変な人が書いた成功法則

書籍:変な人が書いた成功法則
著者:斎藤一人
2003年4月発行

本の紹介ページはこちら↓↓

https://goo.gl/c6uWOD

─┤インデックス├─・──・──・──・

【1】人の「在り方」とは?心が貧しい人にならないために

─・──・──・──・──・──・──・

覚えていますか?このCM(笑)

 


幼き頃に流れていたこのCM。


あれから10年以上経った今でも

何故か覚えています(笑)




=============
(CMの1コマ)

スリムが何よ。

スリムが何よ。

スリムが、スリムが、スリムが


ドッカーン!!!
=============

覚えてますか?(笑)


なんなんだ!?

スリムドカン!!って・・・。


((((;゚Д゚))))ガクガク




この銀座まるかんのCMが、

全国高額納税者番付の10位以内に

連続で入っている、

斎藤一人さんという方の

作った会社であると頭の中で紐づくまでには、

時間がかかりました(笑)




さて、

今日ご紹介したいのは、

「心の時代」と呼ばれる今の時代に

必要なことが詰まっている斎藤一人さんの1冊。





物が無い時代は、
物を買うことによって、
心が満たされていました。


しかし、物があふれ豊かな今。


物を買うだけでは、
心が満たされている人はどんどん減っています。



例えばバイトの時給。


某牛丼チェーン店では、
時給1000円以上。
都内だと1350円もあるそうです・・・。




一方で
某コーヒーチェーン店では、
時給750円〜1000円前後。



稼ぐということだけならば、

時給が高い方が効率的に早く稼げます。




しかし、離職率を見てみると、
雲泥の差が。



時給が安いコーヒー店のほうが、

圧倒的に離職率が低いという統計があるそうです。



なぜか。


自分が働くことで

誰かの役に立てている!という自己肯定感や、

人としての「在り方」を学べる量の差ではないかと推測できます。







元ウルグアイのムヒカ大統領が来日した時、


「本当に「貧しい人」は、

 贅沢な暮らしを保つためだけに、働く人だ」



この言葉が心の響いた人が多かったのも

通じるところがあるかもしれません。






(著書より)--------------------


あなたはゴキブリが好きですか。

きっと嫌いなはずです。

あなたはゴキブリにはなりたくないですよね。

では、あなたはどうしてゴキブリに生まれなかったのか。

それはあなたを産んでくれた親が人間だったからです。

あなたはみんなに嫌われるゴキブリではなく、

人間として生まれた、ただそれだけでもラッキーではありませんか。

あれもこれも欲しがっているうちは、心が貧しいのです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

----------------------------------------



「人生お金じゃないよね」

↑これを言う資格があるのは、

本当のお金持ちになってから。


「お金」は手段であって、

目的ではない。



目の前に3億円があっても、

ただ眺めているだけでは、

ただの紙切れにすぎません。




お金を使って、

何を手に入れたいのか。




そんな大切なことを考えさせてくれる本です。



少子高齢化で、

人手確保がますます難しくなるこれから先、

何を考えるべきか教えてくれるきっかけになれば幸いです。