「お金が無い」は「知恵が無い」

「お金が無い」

 

大人がよく耳にする言葉です。

 

お世辞にも、良い言葉だとは思いません。

 

「お金は無い」より「ある」ほうがいい。

 

 

先輩経営者さんとお話をしていると、

今まで知らなかった、ふとした言葉の意味を

学ばせていただく機会があります。

 

 

今日は私がいつも言っていた

「お金が無い」という言葉。

 

 

「お金」は私にとってとらわれる

一番の強敵だと思い10代〜25歳まで過ごしていました。

 

 

そのために必要なことのヒントは、

「お金が無い」のではなかったということでした。

 

 

┤インデックス├─・──・──・──・
【1】「お金が無い」ではなく「知恵がない」
─・──・──・──・──・──・──・─

 

「お金が無い」

 

 

私は、

この言葉にいつも怯えていたんだなぁと思います。

 

 

両親の喧嘩の原因はいつも「お金」でした。

 

 

「稼ぎが悪い」

「お金があれば幸せになれる」

「金がないから幸せになれない」

「金がある人だったら・・・」

 

 

お金に関する嫌なイメージを抱いて育ちました。

 

 

離婚をした親を見て、

子どもながらにこう感じたものです。

 

 

「あぁ、お金が無いって家庭も壊すんだ」

 

「お金があれば幸せだったんだ」

 

「お金があれば離婚なんてなかったんだ」

 

 

 

ドラマ「お金が無い!」

織田裕二さん主演の再放送も

何回もみていたので、

 

「あぁ、本当なんだ・・・」

 

 

(´・ェ・`) ・・・ショボン。

 

 

 

年齢を重ねるごとに、

どんどんその意識は深く深く

根強くなっていきました。

 

 

 

そのコンプレックは、

しばらくの間、とれずにいました。

 

 

ー私の家は貧乏なんだ。

 

ーだから稼がなくちゃいけないんだ。

 

ーお金があれば幸せになれるんだ。

 

 

σ(゚・゚*).。oO(お金欲しい・・・)

 

 

 

今のように

「愛と感謝」の重要性に気づいたのは、

25歳の時、母が癌になった時までわかりませんでした。

 

 

それまでは、止まったら死んでしまうマグロのように

「お金」を追い求めて走り続けた、

10代〜25歳を過ごしました。

 

 

お金について稼ぐ=良いこと、成功者

 

 

そんな言葉も追い風になって、

 

成果主義の営業マン時代を過ごします。

 

 

 

受注をすればするほど、

喜ばれている、稼げている、

自分の物欲も満たし、

自分自身も間違っていなかったんだ!

 

 

 

・・・・それが真実だと思い込んでいました。

 

 

 

ですが、のちにお金だけに目がくらみ、

人が離れていったり、病気やいろんな出来事が起きて、

私に考えさせるチャンスをもらいます。

 

 

自分の本当に欲しかったものは何か。

 

 

 

(゚^ ゚)。oO(お金だけ?)

 

(゚^ ゚)。oO(お金で何が欲しかったんだ?)

 

(゚^ ゚)。oO(あれ?あたし、何したいんだ?)

 

 

20代前半、

お金の迷宮ゾーンに入りました。

 

 

蟻地獄にはいった蟻さん状態です。

 

 

ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!

 

 

 

次第に、お金に対する意識は

様々なタイプの経営者さんに出逢い、

様々なご意見や学びをいただく度に

変わっていきました。

 

 

 

お金がたくさんあっても、

愛人さんがいて、幸せそうに見えない人。

 

 

 

お金がたくさんあって、

高級車を乗り回し、ピカピカの豪邸でも

社員さんや家族の批判をする人。

 

 

 

 

お金がたくさんあって、経営も順調。

だけど、なんだかいつも寂しそうな顔をしている人。

 

 

 

 

お金がたくさんあって、さらに家庭円満な人。

さらに社員さんもハッピーで業績も順調。

 

 

 

いろんな経営者さんがいました。

 

 

 

どれもそれぞれが選んだ道なので、

私は否定も肯定もしません。

 

 

そのなかで、

一つだけ、

分かったことがあります。

 

 

 

 

私は、

【 お金は最適で、家庭円満になりたい 】

 

 

 

 

そして、それをすでに実現している経営者さんの

共通点はなんだろう??

 

 

 

それをいつも見るようにしていました。

 

 

 

(ノ゚□゚)ノ なんだ!なんだ!なんなんだ!!!

 

 

 

すると、共通していることがわかりました。

 

 

・一番身近な組織=家族という考え。

 

 一番近くて最小の組織を幸せを追求している。

 

 

 

・「お金が無い」「不幸」「批判」をいわない。

 

 

 

 

社員さんも家族もハッピーな、

 

まさに私がほしいものを手にいれている、

 

経営者さんに聞いてみました。

 

 

 

(島田)

 

「私は、お金がない家庭に育ちました。

 

 お金で家族はバラバラになりました。

 

 

 だから、稼ぎたい。

 

 だから、幸せになりたい。

 

 でもお金だけじゃないと思いました。

 

 だけど、お金も無いといけないと思います。

 

 よくわかりません。

 

 どうしたらいいですか。」

 

 

 

 

ーそれはね。

 

 お金が無いんじゃなくて、「知恵」が無いんだよ。

 

 お金を稼ぐ人と、稼がない人の違いってなんだかわかる?

 

 

 

 

 知恵があるかないかだよ。

 

 

 

 

 いつの時代も稼げる人と稼がない人がいるのは

 

 なんでだと思う?

 

 

 

 知恵が出せる環境を作っているからだよ。

 

 

 

w(゚0゚*)w オォー w(゚⊿゚;)w オォー w(゚ロ゚;)w オォー

 

 

 

 

頭に衝撃が走りました。

 

 「お金がない」は「知恵がない」

 

 

ーそうか。

 

 

知恵が出る環境っていうのは、

 

意見が出やすい環境。

 

それが社員さんや家族の幸せ様々。

 

 

 

身近な人に「ありがとう」を伝えたり、

意見が出やすい

知恵が出やすい風土・環境ってことなんだ。

 

 

 

 

 

「お金」にとらわれていた私にとって、

 

最大の衝撃と発見でした。

 

 

 

 

 

そして、

決めました。

 

 

 

 

「お金が無い」っていうのを

自分の中から卒業し、

知恵を絞るようにします。

 

 

 

「お金が無い」から「知恵が出る」へ。

 

 

 

 

知恵が出るから、お客様へ喜ばれる。

 

お客様から喜ばれるから、結果として売上が上がる。

 

 

 

まるの[人を輝かす経営] の師匠、

株式会社ナカヤマ様から学んだことが

紐付きました。

 

 

========================

売上とは、

「どれだけお客様に喜んでいただけたか」

========================

 

 

これからも知恵を絞り、学びを実践して、

学びを頂いた先輩方に還元できるように、

日々成長していきたいと思います。

 

 

 

 

 

もしも私と同じように

「お金が無い」で苦しみ悩む若者がいたら、

少しでも役に立てたら幸いです。