「女性は子育てという新しい分野パワーアップして職場復帰できる」という言葉

今日はメルパルクで中部産業局主催の

「ホンキの女性活躍セミナー」に参加してきました。

 

 

「ものづくり名古屋」ということもあり、

株式会社デンソー、株式会社光機械製作所

各々の素敵な女性陣がご登壇頂きました。

 

 

その中でも特に印象的だった言葉が、

「子育て」に関して。

 

 

株式会社博報堂のリーママプロジェクト代表の田中さん

 

お話していたコトが印象的でした。

 

 

10年前は、パパのお迎えは無かった。

 

今は、パパのお迎えが少しずつ増えている。

 

少しずつ、少しずつ変わってきている。

 

だから「女性が」とか「男性が」じゃなくて、

 

いろんな思考が混ざってできる社会が必要なんだということ。

 

 

そしてマーケティングも

 

昔のやり方では通用しなくなってきたということ。

 

 

物があふれ、

 

消費者も変わってきたからこそ、

 

今後は「消費者」の目線が必要になる。

 

 

昔のように、

 

企業が消費者を想定して販売して物が売れた時代じゃなくなった。

 

ではなにがこれから求められるか?というと、

 

生活者共創(Co-Creation)=消費者と企業が直接関わりながら

マーケティングを採ることが求められるということだった。

 

 

 

「何が売れるかな?」「何が出るかな?」っていう

 

サイコロ的な確立論じゃなくて。

 

今は直接、消費者に聞ける時代。

 

 

SNSやWEB、アプリ・・・

もっとより消費者が求めることが何かを追求できるようになった。

 

 

 

現状のニーズだけでなく、

未来のニーズを満たすには、

一人一人、個人の経験による意見や発想によって

生まれるものがある。

 

 

 

だから子育て中とか子どもいる・いない関係なく、

 

どんな人もそれぞれの経験を元に掛け合わせることで

 

新しい発見があるという可能性を摘みとらない企業風土が

 

これから増えたらいいなと強く思いました。

 

 

 

 

「子どもを育てる」というのは、

 

「人を育てる」というマネジメントや

 

効率的に仕事をすることに紐づくこともある。

 

 

 

 

「違い」を「間違い」としない。

 

一人一人の可能性が活きる、

企業風土づくりめざして。

 

 

 

深い学びになった時間でした(^^)