第29回【成熟マーケットで勝つこと = 業界の特性を知り、思考を広げること。】

【まるが愛と感謝で世の中をまるくする】

経営者、事業主向けのまるのアウトプットメルマガ。
勝てるビジネスモデルや売れる仕組みの作り方、
リーダー育成や強い組織の作り方や、
経営者がもっておくべき能力とその磨き方、
思考法・仕事術まで、
現場主義で得たノウハウを包み隠さず公開します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
現在の購読者数26人


いつも
本当にありがとうございます。

 

まるの鎌形です。


第29回、お届けします。




みなさん、おはようございます!!


先日のワールドカップ日本戦、

悔しかったですねー(*_*)


本当にみんなが熱をもって応援しました。


まだ残り2戦があるので、

ぜひとも日本代表には頑張って欲しいです。



ワールドカップの流れで、

現地入りをした日本サポーターの話です。

コレ見て下さい↓
http://nofootynolife.blog.fc2.com/blog-entry-807.html


日本人としての誇りを感じます。

さすが!!



人の気持ちを動かすものって至ってシンプルなことですよね。

でも、その当たり前やちょっとした行動が出来ない。



これってビジネスにも通ずるところがありますね。



さて、それでは本日もスタート!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本当に勝てるビジネスモデルを持っていますか?
仕事の特性をちゃんと理解していますか??
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ビジネスで勝てる仕組みを創る為には、

勝てるビジネスモデル(他社よりも利益が上がる仕組み)と、

売れるマーケティング(売れる仕組み)の両輪が必要であるということ。


これは何度もお伝えしてきておりますが、

本当に重要な基礎となります。

詳細はこちら↓
http://urx.nu/8Xsc



この基礎を踏まえた上で、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今日は仕事の特性とか、業種の特性を知り、
思考を広げること。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

についてです。


自分の業種の特性を理解することが、実は勝てる仕組みを創る上で、
非常に重要だったりします。


この特性をつかめると、切り口が見えて、
勝てるビジネスモデルを創りだすことができたりします。


どの仕事でも、その業種の特性とか、その仕事独特の傾向がわかったり、
その傾向に気づいた人は地域で一人勝ちしていったりするわけですよね(^^)


逆にその特性を理解していないことには、
ビジネスモデルを考えたとしても、失敗してしまう可能性は多いにあるわけです。

ちゃんと経営者さん自身が仕事の特性とか、業種の特性を知り、
思考を広げることをしたほうが良いですよ。

もっともっと思考を広げた方が良いです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
まるが業種特化のコーチング&コンサルティングを行わない理由
そして、数をあまりやりたくない理由
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

現在、世の中には、◯◯専門コンサルティング

とか、

◯◯特化のコンサルティングといった、

なにか一つの分野に特化したコンサルティングというのが非常に多く存在しますね。


私もある業界に関しては、
自分でいうのもなんですが、おそらく並以上のノウハウはありますし、

業界の特性も理解しているつもりなので、
◯◯専門コンサルティングという打ち出しでも、仕事が出来ると思います。


そちらの方が
提供する側からすると、立ち上げはカンタンです。
短期的に仕事はとれるし、カンタンに利益も確保できます。




ただ、なぜそれをしないのか??


・・・



明確な答えがあります。




それは、、、、



【今の時代にそぐわないから!!】です(^_^.)




今はどの業界にもいえることですが、
多くの業界がマーケットがどんどんどんどん縮小していき、
競争が激化してきている、【成熟マーケット】です。


だから業種特化はやりません。


私は前職で、数多くの業種、業界とお付き合いをしていきましたが、
2年間ほどは、◯◯業界専門!!という形でサービス提供をした時期がありました。


これは非常にラクでした。
◯◯業界専門。ということで、売り込みのエッジもたちますし、
お客さんからも安心されますし、サポートもカンタンです。


なぜなら、業界の中で、今一番上手くいっている会社を探し出し、
その会社が行っていること、気にかけていること、意識していることなどの情報を集めて、
それを右から左に流すだけで、上手くいったからです。


当時は業界のマーケットがどんどん大きくなる【成長マーケット】でした。
だからこそ、このやり方でもある程度の結果がでたんですね。


でも、ここに【思考】はないわけです。

やっていることは、【情報を集めて、ただ伝えているだけ】です。

新しい発想も思考もなにも無いわけです。



そして、今現在から未来にかけて、

マーケットが縮小して、ライバルが増え続けている【成熟マーケット】になります。


すると、このやり方をつづけるとどうなると思いますか?


おそらくは思考が狭くなりすぎてしまって、
失敗する会社が増えてくるでしょう。



あそこがあんなやり方をしているからうちも!!

あそこがこんなやり方をしているからうちも!!



経営者が違えば、競合するライバルも違う、
地域も違えば、人も違う。


そんな中で、狭い思考の中で、同じようなやり方、同じような仕組みが増えていけば、
【お客さんからするとなんの特徴もないところ】になりますし、

一歩間違うと、

【おいおい、世の中はこっちの方向にいっているけど、この業界はこっちにいっちゃったよー】と
業界全体で、間違った方向に進むこともあるわけです。



つまり、

業種特化の【思考が狭いコンサルティング】では、

競争相手の多い【成熟マーケット】では勝てないし、

【業界自体がますます死んでしまう】可能性があるわけです。



だから、業種をしぼりたくないんです。

そして、数もあまりやりたくありません。




業種を絞らず、いろんな業界を見ることで、

必然的に世の中に目を向けます。

そうすることで、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
世の中はこうやって動いているのに、
この業界がここにいくのはおかしいんじゃないですかね・・・?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ということがわかったりもするわけです。



つまり、業界に入り込まず、

外の人間として業界を見るからこそ、

周りがこっちにいっているので、

自分たちはこっちにいったほうがうまくいくんじゃないのかな?

という思考を広げたご提案もできるわけです。




ちなみに、業種の特性としては、

美容室や歯医者、お医者さん、療術業などの特性が

非常に似ています。


この業種はほぼほぼ、高い確率でスタッフさんが独立します。

だから人材教育の仕方についても2通りが考えられます。


好待遇で会社に残す方向で教育するか、

待遇は良くないけど、独立支援する方向で教育するか。


こうゆうことも、

業種の特性を理解していないと、

そのうちに痛い目を見たり、

身動きがとれない状態になることがあります。



他にも、

歯医者さんと、学生塾も、

ある分野では非常に似ています。


リフォームと、WEB制作会社も

似ています。



ぜひ経営者さんには、

いろんな業界をみて、いろんな特性を知り、

思考して頂き、他がやっていない方向に進んでいただきたいと思います。



本日はここまで!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最後までお読み頂き有難う御座います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「この記事がいいな!」と思ったら
ぜひ、あなたの周りの以下のような方々に
このメールマガジンをご紹介下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


□利益はあるのに、心がいつも穏やかではない。
□仕事は楽しいけど、経営は楽しくない。
□いつも焦燥感に悩まされている。
□自分のことは誰にもわかってもらえない気がする。
□スタッフさんと自分の方向性に温度差を感じる。
□人が長続きしない。
□人が育たない。育て方が分からない。
□ギスギスした雰囲気で承認する風土がない。
□社員さん・スタッフさんと対立している。
□未来に向けた漠然とした不安がある。
□この先、5年、10年と同じ状態で良いのだろうか?
□やりたいことはあるけど、形にできない。
□アイディアを出し、温める時間がない。
□自分の時間を持てていない。
□サービス、商品には自信があるが、売上が伸びない。
□どうやってサービスや商品を打ち出せばいいか不明。
□売上は上がっているけど、利益が残らない。
□集客やリピート化が上手くいかない。
□いつも経済的な不安がつきまとう。
□売れる仕組み、勝てる仕組みがわからない。
 どうしていいのかわからない。
□経営者がいなくなった途端、会社が回らなくなる。


ご友人の方が、配信登録するには
⇒http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/

まるのアウトプットメルマガの過去バックナンバー
⇒http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/バックナンバー-1/



いつも、皆様からの応援メッセージに
心から励まされております。

まるへのご質問・ご意見はこのメールにそのまま
ご返信いただければ送信できます。



※フィードバックは大歓迎です。
悩みや問題をいただければ、それに対しての回答も
出来る限りさせていただいております。

スケジュールの関係ですべてのメールに
返信はできないかもしれませんが、
全てのメールを拝見させて頂いております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●まるのホームページ
http://www.maru-nagoya.jp/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【愛と感謝で世の中をまるくする】

なお、まるのアウトプットメルマガの文章は、
ブログ・ミクシー・HP等々で
転記はご自由に行って頂いて結構です。
コピーライトはフリーですので、コピーしてご使用ください。

ただ、転記の際は、出典元アドレスの明記をお願い致します。

【出典元アドレス】まるのアウトプットメルマガ:
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●メールマガジンが届かない、届かなくなった方へ
稀にドメイン拒否やなりすまし規制、迷惑メールフォルダへの
自動振り分けで、メールが届かなくなることがあります。
その場合には、以下のページを参照して解消して下さい。
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/メールマガジンが届かない方へ/ 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メールマガジン: まるのアウトプットメルマガ
発行者: 鎌形忠史 / ATSUSHI KAMAGATA ( まる )