インカムの間違った使い方、正しい使い方。インカムは最強の信頼構築の武器

インカムを導入している歯科医院は

2000年初期に比べ、多くなりました。

 

 

2010年〜2015年にかけて

300院以上の歯科医院さんお伺いした経験から

個人的な感想ですが、

スタッフ数が10名を超える規模になって

ある程度定着率が安定し、次のステージ(15名、20名)と

規模が広がっていく展開を見せているところが導入が多いな〜という印象。

 

 

 

一方で以前は導入をしていたけど、

インカム導入を辞めた歯科医院さんもいます。

 

 

なぜか。

それはインカムは最強の信頼関係構築の武器になると同時に、

最強の信頼関係を

ぶっ壊す凶器になるからです。

 

 

─┤インデックス├─・──・──・──・
【1】インカムは最強のコミュニケーション武器
─・──・──・──・──・──・──・

 

 

 

そう、ぶっ壊す武器なんです。

(フリーザのつけているのはインカムっぽいけど違う)

話を戻します。

 

インカムの導入にはメリットもたくさんありますよね。

 

・スタッフ間業務の連携・効率化
・院内の業務連絡・連絡ミス回避

・作業指示

・時間の短縮 ・・・etc

 

 

おそらくそのような目的とコミュニケーションも向上するという目的で

導入されている歯科医院さんは多いと思うんです。

 

 

使用方法はいたって簡単で、

ボタンをポチッと押して

話して、切って・・。

 

 

 

7000円〜3万までピンからキリまで。

今ではレンタルもあります。

 

 

 

コミュニケーションが円滑になり、

スタッフの退職率を下げるなら、

採用コストを考えるより

ぐーんと費用対効果が高い一流品なわけです。

 

 

しかし・・・。

 

 

インカム導入で悲しいことが起こっているという事実。

 

 

 

・スイッチが入っているか

 入っていないかワカラナイから意志疎通ができない。

 (結局、自分で確かめなきゃいけないじゃん!)

 

 

 

・院長に一方的にインカムから怒鳴られて耳がおかしくなる。

 (ひ〜また怒られる〜)

 

 

 

・自分以外の人の会話も入ってくるから業務に支障がでる。

 (切っているって言いづらいし、どうしたらいいんだろう・・)

 

 

 

こんなことが起きています。

 

 

 

つまり、

導入時にスタッフ全体に、

インカム使用方法の

グランドルール】を伝えないと、

完全に事故ります(爆)

 

 

 

そのグランドルールを徹底されているな〜と感じた神的

使用方法を実践している医院さんがあります。

 

 

 

以前見学にお伺いした、

岡崎市のすまいる歯科の山村先生は

まさに『インカムの神』でした。

 

 

個人的なファン目線で恐縮ですが、

インカムの使い方講師をされたらまさに神です。

 

 

 

 

(実施されていたこと)

 

・話せない時は誰かが必ず反応する。

 (「聞いているよ」という合図がボタンのスイッチでわかる)

 

 

 

・患者様や来客時などインカムを外す時は

 「きちんとお話したいので、インカム外しますね」と伝え、

 対応相手にも真摯な姿勢を見せている。

 

 

 

・インカムで褒める!称える!

 (◯◯先生の今の伝え方最高だよ!俺も真似するね〜!)

 

 

 

インカムは誰かが見ている、

聞いているという

最高の承認ツール

 

 

 

 

しかし残念なことに

使用方法を間違えて、導入している歯科医院さんはまだまだたくさんあります。

 

 

 

私が実際に見た時は怒鳴り散らしている院長がいました。

「早くしろ!」「何やってんだ!」「聞いてるのか?!」

 

 

 

そして怯えて謝罪するスタッフさん。

 

 

 

これじゃ業務効率化どころか、

スタッフ萎縮、身動きとれないように

がんじがらめにしているだけだと

残念だな〜と思いました。

 

 

 

山村先生のようにスタッフさんを大切にし、

最高のコミュニケーションツールに活用できる歯科医院さんが

増えるといいな・・と思ったので共有でした。

 

 

 

私もインカムしてみたいな〜。

子どもの頃憧れたんですよね。

「大人になったら持てるアイテム」インカム。

セーラームーンに憧れたあの頃を思い出します(笑)

 

 

信頼関係を築くための承認の方法は様々。

ぜひ耳からも承認を広げてくださいッヽ(=´▽`=)ノ