第108回【ガス抜きの出来ない組織は崩壊する。】

【まるが愛と感謝で世の中をまるくする】

毎週火曜日、金曜日に定期配信!
経営者、事業主向けのまるのアウトプットメルマガ。
勝てるビジネスモデルや売れる仕組みの作り方、
リーダー育成や強い組織の作り方、
経営者がもっておくべき能力とその磨き方、
思考法・仕事術まで、
現場主義で得たノウハウを包み隠さず公開します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
現在の購読者数95人
(6月30日までに200人目標!)

いつも
本当にありがとうございます。


鎌形です。



第108回、お届けします。


皆さん、こんにちは!


大変恥ずかしながら、
久々にやってしまいました・・・。
風邪です^^;


身体が資本の仕事なのに、
ダメですね。


先週からの9日中、
8夜が会食。


さすがに身体に
来たってことでしょうか。


もう若くないですね(笑)


帰宅時に
手洗い・うがいは、
絶対にするんですが・・・、


自分の限界を知ることも、
必要だなー。と反省です。


もう少し、
抑えてスケジューリングします(笑)


皆さん、何か風邪予防にいい方法が
あれば教えて下さいm(__)m


ちなみに、
EXILEの皆さんは、
体調を崩さない為に、
日常生活では、
常に【 マスク 】を
装着されるそうです。



さすがのプロ意識。
尊敬です。


さて、本日は、
同友会の卒業式。


私が所属する、
名古屋第二青年同友会は、
若い経営者の集まりなのですが、
41才で卒業です。


皆で経営を学ぶ。
という姿勢の
同友会が私は大好きです。


一緒に学びたいという方、
一度、どんなところなのか、
遊びに来て下さい(笑)


本日は盛大に、
先輩方を送り出すために、
楽しんできます。

※(読者の声)この人、
      風邪ひいてるくせに
      反省しない人ね。




もちろん、
EXILEの皆さんを
見習って、
【 マスク 】着用で!!(笑)

※(読者の声)当たり前だろ!あほ!



・・・



それにしても
卒業式って珍しいですよね(^^)



副代表の島田も
いいこと書いてましたので、
チェックしてみてください。

第103回大人は卒業式がない-承認と感謝の重要性
http://goo.gl/mXCTIj



それでは、
そんなこんなで
本日もスタート!!



─┤インデックス├─・──・──・──・
【1】ガス抜きの出来ない
   組織は崩壊する。
【2】不安や悩みを聞き出す秘技
   ワンツーグループ
─・──・──・──・──・──・──・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】ガス抜きの出来ない
   組織は崩壊する。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



以前のメールマガジンで、

考える組織になるためには、

【 止まる時間が大切 】

ということをお伝えしました。


第98回止まる時間が大切↓↓
http://goo.gl/yDPYOp





止まる時間は、
考える組織になるためにも
必要なんですが、


それ以上に、

【 組織が崩壊しない為 】

にも必要です。



組織にガスが充満すると、
誰も生きていけなくなってしまいます。



ここでいうガスとは、
【 不安 】や【 悩み 】
です。



組織は必ず、
【 人で成り立っています 】


人と人とが
共存して進んでいくからこそ、
そこに【 不安 】や【 悩み 】は
必ず出てきます。


どんなに素晴らしい会社。
風通しの良い会社だとしても、
必ず【 不安 】や【 悩み 】が出ます。


だから、
【 ガス(不安・悩み)抜き 】

を怠ると、
組織にガスが充満し、
崩壊してしまいます。



組織において、
特に新人社員の人は、
なかなか不安を
自ら言うことが出来ません。


そして、既存社員は、
会社のことをある程度
わかっているので、


【 こう言っておけば
  まあ分かるでしょ  】


と、かなり楽観的に
わかったつもりで
新人社員と接して
しまいがちです。


そして、

【 なんでこんな
  簡単なことがわからないの? 】


と激怒され、
新人社員はますます、
自分の不安を
言えない状況へ陥っていきます。




そして経営者はというと、
そんな状況に気づかず、
ガスを貯め続ける。



【 働く社員がどうしたら
  前向きに働いてくれるのか? 】



【 働く社員がどうしたら
  不安や悩みを吐き出せるのか? 】



そういうことを考えるのって、
経営者の責任だと思うんです。




今の社会って、
本当に愛情不足、感謝不足です。


死んだような目をした社員さんが
たくさんいます。


なぜ、
それに気付かない。



不安を聴いてもらえる。

悩みを聴いてもらえる。

というのは、

その人にとっては、

【 承認 】されていることと

同じことです。



人は
【 承認 】されることで
【 愛情 】を感じます。




ぜひ、【 愛情 】を持って、
社員さんと接してあげてください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】不安や悩みを聞き出す秘技
   ワンツーグループ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


さて、


では
【 ガス抜き 】
をするための
具体的な方法をお伝えします。



社員がどこで悩み、
どんな不安を抱えているのか??


そういったものを
吸い上げる場所が必要です。


それが、

定例会議や個人面談の場でも
あったりします。



もちろん、
ただ、定例会議をしたところで、
社員の悩みや不安を
把握出来るわけではありません。



10人、20人単位の会議になれば、
よほど自己主張の強い社員でなければ、
発言はしませんし、
意見を吸い上げることは出来ません。


コツが必要です。


そのコツが

【 ワンツーグループ 】

という会議の仕方です。



これは、例えば、
参加者が12名の会議をするとします。


まずは小グループに分かれて、
3人、もしくは4人で会議を行います。


その時、
小グループには、
新人社員とベテラン社員を
分けて配置します。


そして、
そこで、議題を
話させるわけです。


小グループであれば、
自己主張の出来ない社員の
意見も吸い上げることが出来ます。


その時に、

【 新人社員がどんな悩みと
  どんな不安を抱えているのか??  】


について話しあってください。


そして、

【 出来るだけ新人社員の意見も
  否定はせずに
  まずは受け入れて下さい。   】



と案内をしておきます。



この時重要なのは、

【 経営者は、
  小グループには 
  入らないことです。 】



経営者がこのような議題の
会議に入ってしまうと、
萎縮して意見を言えない
社員が出てきてしまいます。



そして、
小グループでの
議論が終わった後に、


今度は、全体で報告をします。


小グループの代表者を1人決め、


その人が
小グループで出た意見を
全体に発言します。



そうすることで、
参加した社員全体の
意見、悩み、不安を
把握することが出来ます。



全てが解決出来ないにしても、
新人社員が何に悩み、
何に不安を感じているのか。


これを先輩社員が
把握出来るだけでも、
大きな進歩です。



あとは、

【 じゃあこの不安や
  悩みを解消する為には、
  どうすればいいんだろう? 】


ということを自然に
考えるようになります。


ちなみに、
これは他の議題でも
同じです。



議題を決め、
全員の意見を
吸い上げたいのなら、

【 ワンツーグループ 】



とってもオススメですよ(^^)





新人社員は、
とても不安に
なりやすいんです。


その時に思った不安も、
その場で相談出来るほど、
まだまだ主張も出来ません。



だから、
定期的に

【 ガス抜き 】

の時間が必要です。



社員が定着しない、
社員が最近増えた。

という経営者さんは、
是非試してみてください。



きっとたくさんの意見を
耳にして
驚かれると思いますよ。



本日はここまで!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最後までお読み頂き有難う御座います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「この記事がいいな!」と思ったら
ぜひ、あなたの周りの以下のような方々に
このメールマガジンをご紹介下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


□利益はあるのに、心がいつも穏やかではない。
□仕事は楽しいけど、経営は楽しくない。
□いつも焦燥感に悩まされている。
□自分のことは誰にもわかってもらえない気がする。
□スタッフさんと自分の方向性に温度差を感じる。
□人が長続きしない。
□人が育たない。育て方が分からない。
□ギスギスした雰囲気で承認する風土がない。
□社員さん・スタッフさんと対立している。
□未来に向けた漠然とした不安がある。
□この先、5年、10年と同じ状態で良いのだろうか?
□やりたいことはあるけど、形にできない。
□アイディアを出し、温める時間がない。
□自分の時間を持てていない。
□サービス、商品には自信があるが、売上が伸びない。
□どうやってサービスや商品を打ち出せばいいか不明。
□売上は上がっているけど、利益が残らない。
□集客やリピート化が上手くいかない。
□いつも経済的な不安がつきまとう。
□売れる仕組み、勝てる仕組みがわからない。
 どうしていいのかわからない。
□経営者がいなくなった途端、会社が回らなくなる。


ご友人の方が、配信登録するには
⇒http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/

まるのアウトプットメルマガの過去バックナンバー
⇒http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/バックナンバー-1/



いつも、皆様からの応援メッセージに
心から励まされております。

まるへのご質問・ご意見はこのメールにそのまま
ご返信いただければ送信できます。



※フィードバックは大歓迎です。
悩みや問題をいただければ、それに対しての回答も
出来る限りさせていただいております。

スケジュールの関係ですべてのメールに
返信はできないかもしれませんが、
全てのメールを拝見させて頂いております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●まるのホームページ
http://www.maru-nagoya.jp/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【愛と感謝で世の中をまるくする】

なお、まるのアウトプットメルマガの文章は、
ブログ・ミクシー・HP等々で
転記はご自由に行って頂いて結構です。
コピーライトはフリーですので、コピーしてご使用ください。

ただ、転記の際は、出典元アドレスの明記をお願い致します。

【出典元アドレス】まるのアウトプットメルマガ:
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●メールマガジンが届かない、届かなくなった方へ
稀にドメイン拒否やなりすまし規制、迷惑メールフォルダへの
自動振り分けで、メールが届かなくなることがあります。
その場合には、以下のページを参照して解消して下さい。
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/メールマガジンが届かない方へ/ 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メールマガジン: まるのアウトプットメルマガ
発行者: 鎌形忠史 / ATSUSHI KAMAGATA ( まる )