文句を文句で重ねるから増幅する。悪口退散を伝えていこう

女子はおしゃべりが大好き。

でも悪口が大好物だというのは、嘘。

 

 

悪口が悪口を呼び寄せる。

連鎖が起きているということが真実。

 

 

 

陰口をなくそう!

プラス思考でいこう!

 

素敵な言葉を掲げているのにも関わらず、

一向に陰口・悪口が止まらないという

人間関係のもつれが起きていることがあります。

 

 

 

なぜか。

 

悪口の連鎖を断ち切る方法を

共有していないから。

 

 

 ─┤インデックス├─・──・──・──・
【1】組織の険悪な雰囲気は悪口を断ち切る方法知らないだけ
─・──・──・──・──・──・──・

 

ご存じですか?

 

入社したての方が、

人間関係で悩む人が最初にする行動。

 

 

検索です。

 

 

 

人に相談できない。

同じ組織の人に相談できない。

 

 

だから検索窓口にこう入れるわけです。

 

 

「歯科医院 悪口 人間関係」

 

「新人 人間関係 辞めたい」

 

「医療事務 人間関係 ストレス」

 

 

実際にyahoo知恵袋やホームページの検索キーワードを

見ていると悩んでいる人が溢れているということが

よくわかります。

 

 

 

 

その中で、多いのが「悪口・陰口」

 

 

 

本人もできれば悪口を言いたくない。

 

だけど、否定もできない。

 

こんなことがありました。

 

 

 

 

【悪口伝達屋さん事件簿】

 

私が歯科助手をしていた時。

 

歯科医院に悪口伝達屋さんがいました(笑)

 

 

悪口伝達屋さん=Xさんします。

こんなことが毎日起こるわけです。

 

 

Aさんがいる前では、XさんはBさんの悪口を言う。

Xさん「Bさんがこんなこと言ってたよ」

 

 

 

Bさんがいる前では、XさんはAさんの悪口を言う。

Xさん「Aさんがこんなこと言ってたよ」

 

 

 

それぞれのAさん、Bさんがその悪口に便乗する。

 

Aさん「Bさんひどーい」

 

Bさん「Aさんひどーい」

 

 

だからXさんはヒートアップしてさらに増幅させて

伝達屋さんを繰り替えします。

 

 

Xさん「そうでしょ〜そうでしょ〜」

 

 

 

そんなことが日常茶飯事ですから、

その歯科医院は毎月人が辞めるわけです。

 

 

誰も止めない(笑)

悪口の無限ループ冒されてしまうわけです。

 

 

 

 

ある時、Xさんが

私にこんなことを伝達しにきました。

 

 

「AさんとBさんが島田さんは仕事を覚えるのが遅いって」

 

 

あらあら。

まあまあ。

 

 

・・・・来ました。

 

伝達屋さん登場です。

 

私は結構そんな伝達屋さんを

今まで何度も見てきたので、

現状確認の対応をします。

 

 

 

 

「そうなんですね。(現状確認)」

 

 

 

以上。

 

 

 

あとは何も言わない。

 

 

そしたらXさんは総スカン。

 

 

 

なんだよ・・・便乗しないのかって顔。

 

 

 ( ̄△ ̄)つまんねーの。

 

 

 

悪口は言っている方がブスになるって言う言葉があるように、

文句や悪口は言っても誰も得をしない。

 

 

これは斎藤一人さんが言っていました。

 

文句は文句で返さない。

悪口は悪口で返さない。

 

 

 

これだけです。

 

 

ー悪口を聞いたらどうするんですか?

ー文句を聞いたらどうするんですか?

 

 

そうなんですね。

へーえ。

 

で終わらせる。

 

自分がその連鎖を切る人になる。

それだけで良いと学びました。

 

 

 

 

「私達が目指しているところはここ(理念)

 

 だったら毎日の行動は悪口じゃないよね」

 

 

そんな組織を広げて行きたいです。

 

 

医療を受けに来る方々は、

 

苦しい思いをしている方がいるかもしれない。

 

医療を提供する側が悪口や文句で、

ぶちゃいくお顔で対応されたら、

 

嫌だと思うから。

 

 

仲間同士を高められる職場を

これからも作っていきます。

 

 

 

(*`◇´*)/がんばるんば!