第89回【失敗しない本の選び方と、情報発信の壁の乗越え方】

【まるが愛と感謝で世の中をまるくする】

毎週火曜日、金曜日に定期配信!
経営者、事業主向けのまるのアウトプットメルマガ。
勝てるビジネスモデルや売れる仕組みの作り方、
リーダー育成や強い組織の作り方や、
経営者がもっておくべき能力とその磨き方、
思考法・仕事術まで、
現場主義で得たノウハウを包み隠さず公開します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
現在の購読者数79人
(6月30日までに200人目標!)

いつも
本当にありがとうございます。

 

まるの鎌形です。

 

第89回、お届けします。


みなさんこんばんは!

前回の吉田松陰の承認力、
そして、自発的な社員を育てるための
承認力の強いコーチング。

非常に反響がありました。


見逃した方はこちらをチェック↓↓

第88回【知らず知らずに作ってしまっているイヤな職場。今の時代の優秀な人材を育て、維持する方法とは?】
http://urx2.nu/g9FJ


やはり、
皆さん、【承認】ということが
できているようで、
できていないようです。

【経営は愛】

なんて言われたりもしますが、
まさしく、【承認】は【愛】です。


一番、根幹にあるべきものです。

子育ても組織運営も同じです。


【愛】がなければ、
いくら、マニュアルやスキル、
仕組みを作ったところで、
うまくいきません。

結局は、
【人】が組織を動かしている以上、
その根幹にあるべきは、【愛】

もっといってしまうと
【承認】なんだと思います。


■■■■■■■■■■■■■■
【愛】があってこその
スキル・マニュアル
■■■■■■■■■■■■■■

だと思います。

最近、なにかと世間を賑わせている
マクドナルドさんですが、
その世界最強チェーンを作った
レイ・クロックさんの本を最近
読みあさっています。


今や世界120カ国
3万店を超える店舗を持つマクドナルド。


やはり、
読めば読むほど、
マニュアルではなく、
その根底にあるのは
【愛】です。

分析と検証を元に作成した
何万個と連なるマニュアルも確かにスゴイ。


移民だろうが、
少数民族だろうが、
若年層だろうが、
パートやアルバイト、
 社員問わず即戦力化をする
教育機関、ハンバーガー大学もスゴイ。


ですが、
その根底にあるのは、
誰にでもチャンスを平等に与える愛。


どこの国の人間だろうか、
学歴がなかろうが、
男性だろうが、女性だろうが、
全ての人にチャンスを与え、
全ての人が、明確な評価をされ、
成長していく。


そうやって
レイ・クロックは
ハンバーガーではなく、
経営者を育成する仕組みを作った。


とても勉強になります。


飲食店経営の方や、
パート・アルバイトスタッフを活かしきれていない方、
利益率の低い仕事をされている方には、
とてもヒントになることが多いと思います。


書籍:世界最強チェーンを作ったレイ・クロックの5つの教え
著者:中園 徹
2013年3月 発行

本の紹介ページはこちら↓↓
http://urx2.nu/g9EF



そんなこんなで今日は、
【本】【情報発信の壁】をテーマにメールマガジンをお送りします。

本日もスタート!


─┤インデックス├─・──・──・──・
【1】本を買う時は、ネットで買うよりも
   書店で買うことがオススメ。
【2】情報発信ができない理由。
   ⇒1、社長やリーダーが現場にはいりっぱなし。
   ⇒2、インプットしたこと、
       アウトプットしたいことを忘れる。
   ⇒3、最初から10段階レベル中、10の情報発信を目指す。

─・──・──・──・──・──・──・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】本を買う時は、ネットで買うよりも
   書店で買うことがオススメ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日は本の話。


まるから、
毎月1冊、2冊のペースで、
本のご紹介をしています。


まるのオススメ書籍
http://urx2.nu/g9GA


これらの本は、
読者の経営者の皆さんに
少しでも勝てる仕組みを構築して頂くために
私自身が良いと感じた良書を
ご紹介しています。


毎回、ご紹介する度に
購入していただける社長もいらっしゃいますし、
そうでない方もいらっしゃいます。


もちろん、
購入するもしないも自由です。


状況も違えば、
今、一番必要な情報も
ちがうから当然です。


そこで、今日は、
皆さん自身にあった本を選ぶ方法。

失敗しない本の選び方を
お伝えします。


その方法とは、
■■■■■■■■■■■■■■
書店になるべく行き、購入する。
■■■■■■■■■■■■■■

ということです。


たしかに誰かにオススメされた本、
ネットで探してなんとなくいいなー。と思った本を
買っていくのもいいと思います。


しかし、ネットでは、情報の深堀りは出来ても、
情報の幅を広げることは難しいため、
どうしても偏った選択になります。

そして、今一番必要なものが
見つかりにくかったりもします。


もちろん、私も色んな方から、
いろんな本をオススメして頂くこともあるので、
それは素直に読みつつ、


今の自分に本当に必要な本

となると、ネットだけではなく、
書店に入って、書店を見回しています。


そして、
あ、この本が呼んでいる!(*_*)


みたいな感覚で、
自分が普段選ばなそうな本だったり、
直感的にこれは興味あるなー。
という本をとっています。

これがかなり、
自分の情報の幅を広げることに繋がります。


ちなみに私の場合は、
購入前に4箇所確認します。


まず、【著者のプロフィール】を確認します。

本の最後には、
必ず著者のプロフィールが載っています。

この人が実務出身の人なのか?
それとも、心理学者などの学者なのか?
どんなタイプの人なのか?
どんな分野を得意としている人なのか?
どんな経験をしてきているのか??

などを見ます。

そして、次に
【はじめに(まえがき)】の文章。

その次に、
【さいごに(あとがき)】の文章を確認します。


著者は
一番見て欲しい。
一番伝えたい。
という内容を
必ずといっていいほど
この部分に書きます。



ですので、
【はじめに】と【さいごに】の
文章を読むと、
この本は、
こうゆうテーマの本なんだな。
とか、
こうゆうことを伝えたい本なんだな。
ということがわかります。


そして、
内容に引き寄せられたら、

最後に
目次にさらっと目を通します。



これで、興味が消えなければ、
購入します。


このあたりのコツを
覚えると、欲しい情報が
どんどん集まるようになりますよ。


自分の直感を信じて、
引き寄せられる本を
購入してみてください。



私の場合は、
業種、業界を問わずに
コンサルティングを行っているので、
アンテナの貼り方は非常に広くなります。


どの業界の本であっても、
どんな人の話であっても、
将来的にコーチやコンサルタントとして
携わる可能性のあることなので、
聴き方が多分人と違います。



聞き上手とも言えますが、
こういったことは
非常に重要であったりします。



また、本題からはそれますが、
私は毎日、速読のトレーニングをしています。


これによって、
インプットにかかる時間も
3分の1ぐらいになりましたし、
インプットの質も大きく向上しました。


速読、本当にオススメですよ。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】情報発信ができない理由。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


再三、お伝えをしてきているのですが、
この右肩下がりのマーケットにおいては、
情報の先出しをする
4ステップマーケティングが
非常に有効です。


4ステップマーケティングの詳細はこちら
http://urx2.nu/g9JC


情報を先出しすることによって、
他社よりも優位に
ビジネスを展開出来ます。


皆さんが
何かしらの分野で
業務を行っている以上、
その分野においては
プロなはず。


ですから情報発信が出来ないわけはない。


と決めつけていたんですが、
先日、ある社長のコンサルティングを
させていただいた際にいろいろ
問題が見えてきました。


情報発信できない理由はいくつか、
考えられます。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1、社長やリーダーが現場にはいりっぱなし。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このパターンは、
そもそものインプットのアウトプットの時間がない
というパターン。

これでは、いつまでたっても情報発信は出来ません。

まずは、経営者としての時間を確保する為に、
何かを削るか、誰かに任せるか。
を行わなければ改善はありません。


立ち上げ時期は、
現場での労働集約型の仕事をせざるを得ませんが、
次のステップに進むには、
思考型の仕事に移行して
いかなければなりません。


強制的にも時間をつくるべきです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2、インプットしたこと、
   アウトプットしたいことを忘れる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人間はおぼえたものはすぐに忘れてしまいます。

とても感動した内容、
鳥肌のたったような内容
面白いなーと思う内容 
に触れたとしても、


人間、放っておけば必ず忘れます。



そして、


あれ?

あれれ〜?

なんだっけか(*_*)



せっかく、得た情報も
御蔵入りです。


これは非常にもったいない。


オススメの方法は

■■■■■■■■■■■■■■
メモを取ることです。
しかも、その都度とることです。
■■■■■■■■■■■■■■


私も週2回、
メールマガジンのネタになる情報を
日夜インプットして、
アウトプットしているわけですが、
メモしないと忘れて青ざめるわけです。


気になることや重要だとおもったことは、
その都度、メモに残しています。


メモで使うのは、
私はMACユーザーなので、
スティッキーズという
複数のメモが出来るメモ帳を使っています。
※Windowsユーザーなら、
Evernoteなどでもいいと思います。


ここにどんどん、その時
重要だと感じた単語や
文章を走り書きします。


別に読めるような文章で
なくてもいいんです。

あとで見返した時に
思いだせさえすればいいので。


ただ、パソコンの前にいるときは
いいですが、
移動中や、外出中、
講義中、飲みの席などにひらめくことや
思い出すこともあります。


その時には、
スマフォで、メールを作って自分宛てに送ります。

そして、
後日確認し、
スティッキーズに移動します。


スマフォも使えないような場面では、
いつも持ち歩いているA4の紙の
アナログタスク表に書き込んでおきます。


アナログタスク表についてはこちら↓↓
第34回【あなたはどのレベル?タスク管理ってどうしてますか?】
http://urx2.nu/g9Pl



つまり、重要なことは、
■■■■■■■■■■■■■■
いつも目に触れる場所に
メモしておく。
■■■■■■■■■■■■■■

ということです。


また、私は自分が配信した
メールマガジンを自分で見返したり、

コンサルティングを行った後に
まとめる議事録なども、
見返したりします。


そうすると、
あーいいこと言っているなー。
とか、

そうだよなー。
これ大事だよなー。

これ、忘れてたー(苦笑)

ということがたまーにあります。


人間は
自分で書いた情報でさえ、
忘れてしまうんです(-"-)


だから、
新しい情報が残る仕組み、
新しい情報を常に振り返れる仕組み。


こういった仕組みを作り、
反復して自分のものにしていくことが
重要なんだと思います。


こういったクセがついてくると、
どんどんまた新たに
必要な情報が出てきます。


今一番必要な情報が
明確にふっと降りてくるはずですよ。


ここはもう、
自分の直感でしかないと思います。


いろんな情報に囲まれているなかで、
どの情報をインプットするべきなのか?


あ、なんかこの情報に
引き寄せられている。


そんな自分の直感を信じて、
取得していったほうが
上手くいくと思います。


そして、【随時メモ】です。


ぜひ一度試してみてください。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3、最初から10段階レベル中、10の情報発信を目指す。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

皆さんは、プロです。


ですが、
プライドが邪魔してなのか。

比較する対象を
業界のトップにしているせいなのか。


情報発信をする際に、
最初から、10段階レベル中、
10の情報発信を目指す方がいます。


そうやって、
自分で理想をあげていっては、
情報発信の壁が高くなり、


絶対情報発信したほうが良いのはわかっている!!

でも、なんだか自信ないなー(-"-)



こうゆう方、かなり多いです(笑)

そしていつまでたっても、
動けない。



しまいには、
まだまだ自分の力が足りないから、
資格でもとろう!!

この資格をとったら情報発信を始めよう!!


そんなふうになります。


でも、この流れ、失敗するんですよね(-"-)




例えば、
私は経営コーチング&コンサルティングの
仕事をしていますが、
【中小企業診断士】の資格が必要か?
といえば、【不要】です。


なぜなら、
なくても情報発信出来ますし、
喜んでもらえますし、
仕事もいただけるからです。



資格って本当に意味が有るんでしょうか?


最初の信用。
ということであれば、
それは無いよりもあった方が良いですが、
別にクライアントはそこで選ぶわけではありません。


情報発信の質も
資格をとったからといって、
飛躍的に向上するわけでもありません。


それに、
クライアントのレベルもまちまちです。

10レベルの情報を欲する人もいれば、
8レベルの情報を欲する人もいる。

4レベルの情報を欲する人もいれば、
2レベルの情報を欲する人もいる。



だから、レベルに合わせて、
情報発信すればいいと思うんです。


【今】この瞬間に
1レベル以上の情報発信が出来るのであれば、
それは【すぐにでも始めるべき】です。


なぜなら、
現在、0のレベルにいる人からすれば、
その【情報には価値がある】からです。


そして、動きながら、
インプットとアウトプットを繰り返して、
情報発信のレベルをあげていけばいいと思うんです。


【今】の皆さんのレベルで、
感動して喜んでくれる人が
必ずいますから!


だから勇気を持って、
配信してみましょう!!


そしてもう一つ重要なこと。

■■■■■■■■■■■■■■
無料だけど、
絶対に【手を抜かない】
今自分が出来る
【最大限に有益な情報を出す】こと。
■■■■■■■■■■■■■■

 

■■■■■■■■■■■■■■
【売り込みを一切しない】こと。
■■■■■■■■■■■■■■


これを続けていれば、
必ず良い結果に繋がりますよ。


私のメールマガジンも、
過去のメールマガジンを見ると
書いている内容から、構成から、
なんだか恥ずかしくなるぐらい
レベルが低かったです(苦笑)


でも、一切、手は抜いていません。

だからその当時から、
喜んでくれる方はたくさんいらっしゃいました。


そして、動きながら、
インプットとアウトプットを全力で繰り返した結果、
情報発信のレベルは
着々と上がってきていると思います。


そうやって、
自分自身がレベルをあげていき、
周りに喜んでいただきながら、
成長していければいいと思うんです。



どうしても、
一人で配信できない。
という方は【まる】がお手伝いします。


顧客視点で見れば、
皆さんの情報は必ず、
どこかのお客様には、
【目から鱗】の情報に映ります。


本日はここまで!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最後までお読み頂き有難う御座います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「この記事がいいな!」と思ったら
ぜひ、あなたの周りの以下のような方々に
このメールマガジンをご紹介下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


□利益はあるのに、心がいつも穏やかではない。
□仕事は楽しいけど、経営は楽しくない。
□いつも焦燥感に悩まされている。
□自分のことは誰にもわかってもらえない気がする。
□スタッフさんと自分の方向性に温度差を感じる。
□人が長続きしない。
□人が育たない。育て方が分からない。
□ギスギスした雰囲気で承認する風土がない。
□社員さん・スタッフさんと対立している。
□未来に向けた漠然とした不安がある。
□この先、5年、10年と同じ状態で良いのだろうか?
□やりたいことはあるけど、形にできない。
□アイディアを出し、温める時間がない。
□自分の時間を持てていない。
□サービス、商品には自信があるが、売上が伸びない。
□どうやってサービスや商品を打ち出せばいいか不明。
□売上は上がっているけど、利益が残らない。
□集客やリピート化が上手くいかない。
□いつも経済的な不安がつきまとう。
□売れる仕組み、勝てる仕組みがわからない。
 どうしていいのかわからない。
□経営者がいなくなった途端、会社が回らなくなる。


ご友人の方が、配信登録するには
⇒http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/

まるのアウトプットメルマガの過去バックナンバー
⇒http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/バックナンバー-1/



いつも、皆様からの応援メッセージに
心から励まされております。

まるへのご質問・ご意見はこのメールにそのまま
ご返信いただければ送信できます。



※フィードバックは大歓迎です。
悩みや問題をいただければ、それに対しての回答も
出来る限りさせていただいております。

スケジュールの関係ですべてのメールに
返信はできないかもしれませんが、
全てのメールを拝見させて頂いております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●まるのホームページ
http://www.maru-nagoya.jp/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【愛と感謝で世の中をまるくする】

なお、まるのアウトプットメルマガの文章は、
ブログ・ミクシー・HP等々で
転記はご自由に行って頂いて結構です。
コピーライトはフリーですので、コピーしてご使用ください。

ただ、転記の際は、出典元アドレスの明記をお願い致します。

【出典元アドレス】まるのアウトプットメルマガ:
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●メールマガジンが届かない、届かなくなった方へ
稀にドメイン拒否やなりすまし規制、迷惑メールフォルダへの
自動振り分けで、メールが届かなくなることがあります。
その場合には、以下のページを参照して解消して下さい。
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/メールマガジンが届かない方へ/ 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メールマガジン: まるのアウトプットメルマガ
発行者: 鎌形忠史 / ATSUSHI KAMAGATA ( まる )