第138回【相手を変えることを一生懸命頑張っていないか?】

第138回【相手を変えることを一生懸命頑張っていないか?】

【まるが愛と感謝で世の中をまるくする】

毎週火曜日、金曜日に定期配信!
経営者、事業主向けのまるのアウトプットメルマガ。
勝てるビジネスモデルや売れる仕組みの作り方、
リーダー育成や強い組織の作り方、
経営者がもっておくべき能力とその磨き方、
思考法・仕事術まで、
現場主義で得たノウハウを包み隠さず公開します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
現在の購読者数118人
(6月30日までに200人目標!でしたが、結果118人
 9月30日までに300人目標!にパワーアップします!)



いつも
本当にありがとうございます。





まるの島田です。




最近、「受け入れる」がマイブームです。



先日大阪に行ったら、
34歳シングルマザーっぽいと言われました。



どんな雰囲気やねん!!!と思いましたが、
年齢=背番号と考えている自分です。
気にしない性格+「受け入れる」がブームなので、
どこまで演じれるか試してみました。




年齢詐称って案外頭使いますね。
昭和何年生まれか、その時のブームは何か、
干支など情報を知らないと演じきれません。



結婚詐欺や年齢詐称をしている人って
緻密に計算しているのか?(・・*)
と考えさせられました。



みなさんも知らない土地に行った際は、
受け入れてみてください。(笑)

いつもと違う脳を使いますよ。










それでは第138回、お届けします。
本日もスタート!!



─┤インデックス├─・──・──・──・
【1】相手を変えることを一生懸命頑張っていないか?
【2】心がいっぱいだと入ってこない

─・──・──・──・──・──・──・
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】相手を変えることを一生懸命頑張っていないか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人の教育が難しい。
相手が何を考えているのかわからない。





こんな相談をいただくことが増えています。




確かに難しいです。




人・物・金は
いつでも悩みのタネです。







人の問題のご相談の中で、私が一つ、
自信を持って言えることがあります。





それは、

【  人を簡単に変えることは出来ません。  】


むしろ、

【  できないと割りきって下さい。     】




好みのタイプを、
三代目J Soul Brothersのような完全ムキムキタイプから、
名脇役の温水洋一(=通称ぬっくん)に変えろ!と言われても、




ごめんなさい。
生まれ変わったら努力します。


というレベルです。









仕事も一緒。

ぶっきらぼうで、淡々とこなしているスタッフに対して、
愛想よくニコニコ仕事をしろ!と言っても、
すぐに変わることは無いでしょう。




しかし、
「相手が変わったな〜」と
いち早く気づく方法があります。








【  自分が変わる  】

ということです。






大人になればなるほど、
変化を嫌う傾向にあります。




変化をするということは、
今いる「安定の地」から
まだ見たこともない、
「不安定な地」へ行くからですね。






あなたが社長であっても、
管理職であっても、
有名人であっても、
無人島へ行ったら、あなたは
ただの「日本人」なんです。




安定した地=今いるところ
不安定な地=無人島
です。






もしあなたが無人島へ行ったら
役職も地位も名誉もありません。




「俺はすごいんだぞ〜!!!」と
MAXに張り上げても、気づいてくれるのは、
たまたま上空を通過した鳥だけです。




相手がいるから、自分という立ち位置ができる。
相手がいるから、嬉しかったり、悲しかったり、イライラしたり、
様々な感情が出てくるのです。





組織は人がいるから成り立つ。
だから、「人」で悩む。







悩んだっていいじゃないですか。




でも、それを「環境のせい」
「人のせい」にしてはいけません。




自分が変わるということは、
時間もかかります。



自分が変わったと気づくのは、
実は、周りに対しての見え方が
「変わる時」でもあります。




「なんか最近変わりましたね」
「発言が変わりましたよね」




こんな言葉が周りから言われるようになったら、
あなたは確実に変化している証拠。
自分が変わったというのを評価するのは
自分ではなく「相手」。




自分が変わることをしないで、
環境や人のせいにばかりしていないだろうか。




条件や権利や立場を主張して、
自分を守ることばかり主張し、
自分を守っていないか。






最近、
相手を無理に変えようとして、
疲れている人があまりにも増えている気がしてなりません。







あなたはあなた。
相手は相手。




あなたが変わることで、
受け取り方も見え方も大きく変わりますよ。






まずは、あなたの中から
マイナス言葉排除運動をしてみませんか?



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【2】心がいっぱいだと入ってこない
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

昔の童謡で
「むすんでひらいて」って覚えていますか?



==============
むすんで   ひらいて
手をうって  むすんで
またひらいて 手をうって
その手を上に
==============

んー。
文字で書いてみると「?」ですね。



私は「おにぎりを作る時」の歌だと、
ずっと思っていました(笑)






これ、実は深い意味があるってご存じですか?





これは「結んだら開きなさい」ということを例えています。





つまり、「過去に掴んだものがあったら手放しなさい」
ということを。



人は過去の栄光があるとついつい、
「昔はよかったな〜」
「あの頃は何でもできたな〜」
「若い時は体バキバキでモテモテだったな〜」
と過去にすがってしまいます。




過去に付き合ったことのある女性を、
「アイツはまだ俺のことが好きなはずだ!」と勘違いし、
元カノが結婚するという噂を聞いて、
「なんでだ!!」とポツンと悲しくなる男心。





過去の恋愛を脳内に「フォルダ保存」する男性脳に対して、
女性は「上書き保存」をすると言います。





男性がフォルダ保存してしまうのは、
男性の遺伝子的が持つ「子孫繁栄」の仕業だそうです。





過去は過去。
今は今。






過去の栄光は「過去」のもの。





「結んで開いて」=つかんだものを離したら、
「手をうって」 =手を叩いて喜んで、
「むすんで」  =また掴んで。
「またひらいて、手をうって」=繰り返し、
「その手を上に」=全てを手放して万歳ヽ(=´▽`=)ノヽ(=´▽`=)ノ







これは全てを手放したら、
また新しいものが、入ってくるよ。
ということなんですね。




過去にすがりついていると、
心がいっぱいで、
新しいことが入ってくる余裕もない。





いいものがあると、すぐに掴んでしまう。
でもそれを掴んだら、離しましょ。



離すことで、
「新しい縁や違う縁に出会える」ということです。






心がいっぱいいっぱいなら、
一度離すこともしてみては?





ということを小さい時から童謡を通して
教えてくれていたんですね。








過去にすがっている人や、
過去の栄光自慢BOYS&WOMENが周りいたら、
口笛でまずはそっと近づいてみてください。






次は、鼻歌で近づいて。





そして
「む〜す〜ん〜で、ひぃ〜らぁ〜い〜て〜♪」と
口ずさんでみてはいかがでしょう。




そしたら、おのずと
「なんか最近、その歌ブームですか?」
と聞かれるでしょう。





そうしたら、


「君に送る歌なんだ」(´-`)キラリ☆



と言ってみてください。




「どういう意味?!(@_@:)!?」





と相手は気になること間違いなしです!!




案外、「え!そんな意味があったの?!」と
小さい頃から知っているはずの歌に隠された秘密がわかると、
過去をスッと手放して、次の一歩へ
導くお手伝いができるかもしれませんね。





難しい指摘より、
昔の歌から学びを得てもらう方法です。






本日はここまで!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最後までお読み頂き有難う御座います。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「この記事がいいな!」と思ったら
ぜひ、あなたの周りの以下のような方々に
このメールマガジンをご紹介下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


□利益はあるのに、心がいつも穏やかではない。
□仕事は楽しいけど、経営は楽しくない。
□人が長続きしない。
□人が育たない。育て方が分からない。
□いつも焦燥感に悩まされている。
□承認する風土がない。
□誰にもわかってもらえない気がする。
□社員さんに自分の気持ちが伝わっていない気がする。
□売れる仕組み、勝てる仕組みがわからない。
 どうしていいのかわからない。
□商品やサービスは良いのに、営業が嫌いで売り込みが出来ない。
□売上は上がっているけど、利益が残らない。
□経営者がいなくなった途端、会社が回らなくなる。
□アイディアを出し、温める時間がない。
□新しいことを始めたいけれど、
 自分の時間がコントロールできない。


ご友人の方が、配信登録するには
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/

まるのアウトプットメルマガの過去バックナンバー
⇒http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/バックナンバー-1/



いつも、皆様からの応援メッセージに
心から励まされております。

まるへのご質問・ご意見はこのメールにそのまま
ご返信いただければ送信できます。



※フィードバックは大歓迎です。
悩みや問題をいただければ、それに対しての回答も
出来る限りさせていただいております。

スケジュールの関係ですべてのメールに
返信はできないかもしれませんが、
全てのメールを拝見させて頂いております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●まるのホームページ
http://www.maru-nagoya.jp/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【愛と感謝で世の中をまるくする】

なお、まるのアウトプットメルマガの文章は、
ブログ・ミクシー・HP等々で
転記はご自由に行って頂いて結構です。
コピーライトはフリーですので、コピーしてご使用ください。

ただ、転記の際は、出典元アドレスの明記をお願い致します。

【出典元アドレス】まるのアウトプットメルマガ:
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●メールマガジンが届かない、届かなくなった方へ
稀にドメイン拒否やなりすまし規制、迷惑メールフォルダへの
自動振り分けで、メールが届かなくなることがあります。
その場合には、以下のページを参照して解消して下さい。
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/メールマガジンが届かない方へ/ 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メールマガジン: まるのアウトプットメルマガ
発行者: 島田菜々絵 / NANAE SHIMADA ( 株式会社まる )