夢を50書いてみる。選択・期限・なぜ 方法をきちんと学ぶ

あなたの夢はなんですか?

 

たくさんある。

 

だけど具体的にペンを取って紙に書いてみると、

・・・あれ?止まる。

 

それって本当に叶えたい夢か?

 

 

こんな言葉を頂いた。

それ、夢のための夢じゃない?

 

 

・・・グサッ。

 

 
┤インデックス├─・──・──・──・
【1】自分の夢を自分で否定しちゃいけない
─・──・──・──・──・──・──・─

 

よく会社でも学校でも

「◯◯しましょう」と言われると、

その課題のための◯◯になってしまっていて、

本当に自分がやりたいかはヨコミチに逸れていることがある。

 

 

しかも達成できたかどうか、期日を決めないで、

結果を◯か✕で表現できなかったり。

 

 

 

夢・・・・無いでーす!はもっとあかん。

 

夢の立て方って習ったことがないもんだ。

言い訳せずに、きちんと

夢実現のために学んだことを記載すると、ポイントは6つ。

 

 

【夢のススメ方】

1)夢を50個書く。とりあえず紙に書き出すっ!

2)その中からどーしても叶えたい夢を選択する。

3)仕事面2つとプライベート1つに絞る。

4)ショートゴールを設定。 ←「いつまでに」を短くしてみる。

5)結果を判断できるように表現を変える←これ難しい。

6)課題を決める←毎日30分できるもの。

 

・・・

・・・

 

考えすぎると↑こうなる。

ぱーん!

 

コツは一気にやろうとしないで、

2日間にわけて書くという方法。

 

 

1日目とりあえずダァァァあー!!!って書く。

 

2日目、ちょっと冷静に珈琲でも飲みながら客観視する。

裁判官のように冷静に。

 

((ほっっほーう))((はっはーん))って客観視する。

 

 

 

【仕事面】

・自社で10:00−18:00で仕事を終える日を作り、時給10万円になれる仕組みを作る。

 社員さんやお客様がハッピーになれるイベントを開催する。

 

・2016年に100人のすでに自分がなりたい姿を実践している人に会う

 

 

【プライベート面】

・体重49キロになる。(2016年2月までに)

 

 

 

夢って公言していた方が叶うという事実。

 

 

そうだ!

夢は逃げない。逃げるのは自分だ!(by 高橋歩先生)

 

 

夢は叶う!ぜったい。

諦めないかぎり夢はあり続ける。