20代のわがままは、放っておくとイタくなる。

20代はわがままだ。

 

 

「強気」の塊ともいえる。

 

 

 

強気=「強い」+「気」

 

 

オールもできるし、

なんでそんなことできるの?!ってくらい、

元気でHighでいられる。

 

 

もしかしたら、

「病は気から」っていうけど、

それも本当なのかもって思うくらい、

いろんなものを跳ね除けるパワーがある。

 

 

 

 

 

社会に出て、

右も左もわからない「依存」状態から、

自分の「やり方」が生まれて、

「自立」へ進む一歩だからかもしれない。

 

 

 

 

その自立への道で行き止まることがある。

 

感情のコントロール不足。

 

 

┤インデックス├─・──・──・──・
【1】20代は言いたい放題。30代まで持って行くとイタくなる
─・──・──・──・──・──・──・─

 

 

何か言われたら、

すぐ不機嫌になる。

すぐムッとする。

すぐモチベーションが下がる。

 

 

やってらんねー。

クソったれ。

何がわかるか!

 

 

いろんなものに反抗をする。

 

それがカッコいいと思う勘違いも時々する。

 

 

 

 

24歳の頃の自分は、

自分が間違ったことをしていない!っていう

強気と言う名の「反省しないバカ」だった。

 

 

会社の先輩に「帰れ!」って言われて、

本当に帰っちゃったこともある(笑)

 

 

(結局、また会社に戻ったんだけど・・・)

 

 

「申し訳ございませんでした」が言えない病。

 

言えばいいものを、

自分のエゴが邪魔をする。

 

 

 

20代前半は

世の中に反発して、反抗していた。

 

 

 

 

そんな時に、

中村天風さんの本に書いてあった。

 

 

 

自分の機嫌くらい

自分でとれ。

 

 

自分の機嫌をとれないで相手の機嫌を取るな。

 

相手の機嫌に紛らわされるな。

 

自分はいつでもニコニコいろ。

 

相手は相手の都合で機嫌が悪いだけ。

 

自分はその相手の都合に合わせるな。

 

自分はいつもご機嫌でいると決意しろ。

 

 

 

「自分の機嫌くらい自分でとれ」

 

 

この言葉にガツンときた。

 

 

あぁ、自分っていう一番自分で

コントロールできない人間が

何やってんだって。

 

 

これじゃ人の上に立つ人間に

 

なれないなって猛烈に反省。

 

 

 

 

反抗していたり、

抵抗していることが、

自分が「こうなの!」と主張することだと

勘違いしていた。

 

 

 

たまにエッジの聞いた

鋭い言葉や刺激的な攻撃に

「ありがとうございます」って言えるか。

 

 

 毎日は訓練。

 

 

 

 

言葉だけじゃなく、

本当に感謝の気持ちを持って接することはできるか。

試されているんだ。

 

 

 

 

20代は強気でわがままで、

言いたいことも言える。

 

 

 

だけど30代まで同じように

通じると勘違いをしないように。

 

 

 

誰も何も言ってくれないイタイ30代にならないように。

そう気づかせてくれた人生の先輩に感謝だ。