相手を知り、違いを受け入れることが器を変える

20代は元気で体力的にも

イケイケゴーゴー!だ。

 

 

 

そして、

あたしのやり方、

おれのやり方ができてくる。

 

 

それが自立への一歩。

 

 

だけど自立は孤立というように、

 

人の意見を聞けない危険児にもなる。

 

 

人の意見を聞けなくなるとどうなるか。

 

孤立する。

 

 

だれも何も言えない。

だれも関わろうとしない。

 

 

 

 

自立することは成長するうえで

必要なプロセスだ。

 

だけど、その中で

その先の応援したくなるような魅力的なリーダーになるには、

 相手を知り、その違いを間違いとすぐに切り捨てないで、

違いを受け入れる器が必要。

 

 

受け入れない人ほど惨めなものはない。

 

こんなことを教えて頂いた。

 

 ┤インデックス├─・──・──・──・
【1】器を大きくしたいなら、違いを受け入れ柔軟になる
─・──・──・──・──・──・──・─

 

選択を重ねてきた結果が今の自分。

 

 

選択する前に切り捨てて

「おらぁ聞かないぜ!」って片意地張ってたら、

誰も何も助言したくなくなる

残念20代になってしまう。

 

 

 

 

コミュニケーションとは、

 

相手を理解し、相手にも理解されること。

 

 

 

 

受け入れた方が器が大きくなる。

 

だったら、自分が先に大きくなった方がいい。

 

 

 

そのどうしようもなく、

受け入れがたい人っていうほどチャンスだ。

 

 

自分が次のステージにいける

大きなヒントを持っている。

 

 

 

 

 

どんな人が苦手か、

どんな人が嫌だな〜ッて思うか、

意識したことなかったけど、

それを知るというのは、

自分のことを理解する一歩だ。

 

 

 

心がザワザワしたり、

ちょっと嫌だな〜と思ったり、

いつもと違う感情が起きる時、

それは自分が進化するチャンスだと。

 

 

 

だからいろんな経験をして

いろんな人と出会っていくことが

自分を大きくするチャンスだと学んだ。

 

 

 

どんどん動こう。

立ち止まって足踏みしている場合じゃない。