患者さんやそのご家族の方が医療機関を選ぶうえで、口コミや評判だけでなくインターネット上での情報収集は今や一般的になっています。医院の所在地や診療時間、休診日といった基本的な情報もホームページを見て情報を得るという方がほとんどです。

実際に通院した「患者さんの声」は口コミ同様、医院選びをする際に重視している方はとても多く、掲載している医療機関も多いのが現状。

そのため、競合他院との差別化をはかり「このクリニックに行ってみよう!」と来院動機の後押しをすることもホームページの重要な役割のひとつ。また、認知を⾼めたい医院においては、積極的な広報活動で認知度を拡⼤していきたいですよね。

 

貴院のホームページに書いてある言葉の表現は、大丈夫ですか?

 

 

医療機関のホームページに「患者さんの声」は広告にあたる?

結論からいうと、医療機関のホームページに患者さんの声を掲載することはNGです。

医療機関のホームページの内容には ”適切なあり方” を守るために「医療広告ガイドライン」が定められており、違反をすると行政による立入検査や是正命令、また罰則の対象となります。

また、厚生労働省のネットパトロールが年々強化されており、違反や不適切事例が確認されています。医療機関ネットパトロール通報フォームから誰でも通報することができるため、多くの人の目に触れる医療機関のホームページには医療広告ガイドラインの正しい理解が必要です。

ではまず何が「医療広告」にあたるのかを確認していきましょう。

 

医療広告とは

まずはどのような要件を満たせば「医療広告」になるのでしょうか?医療広告というためには下の2つの要件を満たす必要があります。

  1. 誘引性(患者さんの受診等を勧誘する意図があるかどうか)
  2. 特定性(医業もしくは歯科医業を提供する者の氏名または医院名が特定可能であるかどうか)

 

なお、医療広告に該当させないために外的に「これは広告ではありません」、「取材に基づく記事であり、患者を誘引するものではありません」などと記述をしても、サイト上に医院名などの記載があり実質的に広告と判断されるものについては、医療広告に該当しますので注意が必要です。

 

では、具体的にどのような表現が禁止事項にあたるのかを確認しましょう。

 

医療広告ガイドラインの禁止事項

医療広告ガイドラインで禁止されている項目は、以下の6つです。

  1. 虚偽広告
  2. 比較優良広告
  3. 誇大広告
  4. 患者などの主観に基づく治療内容や効果の体験談
  5. 公序良俗に反する内容の広告
  6. その他
    ・品位を損ねる内容の広告
    ・他法/他法令に関する広告ガイドラインに違反

 

上記にあたる広告の詳細と一例をご紹介します。

 

1.虚偽広告

患者さんに著しく事実に相違する情報を与えて適切な受診機会を喪失したり、不適切な医療を受けるおそれがあることから罰則付きで禁じられています。

たとえば「必ず治る」「絶対に安全な手術」「どんなに難しい症例でも必ず成功します」といった表現や、治療後の定期的な処置等が必要であるにもかかわらず「全ての治療が一日で終了します」といった内容が該当します。

また、加工・修正した術前術後写真などもNGです。

 

・比較優良広告

「日本一」、「No1」、「最高」などの最上級の表現その他優秀性について著しく誤認を与える表現は、客観的な事実であったとしても不可となっています。

たとえば「日本一の実績」「日本有数の実績」、「著名人が当院で治療を受けている・○○医師を推薦している」など。

 

・誇大広告

虚偽でなくても事実を不当に誇張して表現していたり、人を誤認させる表現は禁じられています。「人を誤認させる」とは、内容から認識する印象や期待感と実際の内容に相違があることを常識的に言えればそれに該当することとなり、誤認することを証明したり、実際に誤認したという結果までは必要としません。

たとえば「○○の症状のある2人に1人が○○のリスクあります」「こんな症状が出ていれば命に関わりますので今すぐ受診を」「○○手術は効果が高く、おすすめです」「○○手術は効果が乏しくリスクも高いので、新たに開発された○○手術をおすすめします」などといった表現がこれにあたります。

 

患者などの主観に基づく治療内容や効果の体験談

今回の記事のタイトルにある「患者さんの声」はここに該当します。患者さんの体験談は個々の患者さんの状態などによりその感想は異なるものであり、誤認を与えるおそれがあるため医療機関が患者の体験談を広告することを禁じています。

「全然痛くなかった」「多くの患者さまから喜びの声をいただいています」といった治療効果を抽象的に表現して紹介することも該当します。これに関しては、事実であっても(患者は実際にそう思っていたとしても)、主観に基づくものですので認められません。

ただし、個人が運営するウェブサイトや個人のSNS、また、口コミ等のポータルサイトへの体験談の掲載については、医療機関が広告料といった費用負担等の便宜を図って掲載するといった誘因性が認められない場合は広告に該当しません。ただし、医療機関が「掲載してね」と依頼することは「勧誘性」があるため広告にあたり、禁止されています。

 

・その他/品位を損ねる内容の広告

費用を強調した広告は品位を損ねる内容の広告に該当するとされています。「期間限定で○○%オフ」「割引キャンペーン実施中」「○○治療し放題プラン」「無料相談をした人全員に○○をプレゼント」など。

自由診療をメインとする医療機関のSNS投稿で非常によく見られますので、注意が必要です。

 

 

いかがでしたでしょうか。
医療機関は人の生命や身体に関わる極めて専門性の高いサービスを提供しているため、不適切な医療を受けた場合の被害が大きいことや実際のサービスの質を事前に判断することが難しいという考え方に基づきこのようにガイドラインが定められています。

以上のとおり、医療機関が「患者さまの声」を発信することは禁止事項に該当します。ホームページやブログ、SNSなどの運営の際には細心の注意を払い、個人のSNSを活用するなどの工夫が必要かもしれませんね。

 

医療広告ガイドラインはこちらから確認できます。