第250回【 リーダーに任命したスタッフが暴走する理由 】

第250回【 リーダーに任命したスタッフが暴走する理由 】


<毎週火曜・金曜定期配信>


【まるが考えるブランディングとは?】
トップ(院長)の頭の中を末端の社員さんまで
浸透させ、行動に移すこと。


ただ多くの場合は、
トップの頭はやりたいことで溢れている。

理由は2つ。
1)頭が混乱しているから
2)頭ではわかっているけど、それを伝えることが苦手だから

これらのストレスを解決するパートナーがまるです。


現場で得たノウハウを包み隠さず公開☆
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


火曜日担当、
まるの島田です。


8月に入り、
2016年も残すところ、
あと4か月。


最近、
毎朝「1分間笑顔」をしています。


1分間、キュッと口角をあげる練習。


そしたら・・・

「痩せた?」と言われるようになりました。


(* ̄ー ̄)v ・・ッシャ!
(体重は変わっていないけど嬉しい♪)



夏本番!

暑さを味方につけて、

顔晴っていきましょう〜!





それでは第250回、お届けします。
本日もスタート!!



┤インデックス├─・──・──・──・
【1】リーダーに任命したスタッフがが暴走する理由 
 1)目指すリーダー像がわからないから。
 2)何をゴールとしていいか不明確だから。
─・──・──・──・──・──・──・─
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】目指すリーダー像がわからない
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

一般職のスタッフさんに、

リーダーや教育係等、

権限を任せた途端、

なんでもかんでも

自分一人で勝手に進めてしまう。



(`Д´)リーダーシップを取らなきゃ!



(`Д´)私が引っ張っていかなきゃ!


(`Д´)責任を与えられたからには、
    部下をできるようにしなくっちゃ!



リーダーは「◯◯しなければならない」という、

「THE・義務感」に取り憑かれている、

リーダーが組織にいることで、

良くない影響が知らず知らずのうちに

起きているという、

お悩みが増えています。




具体的な影響とは・・・・


・リーダーに任命した人が
 指導係になったあと、
 部下が疲弊するように。
 口では「大丈夫です」とはいいつつも、
 なんとなく顔が浮かない様子。



・リーダー(院長や経営者)が
 進もうとする方向に
 いつも反対や批判をする。



・ネガティブ発言で
 周りを囲もうとする。




こんなお悩みが
組織で起こっています。




今日は、その暴走する理由。


権限を与えられた途端、

暴走をしていた、

お局様出身の島田が、

これを紐解いていきますッ!




その理由は・・・

大きく2つ。

————————————————————————————————
1)目指すリーダー像がわからないから。

2)何をゴールとしていいか不明確だから。
————————————————————————————————


トップだけでは、
目の届かない範囲になる人数。




今まではトップ一人の力だけで

目が行き届いていた5名〜6名の組織も、

人数がだんだんと増えていくと、

トップ(経営者・院長)だけでは、

自分のように部下に指導をできる「代わりの人」の手が

必要となります。






家族という組織も

似たようなことがあると思います。


第一子が生まれた頃。

親は一人の子に対して、
比較的手厚く時間をかけることができます。


第二子、第三子と兄弟姉妹が増えた時。


3人とも親が徹底的に手厚く面倒みるということは
なかなか難しくなりますよね。



何から何まで親が子どもに付きっきりで
時間を割くというのは、
現実的ではなくなってきます。



そこで親一人の力では、

かなわんな〜と思った時、

救いの手を求めますよね。


「お兄ちゃん手伝って〜」とか、

「一緒にお留守番しててね〜」とか。

「お父さんも育児やってよ〜」とかね。


自分以外の人にSOSを出して、
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
『家族』という『組織』が成り立っています。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^



子どもの頃、

よくこんな言葉を聞きませんでしたか?


「長男」なんだから「妹たちをよろしくね」

「おねえちゃん」なんだから「優しくしなさい」

「一人っ子」だから「自由でいいね」




いろんな「◯◯だから◯◯」を
耳にしませんでしたか?



では、職場に話を戻しましょう。

最初にお伝えした

【1)目指すリーダー像がわからないから。】


これ、無意識のうちに

「リーダーだから◯◯」という義務感のような、

一種の「〜ねばならない」に陥っていないでしょうか。





では、質問をします。

あなたが思い描いている「リーダー像」は、

どんなものでしょうか?


・リーダーは率先して行動デキる人

・リーダーは夢を語れる人

・リーダーはポジティブな人


・・・
・・・



では、自分以外の人が思い描いているリーダー像は?


聞いてみてください(^^)



おそらく、100人いれば100通りの答えが出てくるでしょう。

どれも間違いではない。



自分の憧れている人を

「リーダー像」という人もいれば、



自分が今まで発揮してきた

リーダー像を指す人もいます。




リーダー像は、それだけ多種多様なもの。



みんな違ってみんないい。



だけど、一つの組織が同じ方向に
向かっていくとするならば、
経営者の指すリーダー像と
スタッフさんが指すリーダー像、
お互いの認識がバラバラだと、
上手くいくでしょうか?



・・・


実際に上手く行くというのは難しいです。






経営者が求めるリーダー像は、

「のび太くん」だとします。



弱みを見せて素直さナンバーワン。

いろんな人を巻き込み、
共感力の高い人が
組織の方針にぴったりだという判断です。


(映画に出てくる「のび太君」は
 人を巻き込み、目的を達成している
 心優しいリーダーなんです♪)






一方、

スタッフさんが

今まで見てきたリーダー像は・・・?

北斗の拳の「ケンシロウ」


多くを語らず、弱みをみせず、
背中で人を引っ張っていく。


なので、経営者がイメージしている
リーダー像とは違う姿を追い求めてしまう。




(`Д´)<弱みを見せるやつは私が知っているリーダーじゃない!


(`Д´)<黙って背中を見せるのがリーダーなんだ!





こんな風に組織内で

イメージするリーダー像が一致しないということで、

無くても良い対立が起きてしまっているということが

よくあります。

「のび太くん」と「ケンシロウさん」


タイプは違えど、

どちらも素敵なリーダー像。




・・・ではこの組織が求めるリーダー像は?


この場合の正解は、

「のび太くん」に近いリーダー像です。






お互いに共通の「リーダー像」を
すり合わせる機会がないために

「リーダーとは◯◯でなければならない」

という義務感に追われたまま、
スタッフさんが責任感から突き進み、
組織があらぬ方向に進んでいるということは
起きていませんか?






こんなエピソードがあります。


新卒で入社したK君は入社3年目。
部下の教育係を任命されました。


K君にとって初めての部下。

「リーダーとは背中を見せるものだ!」と考え、
責任感と使命感を持ち、頑張っていました。



K君論:自分がまずは背中をみせるんだ!

K君論:背中を見せなきゃリーダーじゃない!


しかし、部下は思うように育ってくれません。

自分が新時代にサクサクできていた仕事も
部下はちょっとしたことでミスをする。



「自分の新人の頃はできていたのに・・(イラッ)」




部下には、

「なんでできないのっ?!」とつい強く怒鳴ってしまう。



(`Д´) < こんなことなら自分一人でやったほうが早い!


いつもイライラ、イライラ・・・。



部下はいつもイライラしているK君を
怒らせないようにするか必死の毎日。




K君は、他人に弱みを見せれない

「義務感」という分厚い鎧をつけた

自分よがりなリーダーになっていたのです。





どんなリーダー像が組織で求められているのか。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


もしも不明確なままリーダーが暴走をし始めているとしたら・・?




一度すり合わせる機会を作ることをオススメします。






誰をリーダーに任命しようか迷った時、

「なんとなく」の理由で、

今いるメンバーの中からリーダーを取捨選択で選んでしまいがちです。

(勤務歴が長い、売上げに貢献している等)



「なぜあなたをリーダーにしたのか」

「この組織においてのリーダーシップとは何か」


明確にするきっかけをつくることで、

お互いのストレスが軽減できればと思います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】何をゴールとしていいか不明確
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


今日のメルマガ、
伝えたい思いが暑くなりすぎて
長くなっていますね。


後半戦、サクサクっといきます!



(`▽´)Let’s GO!



次に2つ目の理由、

「何をゴールとしていいか不明確だから」

こちらを考えてみましょう。



リーダーとはどんな【役割】なのでしょうか?
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^



(○'ω'○)ん?



↑こんなふうに「ん?」となってしまう場合。

自分でも、わかっていないということが多いです。

(・・・と私も先日バシッ!とご指摘頂きました(笑))



「リーダーシップ」


いろんな定義があります。



リーダーシップの例)

・地位、権力を振りかざすことではない。

・部下のモチベーションをあげること。

・一つ下の仲間に責任を持ち寄り添うこと。

・自分の問題よりも、他の人の存在をもっと大切にしてあげること。

・ビジョンを持って、楽しんで実行している姿。


・・・
・・・
・・・


様々な解釈の中で、

自分たちの組織に必要な「リーダーシップ」は何か。



リーダーに求められる【役割】は何か。



これをまずは一つだけ。


1つだけで良いので掲げてみましょう。



仲間や第三者に意見を聞いてみると、
深い気づき見つかるハズです。





私は福永師匠から学んだ

【仲間の昼食を考えられる人】というのがしっくりきました。



これは比喩的な言葉。

要するに

「自分以外の人が自分と100%同じ考えを持って

 仕事をしているという甘い考えを捨てる」ということ。



組織の中には、

お腹が空いたら、

不機嫌になったり、集中できない人もいる。


(T-T)<ハラヘッタ・・・




一方、お腹が空区と余計に
仕事に没頭できる人がいる。



(T▽T)<よし!あと少しだ!




自分が「こうだから」と偏った考えをして、

周りも同じ認識を持っているんじゃないか?と甘えを持っていないか?

周りの人を思いやれない人になっていないか?



こんなことを今一度反省させられる

「リーダーシップ」です。



余談ですが・・

特に、男性脳が強い人へ。(私もです)

「仕事なんだから」と寝食を割り切ることができがちです。。

だけど、周りの人が「自分と同じ考えとは限らない」
ということを忘れてはなりません。


・・ということを学びました。

(´д`)反省・・・。




身近な組織である家族でも、

一緒に働いている職場でも、

あなたがいる「組織」の中で、

小さなスレ違いが

大きなズレにならないように

予防策の一つになれば幸いです。






リーダーの役割は何か?

それはどんな人を指すのか?

夏の空の下、

冷たい飲み物でもクゥーッと飲みながら、

語り合うのはいかがでしょうか。



( ・∇・)っ凵凵c(・∇・ )乾杯!




本日はここまで!


最後までお読み頂き有難う御座います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
メールマガジン: まるのアウトプットメルマガ
発行者: 島田菜々絵 / NANAE SHIMADA ( まる )
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●トップ(院長)の頭の中を整理する1万円からの個別相談実施中!
http://goo.gl/J1Adrd

 


●まるのアウトプットメルマガバックナンバー
http://goo.gl/s4nxlK


●鎌形のアウトプット集
http://goo.gl/6RiWHf


●戦う女島田からの情報発信
http://goo.gl/wmk5DY


●20代30代を面白おかしくHAPPYに「20まる」
http://goo.gl/FuPtc0


●おすすめ書籍
http://goo.gl/pmIbIe


●お客様の声
http://goo.gl/YpKXCQ


●テーマ別にブログ記事を探す
http://goo.gl/E7d4hW


▶お問い合わせ窓口はこちら
http://goo.gl/Z4bkAh