第118回【部下のやる気を引き出す、給与以外の魅力がありますか?】

第118回【部下のやる気を引き出す、給与以外の魅力がありますか?】

【まるが愛と感謝で世の中をまるくする】

毎週火曜日、金曜日に定期配信!
経営者、事業主向けのまるのアウトプットメルマガ。
勝てるビジネスモデルや売れる仕組みの作り方、
リーダー育成や強い組織の作り方、
経営者がもっておくべき能力とその磨き方、
思考法・仕事術まで、
現場主義で得たノウハウを包み隠さず公開します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
現在の購読者数108人
(6月30日までに200人目標!)

いつも
本当にありがとうございます。


まるの鎌形です。



第118回、お届けします。


皆さん、おはようございます!


先週一週間は、
地元の千葉で、
ゆったりとした日々を送りました。


私は独立をしてから、
ずいぶん、親と過ごせる時間が増えました。


まだまだ長生きはしてもらうつもりですが、
これからも親との晩酌や、会話を
大事にしていきたいと思います(^^)


親にも良い報告ができましたし、
墓参りに行き、ご先祖様にも報告ができました。


ゆっくりお酒を飲み、
普段話せないことや、
自分の歴史についても
知ることが出来て、身も心もリフレッシュです。



親や兄弟の存在って本当に大きいですよね。


特に、
親に関しては、
【 無償の愛 】をくれます。


どんなことでも、応援してくれるし、
どんなことでも、認めてくれる。


こうゆう存在は、
自分に自信をくれるんですよね。



だから、こういった時間も、
自分の生産能力を上げるのに、
必要な時間です。



まるでは、
【 実家帰省補助制度 】を
取り入れていく予定です。



実家に帰省した際、交通費が支給します。
単身赴任者は月に1回、
独身者は2か月に1回まで支給。



親からの無償の愛をもらうことで、
その人が本来持っている力は
もっともっと開花するはずです。



私がどん底の人生だと感じていた、
先の見えない真っ暗闇の中から救ってくれたのも、
【 無償の愛 】でした。


自分は愛されていないんじゃないか?という不安がある人は、
精神的な異常を起こすことだってある。


無意識に自分の能力にブロックがかけてしまうこともある。


もうどうにでもなれ!と無理をすることだってある。


私も実際そうでした。



でもね、
一人でも、
自分に無償の愛をくれる人がいれば、
それだけでとても幸福になれるんです。


それだけで、
目の前の景色ががらっと変わるんです。


なんでも出来る。という気になれるんです。


とてもありがたいことです。



愛を伝える為には、
まず、自分達が愛を感じないと
いけません。



だから、
まるの社員には、
家族を大事にして欲しい。


親の無償の愛を感じて欲しい。


そう思います。



と、
少し熱くなってしまいましたが、、、
この辺で切ります。(笑)


それでは、本日もスタート!!



─┤インデックス├─・──・──・──・
【1】部下のやる気を引き出す、
   給与以外の魅力がありますか?
─・──・──・──・──・──・──・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】部下のやる気を引き出す、
   給与以外の魅力がありますか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



皆さんの会社には、
給与以外に、
部下のやる気を出す魅力がありますか?




以前のメールマガジンで、
こんなことを書きました。↓↓
第41回【見えない給与を欲する若者たち】
http://goo.gl/pDxJlG



これね。

大事だと思ったので、
もう一度、同じようなテーマでお伝えします。


特に、20代、30代の人たちの
やる気を上手く引き出せていないなー。

という経営者さんには、
非常に有効な手法だと思います。



私のマーケティングの師匠である
石原明さんの書籍で詳しく語られています。

書籍:トップ3%の人だけが
   知っている仕事のルール
著者:石原 明
2013年11月発行

本の紹介ページ
http://goo.gl/PJmCzl

※もうKindle版しかないみたいです(^_^;)

Kindleをお持ちの方は是非ご一読を!





今の若者は、
お金だけではやる気を維持出来ません。


特に、
今の20代~30代の人たちにとって、
給与は一時的な刺激にはなっても、
長くやる気を保つための
魅力にはならないんです(*_*)




なんでもあるのが当たり前、
食べることに困ったことのない
裕福な世代ですので、
お金に換算できる物質的な豊かさは
幸せに直結しなくなっています。



実際に、
私も含めて、
私の周りの人間は、
お金だけでは動きません。




【 もっと給与をやるから
  もっと責任をもて!  】


とか、

【 もっと給与をやるから
  もっと頑張れ!    】



こうゆう言葉だけではなかなかやる気を維持できません。



おそらくほどんどの若者が
お金だけで社員のやる気を引き出そうとする
経営陣に嫌気がさすと思います。




はぁー、、、またお金お金って。。。
本当に全然俺たち社員のことがわかってないなー。


というような状況に
陥っているかもしれません(*_*)



【 見える給与
      = お金 】
だけでは、社員のやる気は引き出せないんです。



【 見えない給与
   = 形のない報酬 】

があって初めて、
社員のやる気は維持されます。




今の若者は、
【 誰かの役にたちたい 】
【 社会の役に立ちたい 】
【 感謝されたい 】
【 称賛されたい 】
【 承認されたい 】


そんな
見えない給与にやる気を出すんですね。



別に難しいことではありません。


月に一回、
【 月間MVP 】と題して、
皆の前で成績優秀者を表彰してあげるのもいいと思います。


【 今月の大黒柱さん 】と題して、
皆の前で影で業務を支えてくれた社員を労ってあげるのもいいと思います。


【 笑顔大賞 】と題して、
皆の前で笑顔が素敵なムードメーカーの社員を褒め称えてあげてもいいと思います。


【 サンキュー大賞 】と題して、
皆の前でお客様から感謝された行動をした社員を称賛してもいいと思います。


【 社長の今月の右腕 】と題して、
皆の前で右腕として、社長を補佐してくれた社員に感謝を伝えてもいいと思います。




【 皆の前で 】というのがミソですよ。
称賛ですからね。称賛!




他にも、
社員の誕生日に、
その親御さんに、

【 あなたの息子は、
  この前も、会社が一杯一杯な時に、
  自分の身をコナにして仕事をしてくれて、
  窮地を救ってくれました。本当に助かっています。
  お母さん、産んでくれてありがとう。       】

とメッセージを送ってもいいと思います。



仲の良いお客様に、
【 うちの●●をもっと、
  自信を持たせて、成長させて、
  会社の中心人物にしたいから
  ●●の仕事ぶりで褒めれるポイント、
  あと、ここを改善したら
  もっと良くなるポイントを
  教えてくれませんか?        】

なんてふうに社員さんの評判を聞いてみて、
それを伝えてあげてもいいと思います。




自社のサービスを使って喜んでいる
【 お客様の声をひたすら集めて共有して 】
あー、私達のやっている仕事は
こんなにも人の役に立っているんだ!とか、
こんなにも喜んでもらえているんだ!と
社員さんに実感してもらうのもいいと思います。



こうゆうことをすると、
びっくりするぐらい、
社員は変わりますよ。



え、これまで君、
なにしてたの???
というぐらい
変わる人だっています(笑)




見えない給与は
アイデア次第で、
いくらでも与えることが出来ます。


そして、
見えない給与を感じさせるのに、
お金はほとんどかかりません。



経営者やリーダーが時間をかけて、
自分の為にこんなことを用意してくれた。


その事実だけでも
嬉しいものです。





【 会社組織を大きくする、安定させるのは
  経営者ではなく、社員の仕事です。   】



だとすれば、

社員にいかにやる気を維持して
働いてもらえるか?


を考えるのは、
経営者の仕事だと思うんです。



そして、
一番経営者がしなければならない仕事は、


【 未来の利益を
  作り出す為の種を
  つくること    】



そのためには、
現場に入っている時間は減らしていかなければ
いけないですし、
外に出ていかなければなりません。



なによりも、

【 社員のやる気を維持して、
  仕事を出来るかぎり任せることです。 】




大抵の場合、
経営者が現場に出れば、
何かと口を挟みたくなるもんだから、
社員としては
やりにくいったらありゃしません。



社員が経営者より
やる気がないのは当たり前です。


経営者が背負っている危機感と、
社員が背負っている危機感は
全然違います。



50%ぐらいの
やる気を出してくれたら
御の字じゃないでしょうか?



でも、
任せて承認し続けることで、
気づくと思います。





あ、


やる気になった社員って、
自分よりも優秀なのねって…(笑)




経営者には、
演出家、プロデューサー的な
要素が必要だと思います。



どんどん、社員さんのやる気スイッチを入れて、
才能を開花させる
【 プロデューサー 】になってみては
いかがでしょうか?



本日はここまで!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最後までお読み頂き有難う御座います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「この記事がいいな!」と思ったら
ぜひ、あなたの周りの以下のような方々に
このメールマガジンをご紹介下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


□利益はあるのに、心がいつも穏やかではない。
□仕事は楽しいけど、経営は楽しくない。
□いつも焦燥感に悩まされている。
□自分のことは誰にもわかってもらえない気がする。
□スタッフさんと自分の方向性に温度差を感じる。
□人が長続きしない。
□人が育たない。育て方が分からない。
□ギスギスした雰囲気で承認する風土がない。
□社員さん・スタッフさんと対立している。
□未来に向けた漠然とした不安がある。
□この先、5年、10年と同じ状態で良いのだろうか?
□やりたいことはあるけど、形にできない。
□アイディアを出し、温める時間がない。
□自分の時間を持てていない。
□サービス、商品には自信があるが、売上が伸びない。
□どうやってサービスや商品を打ち出せばいいか不明。
□売上は上がっているけど、利益が残らない。
□集客やリピート化が上手くいかない。
□いつも経済的な不安がつきまとう。
□売れる仕組み、勝てる仕組みがわからない。
 どうしていいのかわからない。
□経営者がいなくなった途端、会社が回らなくなる。


ご友人の方が、配信登録するには
⇒http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/

まるのアウトプットメルマガの過去バックナンバー
⇒http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/バックナンバー-1/



いつも、皆様からの応援メッセージに
心から励まされております。

まるへのご質問・ご意見はこのメールにそのまま
ご返信いただければ送信できます。



※フィードバックは大歓迎です。
悩みや問題をいただければ、それに対しての回答も
出来る限りさせていただいております。

スケジュールの関係ですべてのメールに
返信はできないかもしれませんが、
全てのメールを拝見させて頂いております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●まるのホームページ
http://www.maru-nagoya.jp/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【愛と感謝で世の中をまるくする】

なお、まるのアウトプットメルマガの文章は、
ブログ・ミクシー・HP等々で
転記はご自由に行って頂いて結構です。
コピーライトはフリーですので、コピーしてご使用ください。

ただ、転記の際は、出典元アドレスの明記をお願い致します。

【出典元アドレス】まるのアウトプットメルマガ:
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●メールマガジンが届かない、届かなくなった方へ
稀にドメイン拒否やなりすまし規制、迷惑メールフォルダへの
自動振り分けで、メールが届かなくなることがあります。
その場合には、以下のページを参照して解消して下さい。
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/メールマガジンが届かない方へ/ 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メールマガジン: まるのアウトプットメルマガ
発行者: 鎌形忠史 / ATSUSHI KAMAGATA ( まる )