第115回【「振り返り」「見直し」が必要な理由】

第115回【「振り返り」「見直し」が必要な理由 】

【まるが愛と感謝で世の中をまるくする】

毎週火曜日、金曜日に定期配信!
経営者、事業主向けのまるのアウトプットメルマガ。
勝てるビジネスモデルや売れる仕組みの作り方、
リーダー育成や強い組織の作り方、
経営者がもっておくべき能力とその磨き方、
思考法・仕事術まで、
現場主義で得たノウハウを包み隠さず公開します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
現在の購読者数102人
(6月30日までに200人目標!)

いつも
本当にありがとうございます。

まるの島田です。




突然ですが、

「ドゥーラ」

この言葉聞いたことありますか?




ドゥーラの意味は、「他の助成を支援する、経験豊かな女性」
家政婦でもなく、家事代行でもなく、
母親目線で資格を持った女性が、
母親をサポートするサービスです。



最近、メディアにも多く取り上げられています。



介護士や看護師でシングルマザーの方、
実家が遠く、親にも保育所にも預ける場所がない人にとって、
今、都心を中心に需要が伸びています。



家事代行だけだと、子守や子育ての対応は別という
判断なので、「なかなか子供のことまでは頼みづらい」
というお声がありました。




一方、ドゥーラは、資格を得た母親経験のある方がが行う仕事なので、
母親目線のきめ細やかな対応が可能です。




ドゥーラとなる方は、社会にブランクがある主婦の方にも
良い社会復帰の機会になりますし、
出産経験のある女性の強みを活かせるビジネスです。






働く女性が増えた社会に、適応した
WIN-WINのビジネスですね。



これから、「共働き世代」が必要とするビジネスが
ますます加速することでしょう。

  





私も共働き世代の働く現場から、
需要と供給を結びつけるビジネスを
考案中です!







それでは第115回、お届けします。
本日もスタート!!



─┤インデックス├─・──・──・──・
【1】未来を忘れないためのgoogleカレンダー利用術
【2】生涯年収2億円の差は働き方見直しにあった?
─・──・──・──・──・──・──・
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】未来を忘れないためのgoogleカレンダー利用術
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私は移動をほとんど公共交通機関を使っています。
読書の時間やふとしたアイデアが浮かぶ最高の場所です。




特に、気になったことが、
移動中に目につく「広告」。




前職の仕事柄(HPの営業をしていました)
広告を意識して見てしまいます。




なんでこの色を使っているんだろう・・・?
なんでこのキャッチコピーなんだろう・・?
駅前看板はこのくらいの費用だから、サイズ的にはこの金額かな。
この業種で電子看板は画期的!!
これ本当に効果あるのかな・・・・!?
と。




特に怖いな・・・と思って気づいたことが、

【   見直しをせずに、放置している   】

ということです。



駅前看板や野立て看板、音声案内、
地域誌、折込広告などの広告戦略を使っているかと思います。



それはITだけに頼らずに、ターゲット層の脳の片隅に無意識に思い出してもらう戦略です。
最近、歩道橋に書いてある企業の名前もその一つですね。




名古屋市では「歩道橋ネーミングライツパートナー」と言って
3年間で月2万5千円以上で随時募集しています。



↓こんな歩道橋みたことありませんか?
http://goo.gl/QRE8d1


そう。これです。

大阪では年額30万以上で掲載可能だそうです。
ネーミングが大阪らしいものもあります。
「よろこビックリ橋」ロート製薬株式会社 など。




これも一つの企業ブランディングですね。




話は脱線しましたが、
広告には、「やってみなければわからない」という
仕掛けがあります。




やってみたはいいものの、
放置していては、意味がありません。





移動中に思ったことがあります。
世の広告の中で、



【  広告が放置されている場合が多い  】

ということです。





電子音声案内が、間違ったタイミングで流れる。
1つ前のバス停で降りたら歩く時間は短いのに、
1つ手前で音声案内を開始している。


経営者はバスに乗って通勤しないからわかりません。







QRコードを野立て看板に貼っている。
(9割読み込まれません。運転中に携帯かざしませんよね)


スタッフは、身内の広告ほど見ません。







診療科目の標榜の経過措置があるのに、放置している。

例)大腸肛門外科 はNG
  大腸・肛門外科 はOK


一度、掲載したら見直しまで放置します。






アナログとIT戦略(HPなど)がマッチングしていない。

すでに掲載したことに満足をしてしまい、
振り返りはしない。







広告業者が見直し期間時期前に連絡をしてこない。
自動更新の場合は特に注意したいものです。








今、あなたが契約している内容は
本当にそのままで大丈夫でしょうか?






携帯電話の契約やインターネットの契約期間、
賃貸契約の契約期間なども自動更新さます。






時代の流れを読み取り、
最適な情報を手に入れ発信してかないと
”損”をしている事が多くあります。




損をしない、見直し時期を忘れないために、
オススメの方法があります。




それは、何か契約をした時は、



【  googleカレンダーに、
   未来の予定を書き込む   】

ということをです。







googleカレンダーは、リマインド設定という
「明日の予定は○○ですよ!!!」
と教えてくれる機能があります。





2年後の予定は今から立てておく。





目先の予定だけではなく、
1年後、2年後、3年後の予定も計画しておく。






未来の予定は先に立てることで、忘れることを防げます。







これは、google のCMでヒントを得ました。

まだ生まれて間もない娘に向けて、記録を残しておくために、
娘のメールアドレスを取得します。

父親が生まれてからの、日々の出来事を、
未来の成長した娘に今日の出来事を日記にしてメールをするんです。

20歳になり成長した娘は、
自分のメールアドレスの存在を知り、
メールの内容を見て、父親の愛情を知ります。
その時父親はこの世にはいません。







未来を考える重要性。
未来に忘れないためのITの活用。



ぜひ有効利用をオススメします。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】男性の「働き方見直し」で更に効率化
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

男性の育児休暇取得や、介護休暇など
男性の「働き方見直し」が社会的にも
取り上げられる時代に変わってきています。



・さんきゅーパパプロジェクト
(産後8週間以内の男性の育児休暇取得をしている男性を増やす取り組み)


・イクメンプロジェクト
(育児を楽しみ、自分も成長する男性を育てるプロジェクト



など様々な男性を巻き込んだプロジェクトが立ち上がっています。
その理由の背景には、




【  社会人構造的に見た、
   日本の労働人口の獲得が必須  】

だからです。




企業は気づいているかと思いますが、
定年退職を迎える世代がこれからどんどん増えていきます。






某大手グループ企業では、約3000人の定年退職者に対して、
新卒採用は90人という状態です。
2910人分の仕事が残った人に振りかかる。
するとどうなるか?




今度は残された人に、仕事が課されます。
さらには重労働、残業過多、精神疾患などが生まれ、
メンタル的な問題が降りかかります。





急に1人の能力がスーパーサイヤ人のように
パワーアップすることはありません。
残った人と新しく入った人でその穴埋めをしなくてなりません。






昔のように、労働力が余る程あった時代は変わり、
少子高齢化による、働き世代が減っている一方です。







今から、一気に子供を増やしましょう!!!と言っても
女性が人生で出産する数は2人以下です。







ではどうするか?





【  家庭にいる妻が社会に出たい  】

と思うような社会の変化が必須となります。






そのために必要なこと。


【  男性の働き方見直し   】 

です。





労働基準法の母性保護規定により、
出産した女性は産後8週間の間は原則として働くことができません。


出産後の母親には産後ケアが重要で、
母体を守る必要があるためとされています。


しかし、日本の母親の現状は
産後8週間内に職場復帰とまではいかないまでも、
家事、育児、場合によっては介護など
家事をせざるを得ない状況です。



【  最初の出産後、2人目を諦める  】

と思う理由は何だと思いますか?



↓ 参考)ベビータウン:2人目は無理OR欲しくない理由
http://goo.gl/obpkJ1





ダントツなのが、
「経済的な事情」です。




1)「 男性1人の一生の稼ぎ」
2)「 男女共働きの稼ぎ   」を比較した場合、




1)「男性1人の一生の稼ぎ」と2)「 男女共働きの稼ぎ 」の差は
『約2億円』と言われています。





私は、共働きをしやすい日本を作ることで、
日本の離婚率も変わると思います。


なぜなら、働く男性の気持ちを妻も理解できるから。
そして、男性は家事・育児の苦労を理解できるから。




お互いのことを理解する。




ただそれだけでも、
変わると思うんですよね。






生涯年収を考えた時、
男性1人で頑張るか?
夫婦一緒に頑張るか?





経営者は男性だけが活躍する職場が良いか、
男女が共に活躍できる職場が良いか、






今の環境を見直しをし、
現場の意見を聞いてみて、
社会にあった制度の見直し、
働き方見直しをしてみてはいかがでしょうか。






男性が、家計を守る。





これはこれで素晴らしいこと。






ですが、
お互いを理解するためには、
お互いの状況を理解するということが
一番ですよ。







あなたの家庭・職場は今のままで大丈夫でしょうか?





本日はここまで!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最後までお読み頂き有難う御座います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「この記事がいいな!」と思ったら
ぜひ、あなたの周りの以下のような方々に
このメールマガジンをご紹介下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


□利益はあるのに、心がいつも穏やかではない。
□仕事は楽しいけど、経営は楽しくない。
□人が長続きしない。
□人が育たない。育て方が分からない。
□いつも焦燥感に悩まされている。
□承認する風土がない。
□誰にもわかってもらえない気がする。
□社員さんに自分の気持ちが伝わっていない気がする。
□売れる仕組み、勝てる仕組みがわからない。
 どうしていいのかわからない。
□商品やサービスは良いのに、営業が嫌いで売り込みが出来ない。
□売上は上がっているけど、利益が残らない。
□経営者がいなくなった途端、会社が回らなくなる。
□アイディアを出し、温める時間がない。
□新しいことを始めたいけれど、
 自分の時間がコントロールできない。


ご友人の方が、配信登録するには
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/

まるのアウトプットメルマガの過去バックナンバー
⇒http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/バックナンバー-1/



いつも、皆様からの応援メッセージに
心から励まされております。

まるへのご質問・ご意見はこのメールにそのまま
ご返信いただければ送信できます。



※フィードバックは大歓迎です。
悩みや問題をいただければ、それに対しての回答も
出来る限りさせていただいております。

スケジュールの関係ですべてのメールに
返信はできないかもしれませんが、
全てのメールを拝見させて頂いております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●まるのホームページ
http://www.maru-nagoya.jp/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【愛と感謝で世の中をまるくする】

なお、まるのアウトプットメルマガの文章は、
ブログ・ミクシー・HP等々で
転記はご自由に行って頂いて結構です。
コピーライトはフリーですので、コピーしてご使用ください。

ただ、転記の際は、出典元アドレスの明記をお願い致します。

【出典元アドレス】まるのアウトプットメルマガ:
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●メールマガジンが届かない、届かなくなった方へ
稀にドメイン拒否やなりすまし規制、迷惑メールフォルダへの
自動振り分けで、メールが届かなくなることがあります。
その場合には、以下のページを参照して解消して下さい。
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/メールマガジンが届かない方へ/ 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メールマガジン: まるのアウトプットメルマガ
発行者: 島田菜々絵 / NANAE SHIMADA ( 株式会社まる )