第27回【あなたの会社は信用できないわ!!と思わせる方法】

【まるが愛と感謝で世の中をまるくする】

経営者、事業主向けのまるのアウトプットメルマガ。
勝てるビジネスモデルや売れる仕組みの作り方、
リーダー育成や強い組織の作り方や、
経営者がもっておくべき能力とその磨き方、
思考法・仕事術まで、
現場主義で得たノウハウを包み隠さず公開します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
現在の購読者数25人


いつも
本当にありがとうございます。

 

まるの鎌形です。


第27回、お届けします。


みなさん、おはようございます!



10個やることがあったら、
その10個をいかにして、労力をかけずに終わらせるか。
ということをしょっちゅう考えています。
そして、残った余力で自分の本当に好きなことに打ち込みたい。


パソコンの打ち込みも、出来るだけ省力化したいので、
Google日本語入力とかを使っちゃうわけです。

※Google日本語入力の詳細はこちら
http://www.google.co.jp/ime/

これは非常に便利なんですが、
最初に単語登録をしておくと、
たとえば

「おつ」で変換すると、
お疲れ様です。◯◯です。と変換されたり、

「ごた」で変換すると、
ご対応頂き誠に有難う御座いました。と変換されます。

「あり」で変換すると、
有難う御座いました。と変換されます。

「いじょ」で変換すると、
以上になります。と変換されます。


最初から良く使う文章を登録しておくことが出来るので、
自分の名前とか、得意先の名前とか、良く使う文章は全て登録してあります。

おかげで、かなり「楽」できていますよ(笑)


こんな性格だから、
なんか非効率なものを見ると、無性に効率化したくなっちゃいます(-"-)

職業病でしょうかね(笑)



でも、効率化ばかりを求めてしまうと、
本当は効率化してはいけないところまで効率してしまうケースがありますね。
私はこれで何度か失敗してしまったことがあります。


いくらシステム化が進んだとしても、
最終的には人対人の部分が必ずあります。

その時の行動や、対応までを効率化してしまうと、
なんだか機械と仕事をしているような気にさせてしまいますよね(*_*)



だから、

感謝を伝えたり、

愛情を伝えたり、

褒めてあげたり、

時には厳しく愛をもって叱ってあげたり、

親身に話を聞いてあげたり、

一緒に寄り添ってあげたり、

そんな時には、非効率であっても時間をかけるべきです。



大事な部分は大事な部分で、時間をかけてあげて、
無駄な部分は無駄な部分で、効率化をしてあげたらいいと思います。


と、毎度のことながら話がそれますので、
そろそろスタートしたいと思います(笑)

それではスタート!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
あなたの会社は信用できないわ!!と思わせる方法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日のテーマです。


???


これで何を伝えたいかといいますと、、、


もしかしたらですけど、


もしかしたら、



あなたの会社はすでにこの方法を実践されているかもしれません\(^o^)/


知らず知らずのうちに、あなたはこの方法を実践されているかもしれません・・・


あなたの会社は信用できないわ!!と思わせる方法




簡単です。




【指針がないまま情報発信をして、配信した情報をそのまま放置すること】



はい、簡単ですね。

つまり、情報に対して、何の意識をせずに配信すれば、

無意識にこの法則は成り立ってしまいます。

そして、ほとんどの会社が、この法則に則って、

どこかの誰かから【あなたの会社は信用できないわ】という評価を得ています。




ただ、なんとなく、チラシを作って、

ただ、なんとなく、リーフレットを作って、

ただ、なんとなく、フリーペーパーに広告出稿して、

ただ、なんとなく、求人広告を出し、

ただ、なんとなく、HPを作って、、、、

ただ、なんとなく、営業マンやスタッフが顧客に情報提供して、

そして、それをそのまま放置。






果たして、





情報の見直しはちゃんとしていますか??


情報は整理されていますか??


情報の統一はちゃんとされていますか??







実は世の中の会社のほとんどは、

情報を出すことに手一杯で、

その情報がどんなふうにお客さんに映っているのか?

ということを気にしていません。



でも、その状況ってとっても怖いことだと思いませんか?


だって、

知らない内に

HPでは売り込みはしません。

なんて言っているのに、

現場では、営業マンが押し売りをしている。



知らない内に

チラシでは、ココロのこもった丁寧な説明をさせていただきます。

なんて言っていたのに、

現場では、スタッフが雑な説明で対応をしている。




知らない内に

うちの会社のビジョンは◯◯です。とフリーペーパーで語っているのに、

現場のスタッフは、うちの会社のビジョンは▲▲です。と全く違うことを言う。



怖くないですか?


お客さんの立場で、考えたら、

果たして信用できるでしょうか?



会社が言っていること、

スタッフAが言っていること、

スタッフBが言っていること、


これが違うわけです。


怖いですよね。



だから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
情報を統一する。
また、定期的に情報を見直し、整理して、
そして会社全体に浸透させていくこと。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これが非常に大事なわけです。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
逆に
この会社は信用できるわ!!と思わせる方法は?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

勘の良い方はもうお気づきかもしれませんが、

情報が整理されている状態

(HPも、チラシも、ニュースレターも、店内の掲示物も、

現場のスタッフの話す内容も全てが統一されている状態)の会社は世の中では少数派です。



ということは、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あなたの会社がちゃんと【情報が整理されている状態】で、

かつ、お客さんがちゃんと【満足出来るサービスを提供】しているのならば、

お客さんは絶対に買います。

そして、自分が仕事をこなせる目一杯までの仕事は出来る。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
はずです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あなたの会社がちゃんと【情報が整理されている状態】で、

かつ、お客さんがちゃんと【満足出来るサービスを提供】しているのならば、

お客さんは絶対に買います。

そして、自分が仕事をこなせる目一杯までの仕事は出来る。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
はずです。



・・・



大事なので、2回書きましたが、そうゆうことなんです。



マーケティングとは、営業しないで、売れる仕組みを創ることを指しますが、

それはつまりは、【情報を操作すること】です。



これも大事なので、もう一度、

マーケティングとは【情報の操作】です。



ターゲットに対して必要な情報を的確に伝えてあげることです。
(この時、情報を操作します)


本当に必要な人に、

必要な情報を与えてあげれば、

別に営業などせずとも販売は出来るわけです。



そのためには配信側が、

情報をしっかり整理して、

会社全体に浸透させて、

情報を統一することが必要なんです。



今日は少しだけ踏み込んだ内容のお話をしました。

少しでもプラスにしていただけましたら幸いです。



告知━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

一ヶ月お試しコンサルティングですが、

早速お申込みいただいた方に、感謝致します。

有難うございます!精一杯頑張ります!


http://www.maru-nagoya.jp/一ヶ月お試しコンサルティング/

受付は残り2社となっております。

それ以降のお申込みにつきましては、

キャンセル扱いとさせていただき、

最短1ヶ月〜最長7ヶ月ほどお待ち頂く形となります。

予めご了承下さい。


本日はここまで!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最後までお読み頂き有難う御座います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「この記事がいいな!」と思ったら
ぜひ、あなたの周りの以下のような方々に
このメールマガジンをご紹介下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


□利益はあるのに、心がいつも穏やかではない。
□仕事は楽しいけど、経営は楽しくない。
□いつも焦燥感に悩まされている。
□自分のことは誰にもわかってもらえない気がする。
□スタッフさんと自分の方向性に温度差を感じる。
□人が長続きしない。
□人が育たない。育て方が分からない。
□ギスギスした雰囲気で承認する風土がない。
□社員さん・スタッフさんと対立している。
□未来に向けた漠然とした不安がある。
□この先、5年、10年と同じ状態で良いのだろうか?
□やりたいことはあるけど、形にできない。
□アイディアを出し、温める時間がない。
□自分の時間を持てていない。
□サービス、商品には自信があるが、売上が伸びない。
□どうやってサービスや商品を打ち出せばいいか不明。
□売上は上がっているけど、利益が残らない。
□集客やリピート化が上手くいかない。
□いつも経済的な不安がつきまとう。
□売れる仕組み、勝てる仕組みがわからない。
 どうしていいのかわからない。
□経営者がいなくなった途端、会社が回らなくなる。


ご友人の方が、配信登録するには
⇒http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/

まるのアウトプットメルマガの過去バックナンバー
⇒http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/バックナンバー-1/



いつも、皆様からの応援メッセージに
心から励まされております。

まるへのご質問・ご意見はこのメールにそのまま
ご返信いただければ送信できます。



※フィードバックは大歓迎です。
悩みや問題をいただければ、それに対しての回答も
出来る限りさせていただいております。

スケジュールの関係ですべてのメールに
返信はできないかもしれませんが、
全てのメールを拝見させて頂いております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●まるのホームページ
http://www.maru-nagoya.jp/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【愛と感謝で世の中をまるくする】

なお、まるのアウトプットメルマガの文章は、
ブログ・ミクシー・HP等々で
転記はご自由に行って頂いて結構です。
コピーライトはフリーですので、コピーしてご使用ください。

ただ、転記の際は、出典元アドレスの明記をお願い致します。

【出典元アドレス】まるのアウトプットメルマガ:
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●メールマガジンが届かない、届かなくなった方へ
稀にドメイン拒否やなりすまし規制、迷惑メールフォルダへの
自動振り分けで、メールが届かなくなることがあります。
その場合には、以下のページを参照して解消して下さい。
http://www.maru-nagoya.jp/メールマガジン/メールマガジンが届かない方へ/ 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メールマガジン: まるのアウトプットメルマガ
発行者: 鎌形忠史 / ATSUSHI KAMAGATA ( まる )