第251回【人を巻き込むのは「お願いと感謝」。劣等感を手放す。】

第251回【人を巻き込むのは「お願いと感謝」。劣等感を手放す。】


<毎週火曜・金曜定期配信>

【まるが考えるブランディングとは?】
トップ(院長)の頭の中を末端の社員さんまで
浸透させ、行動に移すこと。


ただ多くの場合は、
トップの頭はやりたいことで溢れている。

理由は2つ。
1)頭が混乱しているから
2)頭ではわかっているけど、それを伝えることが苦手だから

これらのストレスを解決するパートナーがまるです。


現場主義で得たノウハウを包み隠さず公開
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


いつも
本当にありがとうございます。

 

汗がとめどなく溢れ出ます。
暑さに弱いことで有名な鎌形です。


改めまして、
金曜日担当、絶好調!!
まるの鎌形です。 



それにしても
今日はアッツいですね〜。


こんな日は、

無理せず、

休み休みいきましょうね〜。


 
それでは、
そんなこんなで本日もスタート!


─┤インデックス├─・──・──・──・
【1】お願いと感謝
─・──・──・──・──・──・──・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】お願いと感謝
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



お願いと感謝。



これは

私の経営学の師匠、

株式会社ナカヤマ、

田中師匠のお言葉。





最近この言葉の重要性をとても、

痛感しております。




そして、本当に、


今貴重な経験をさせていただいている状況に、


ワクワクが止まりません(笑)






人がついてくるのは

当たり前のことじゃない。





人が手伝ってくれるのも

当たり前のことじゃない。






自分がやりたいこと、

成し遂げたいことに

協力を得るためには、




まず『お願い』





「 こうゆうことをやりたいから、

  お願いします。助けて下さい。 」

と頭を下げられるかどうか。





そして『感謝』



動いてくれたら感謝。


助けてくれたら感謝。


「 ありがとう。助かりました。 」




単純だけど、

この繰り返し。





これが、

人がついてくるのは

当たり前。





人が手伝ってくれるのも

当たり前。




と勘違いしてくると、


お願いと感謝を忘れる。




横柄な態度になっていく。





これでは人はついてきません。







それは、

対象が

部下であっても、

上司であっても、

友人であっても、

仲間であっても、

家族であっても同じだと思います。








『お願いと感謝』




これができるかどうかで、

全然違う。







これは任せる力にも繋がってくる。




自分がそこそこ出来ることでも、

人に任せる。お願いする。




できることでも、

あえて、できないフリをする。




なぜそれをするのかって、



相手に華を持たせるため。





なんでもかんでも、

トップがすべてをやってしまったら、

部下は華が持てない。






華が持てないってことは、

部下の成長を奪うこととも

同じだなぁと感じます。





部下は劣等感しか感じない。



トップにはどうやっても勝てないな−。


自分には華が全然こないなぁ。







これでは部下のやる気は下がる一方ですよね。





出来ないことや、

そこそこしかできないことは、

人に任せればいい。





私は、これまでに、

なんでもやろうとして

失敗してきました。





その根本にあるのは、

自分の中の劣等感。




自分の価値を下げたくない。

これができなければ、

自分に価値はない。




そんな思いが

自分を支配していた気がします。




私の劣等感をかたどった出来事は、

話すと長くなるので、

ここでは割愛します(笑)





でも、そうゆうなんでもできる人、

 

なんでもできるように見せる人って、

今思えば、

かわいげが全く無いですよね(笑)






『なんでもできる』を手放す。



『劣等感』を手放す。





そうすると、

とっても世界が拡がります。






別に出来ないことがあっても、

任せればいいんです。





英語が喋れなかったら、

通訳さんを雇ったらいいし、




営業が出来なかったら、

社交性のある人に任せたらいいし、



話をまとめれなかったら、

整理が上手な人に任せればいい。



分析が苦手だったら、

理論的な人に任せればいい。






出来ないことがあっても、

別に自分の価値は下がりません。



誰しもが、

自分には価値があるんですよね。





自分に出来ないことがあるように、

相手にも出来ないことがある。




だから、相手が出来ないことは、

自分がやればいい。







かっこつけた背中を見せることを辞める。





出来なくて良いんですよね。




出来ない自分を認めて、


『お願いと感謝』で


出来る人に任せたらいい。





たとえ、そこそこできることでも、


出来る人に任せたらいい。




それが相手に華を持たせるってこと。







まずは、できることに集中する。




これって、

当たり前のようで、

本当に大事なことだなぁと

思います。





現在、私は、

経営者の学校、

「同友会」で、

室会というグループを

運営をしています。




鎌形室。


総勢12人の経営者をまとめる立場。





言うなれば、

12人の組織の長です。





この経験ってとても、

有り難い経験です。




人をやる気にさせる難しさ、

人を理解する難しさ、

人に任せる難しさ、

人を信じる難しさ

人の失敗を許す難しさ







いろんなことを経験させて頂いております。



本当に有り難いです。






まだまだ

まるは3日後の8月8日で

2周年を迎える小さな小さな、

会社ですが、





この経験は、

未来につながる経験です。





そして、

今、鎌形室の皆で作り上げている、

100人規模の例会(経営実践報告会)があります。





皆さん、ぜひ、ご参加下さい。



【テーマ】
ぶれない軸を確立させる〜経営姿勢の確立〜
 
【報告者】
株式会社フリード 代表取締役社長 鈴木孝洋氏
 
【開催日】
8月19日(金)
 
【場所】
ダイニングスペース
WEDDING HALL 名駅店
〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅4丁目26−10 名駅ファーストビル 4F

 

【時間】
18:50〜22:45
(受付開始18:20)
 
【参加費】
1部 無料
2部4,000円

 

詳細はこちら↓↓
http://goo.gl/cbmvBH





今日も『お願いと感謝』で


人を巻き込んでいきま〜す(^^)




本日はここまで!

ありがとうございましたm(__)m

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最後までお読み頂き有難う御座います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
メールマガジン: まるのアウトプットメルマガ
発行者: 鎌形忠史 / ATSUSHI KAMAGATA ( まる )
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

●トップ(院長)の頭の中を整理する1万円からの個別相談実施中!
http://goo.gl/J1Adrd

 


●まるのアウトプットメルマガバックナンバー
http://goo.gl/s4nxlK
 

●鎌形のアウトプット集
http://goo.gl/6RiWHf


●戦う女島田からの情報発信
http://goo.gl/wmk5DY


●20代30代を面白おかしくHAPPYに「20まる」
http://goo.gl/FuPtc0


●おすすめ書籍
http://goo.gl/pmIbIe

 
●お客様の声
http://goo.gl/YpKXCQ
 


●テーマ別にブログ記事を探す
http://goo.gl/E7d4hW


▶お問い合わせ窓口はこちら
http://goo.gl/Z4bkAh