^^









皆さん自身の


いいところはなんですか?



問題点はなんですか?



コンプレックスはなんですか?



好きな所はどんなところですか?



嫌いな所はどんなところですか?







出来てきた答え、全てが自分です。



その全てを受け入れましょう。


そして認めましょう。


愛しましょう。




皆、不完全です。




私なんて不完全すぎて

どうしようというぐらい出来ないことが多い。



でもいいんです。



それも含めて愛すべき自分です。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^









まるの経営方針の一つに

全社員の物心両面の幸せを追求し、
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

人の自己尊重感を満たし、
^^^^^^^^^^^^^^^^^^

自分が好き、会社が好きという人を輩出する。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


というものがあります。




人は、自分が尊重されていると思った時、

自分が大切にされていると思った時、

自分が好き、会社が好きと思った時、

とてつもない力を発揮します。








ぜひ、お願いです。



まずは、自分自身を認めてあげてください。


愛してあげてください。







本日はここまで!



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最後までお読み頂き有難う御座います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「この記事がいいな!」と思ったら
ぜひ、あなたの周りの以下のような方々に
このメールマガジンをご紹介下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


□利益はあるのに、心がいつも穏やかではない。
□仕事は楽しいけど、経営は楽しくない。
□いつも焦燥感に悩まされている。
□自分のことは誰にもわかってもらえない気がする。
□スタッフさんと自分の方向性に温度差を感じる。
□人が長続きしない。
□人が育たない。育て方が分からない。
□ギスギスした雰囲気で承認する風土がない。
□社員さん・スタッフさんと対立している。
□未来に向けた漠然とした不安がある。
□この先、5年、10年と同じ状態で良いのだろうか?
□やりたいことはあるけど、形にできない。
□アイディアを出し、温める時間がない。
□自分の時間を持てていない。
□サービス、商品には自信があるが、売上が伸びない。
□どうやってサービスや商品を打ち出せばいいか不明。
□売上は上がっているけど、利益が残らない。
□集客やリピート化が上手くいかない。
□いつも経済的な不安がつきまとう。
□売れる仕組み、勝てる仕組みがわからない。
 どうしていいのかわからない。
□経営者がいなくなった途端、会社が回らなくなる。


ご友人の方が、配信登録するには
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/

まるのアウトプットメルマガの過去バックナンバー
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/バックナンバー-1/



いつも、皆様からの応援メッセージに
心から励まされております。

まるへのご質問・ご意見はこのメールにそのまま
ご返信いただければ送信できます。



※フィードバックは大歓迎です。
悩みや問題をいただければ、それに対しての回答も
出来る限りさせていただいております。

スケジュールの関係ですべてのメールに
返信はできないかもしれませんが、
全てのメールを拝見させて頂いております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●まるのホームページ
http://www.maru-nagoya.jp/


■■■■■■■■■■■■■■
まる50人社長計画
↓↓
http://goo.gl/ZOVSqk
実現したいけど止まっている方へ。まるで夢実現を全力で応援します!
■■■■■■■■■■■■■■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【愛と感謝で世の中をまるくする】

なお、まるのアウトプットメルマガの文章は、
ブログ・ミクシー・HP等々で
転記はご自由に行って頂いて結構です。
コピーライトはフリーですので、コピーしてご使用ください。

ただ、転記の際は、出典元アドレスの明記をお願い致します。

【出典元アドレス】まるのアウトプットメルマガ:
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●メールマガジンが届かない、届かなくなった方へ
稀にドメイン拒否やなりすまし規制、迷惑メールフォルダへの
自動振り分けで、メールが届かなくなることがあります。
その場合には、以下のページを参照して解消して下さい。
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/メールマガジンが届かない方へ/ 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メールマガジン: まるのアウトプットメルマガ
発行者: 鎌形忠史 / ATSUSHI KAMAGATA ( まる )