No.88【医院経営でも必須になる院内マーケティング術】

みなさん、こんばんは!

 

 

私の集中力は3時間が限界!

 

で有名な鎌形です。

 

 

改めまして、

 

今日も絶好調⤴まるの鎌形です!

 

 

今日、5時間アイデアだしの

 

ブレーンストーミングをやってみたんですけど、

 

ダメです〜。

 

集中力持ちません・・・

 

 

 

ま!そんな日もありますね(笑)

 

 

 

さて、さて、

 

院長である、

 

みなさんは、どれほど、

 

社員さんの話を聴いていますか?

 

 

 

相手の話に好奇心をもって、

 

本気で聴く。

 

 

 

私は、先月、52時間でした。

 

25日稼働として、1日2時間弱です。

 

 

 

本気で聴くって

 

簡単なようでやってみると、

 

なかなか出来ない人が多いんです(ーー;)

 

 

そもそも、自分の未完了をなくさないと

 

それどころじゃないですからね(笑)

 

 

”未完了を手放す”の記事はこちら↓

http://goo.gl/7Ynckx

 

 

 

昨日も、仲間と話してたんですけどね、

 

院長が、社員さんや奥さんに

 

コーチングできるようになるだけで、

 

だいぶ変わります。

 

 

 

毎日、

 

聴いていく内に、

 

相手はどんどん明るくなるし、

 

認めてもらっている〜、

 

大事にされてる〜と感じます。

 

 

それに聴く方も、

 

相手の意見で、どんどん

 

アイデアが広がっていくわけです。

 

 

 

いいことづくしなんです。

 

 

 

どんなツールを使うよりも、

 

有効な手段です(^^)

 

 

ぜひ、みなさんの医院、

 

みなさん自身にも、

 

コーチングを!

 

 


それでは、
本日もスタート!!


─┤インデックス├─・──・──・──・
【1】名前はマーケティングで大事な要素。
【2】ITに強いユニークな経歴を採用する。
【3】3つのスキル
─・──・──・──・──・──・──・

今日も前回に引き続き、

 

マーケティングについての

お話です。

 

 

 

前回は、

 

 

グレイトフル・デッドという

 

伝説的なバンドのマーケティング術を参考に、

 

 

常に人に「見られている」ということが、

 

いかに仕事に効果をもたらすか。


従来のやり方を変えようとする意思があれば、
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
全く新しいチャンスがうまれるということ。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

自分が戦いやすい土俵を作るための問いかけ。

 


「自院がライバルより3倍も優れているのは何か?」
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


「自院がライバルより3倍劣っているのは何か?」
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

などについてお伝えしました。

 

 

前回のブログはこちら↓↓

http://goo.gl/SX9De7


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】名前はマーケティングで大事な要素。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

忘れられない名前をつける。

 

これって、とっても大事なことなんですよね

 

 

「大好き」

 

「大嫌い」

 

「意味がわからない」

 

 

どう捉えられるにせよ、

 

グレイトフル・デッドは、人が覚える名前。

 

 

 

グレイトフル・デッド・・・・

 

 

感謝する死者

 

 

 

なかなかコミカルな感じですよね(^^)

 

 

印象で忘れられない名前。

 

 

 

グレイトフル・デッドのように

 

印象的で忘れられない名前をつけると、

 

組織にとっても大きな資産になっていきます。

 

 

 

ソーシャルネットワークと

 

検索エンジンが普及している今、

 

 

医院名や、診療内容、

 

イベント名などなど

 

個性的で忘れられない名前を持っていると、

 

オンラインの検索でライバルよりも

 

見つけてもらいやすくなります。

 

 

 

ほとんどの医院は、

 

何かの名前をつける時に、

 

印象に残るかどうかとか、

 

グーグルなどの検索サービスでどう検索されるか、

 

といったことに注意を払いません。

 

 

 


自分の医院や診療内容、

 

サービス名、イベント名、書籍名などなど、

 

名前をつける機会があったら、

 

検索したときに良い順位になるような

 

名前の付け方が望ましいですね!

 

 

 

 

でも、

 

名前をつけるのは難しい(*_*)

 

 

 

でも、これは、

 

マーケティングで非常に重要な要素です。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

なのに、

 

この重要な行為に

^^^^^^^^^^^^^^

十分な時間を割いている医院は少ない。  

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

業界の中の常識なのかもしれないですが、

 

ほぼ、おんなじ名前の医院がありますよね。

 

 

もう少し型破りで面白い医院名が

 

あってもいいと思うのは

 

私だけでしょうか・・・(笑)

 

 

 

たまたまか、

 

狙ってか・・・

 

こんな医院もありますね。

 

 

なおる歯科

 

 

カルシウム歯科

 

 

ときめき☆歯科医院

 

 

ナウ歯科

 

 

家出病院

 

 

ミスクリニック

 

 

 

この辺りの医院名は、

 

案の定、面白い名前ランキングで、

 

取り上げられたりしています(笑)

 

 

 

 

さて、

 

名前を考えるときに、留意するコツです。

 

 

●よくある名前や

 有名な映画や本のタイトルとして

 すでに使われている名前を避ける。

 

できれば、検索エンジンや、

 

ソーシャルメディアでリストのトップに

 

出る名前がいいですよねー。

 


●名前を最終決定する前に検索エンジンで確認する。

 

 

●思いもよらない場所にインスピレーションを求めましょ。

 

例えば、Amazonなどのサイトにいき、

 

名前をつけようとしているカテゴリーで検索。

 


●造語を選ぶ。


検索すると、その名前しか出てこない。

 

でも、あまりにも難解で発音が難しいものは

 

やめたほうがいいですねー。

 

 

 ●ふたつの全く異なる単語をくみあわせて

 一つの造語にする。

 

 まる×クリニックで

 

 まるニック。

 

 みたいなことです。

 

 

 

●「ABC順配列」で変えて新しい名前をつくる。

 これは

 marushikaだったとしたら、

 arushika

   barushika

   carushika

   darushika

   .

 .

 

みたいな感じに頭文字をABC順に変えてくだけです。

 

たまに面白いのに当たりますよ(笑)

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【2】ITに強いユニークな経歴を採用する。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

ロックバンドは、

 

通常、同じような音楽の経歴を持つ人が集まって結成されます。

 

 

でも、グレイトフル・デッドは、

 

幅広い経歴を持つミュージシャン達が引き寄せられて集まりました。

 

異なる音楽的な経験を積んだメンバーが集まって、

 

ものすごいコンビネーションを創り、

 

ほかのバンドにはないサウンドを作り出しているそうです。

 

 


ユニークな経歴を混ぜるという

 

常識からかけ離れたやり方が、

 

実はパワフルな組み合わせをもたらす。   

 

 

異なる才能がある人を集めるっていうのは、

 

とってもいいんですね。

 

 

しかも、変化が激しい今日では、

 

グレイトフル・デッドのように、

 

ユニークな才能を持った個人で構成された、

 

多様性のあるマーケティングチームが必要です。

 

 

もしも、

 

もしもですよ。

 

皆さんの医院に、マーケティングチームができたら、

 

それは相当に強い武器です。

 


でも、社員さんは、

 

マーケティング会社や広告代理店の出身である必要はありません。

 

 

 

ITに通じていて、

^^^^^^^^^^^^^

ソーシャルメディアを使いこなしている人。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

こういう人、

 

意外と多いですからね。

 

 

 

 

中小クリニック・医院で行う

 

マーケティングは、

 

そんなにレベルの高いことをするわけではありません。

 

 

 

誰でも、【型】さえつかめば、

 

ある程度のレベルにはなります。

 

 

 

あとは、素質×訓練でどうとでもなります。  

 

 

 

もちろん、そこに集中できるだけの

 

時間の投資は必要不可欠です。

 

 

さらに、

 

最強チームを作るんであれば、

 

財務に詳しい分析家、

 

そして市場に幅広いコネクションがある人。

 

※ここでいうコネクションは、

 

 リアルな連絡先をたくさん持っている人ではなく、

 

 ブログやソーシャルメディアの世界で何千人にも発信ができる人。


あとは、ブログ、動画、ウェブセミナー、ポッドキャストといった

 

コンテンツを簡単につくれる人がいたらバッチリ。

 

 

でも、一人でこういったスキルを

 

全て備えている人はなかなかいません。

 

 

だから様々なスキルを持つ人を集めてチームを作るんです。

 

 

ちなみに、こうしたスキルを持つ人は、

 

「成功体験」がない人のほうがよかったりします。

 

 

 

インターネット業界の移り変わりは

 

本当に早い。

 

だから、勉強を続ける人じゃないと、辛い。

    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

昔、前職で、

 

広告代理店でずっと働いていたんだ。という人と、

 

議論したことがありましたが、頭が固い。

 

 

 

固いし、言ってることが難しすぎる(笑)

 

 

 

10年、20年前の成功体験にとらわれている人よりも、

 

日常的にITに触れて、

 

実践でトライアンドエラーしてる人のほうが

 

よっぽどいいです。

 

 

 

自分でブログやFacebook配信をしている人、

 

でも、なかなか成果がでずに試行錯誤しているような人は、

 

医院のコンテンツ制作者にはピッタリかもしれないですね。

 

 

マーケティングは実践あるのみです。

 

 

 

小さな失敗を繰り返して、

 

成果に近づけていく地道な作業です。

 

 

 

だから常に革新です。

 

 

そういう意味では、

 

業界の常識を打ち破っていくためにも、

 

 

 

自分たちが専門としている分野や、

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

なじみのある分野以外から、

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

能力のある人を連れてくること。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

これって、IT時代を生きる

 

医院にとって、

 

とても重要なことだと思います。

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【3】3つのスキル

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

ちなみに、

 

 

マーケティングチームは

 

次のようなスキルを持つ人達で編成するといいです。

 

重要なのは3つのスキルです。

 

 


●病院や、診療内容を患者さんに

 「みつけてもらう」ことを職務とする人   

 

●病院や、診療内容について患者さんに理解してもらい、

 魅力を感じて、「捉え方を変えてもらう」ように働きかける人

 

 

●数字を「分析」してより良い決断を下すための援助をする人 

 

 

この3つです。

 

 

それぞれに必要な能力が違うんです。

 

 

 

 

「みつけてもらうチーム」には、

 

市場への伝播力を持つ人や、

 

うまれつきのコンテンツクリエイターを雇う。

 

 

「捉え方を変えてもらうチーム」には、

 

デジタルの世界に慣れ親しんだ人を雇用するか、

 

社員さんがそうなるようにトレーニングをする。 

 

 

「分析チーム」には、

 

優れた分析力のある人を配置する。

 

 


皆さんの医院にはそんな人はいないでしょうか?

 

 


マーケティングの力はこれからますます、

 

必要になっていきます。

 

 

しかも、それを社内で作れる医院。

 

 

 

これはそうとうな強みになっていくわけです。

 

 

でも、そんなしくみを簡単につくれるほど、

 

IT業界も甘くはありません。

 

 

 

日々勉強。

 

日々革新です。

 

 

 

ただ、めんどくさがらずに取り組んでいる医院さんは、

 

必ず大きな成果をあげているのも事実です。

 

 

 

 

皆さんの医院のマーケティングの形、

 

見直してみてはいかがでしょうか?


 

本日はここまで!

ありがとうございましたm(__)m

 

 

●まるのアウトプットメルマガバックナンバー

http://goo.gl/s4nxlK

 

 

●鎌形のアウトプット集

http://goo.gl/6RiWHf

 

 

●戦う女島田からの情報発信

http://goo.gl/wmk5DY

 

 

●20代30代を面白おかしくHAPPYに「20まる」

http://goo.gl/FuPtc0

 

 

●おすすめ書籍

http://goo.gl/pmIbIe

 

 

●お客様の声

http://goo.gl/YpKXCQ