No.85【幸せでご機嫌な人生=手放す技術(続き)】

みなさん、こんにちは!

 

 
セブン-イレブンのワインって

おいしいよね。で有名な鎌形です。

 

改めまして、

今日も絶好調⤴まるの鎌形です!

 

 

鯉のぼりっていいですよね。

 

 

なんか、見てても楽しい。

 

 

風におあられて

 

ヒラヒラする感じ。

 

 

あー、気持ちいい(^^)

 

 

 

でですね、

 

 

 

ちょっと張り切って、

 

地面に寝てみたんですよ。

 

 

 

 

 

そしたらね、

風止む。

 

 

・・・

 

 

お見事

 

それでは、
本日もスタート!!

─┤インデックス├─・──・──・──・
【1】幸せでご機嫌な人生=手放す技術(続き)

【2】正解なんてありませーん。そして知りませーん。

【3】問題が問題である理由。

【4】選ぶのは自分。
─・──・──・──・──・──・──・

今日も、心理学、コーチングについての

お話です。

仕事も、人間関係も

うまくいく方程式。



それが手放す技術です。
^^^^^^^^^^^^^^^^

昨日は、

 

未完了を完了させると、
^^^^^^^^^^^^^^^^^
エネルギーがあがるのを感じる。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

 

自分のエネルギーを上げたり、
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
やる気を取り戻したいのであれば、
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
未完了を完了させていくことです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^



未完了を完了させるためには、

 


まずは、未完了な何かを
^^^^^^^^^^^^^^^^^^
意識の外に出してしまうこと
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 


そして実際に、

それを片付けてしまう。


または、

自分で、終了を宣言する。



「はい、かーーーーーーんりょう〜!!」

 

 

今の医療機関の院長、

 

スタッフさん、というか、

 

日本人、


たくさん抱えすぎですよ。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
手放しましょう。
^^^^^^^^^^^^

 

前回のブログはこちら↓

http://goo.gl/RNdYuH


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】幸せでご機嫌な人生=手放す技術(続き)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

幸せでご機嫌な人生を歩むためには、

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

手放すこと。

^^^^^^^^^^

 

 

 

昨日は嘘も未完了です。

 

ってところまでいきましたね(^^)

 

 

 

 

もし、誰かに嘘をついていることがあるんなら、

 

 


あなたに嘘をつきました。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

この言葉を、言えるかどうか。

 

 

これを言えない人生は辛いんですよねー。

 

 

 


嘘をついたことを相手に知らせる。

 

そうすると、

 

いい人ではいられなくなるかもしれないけど、

 

もう一度嘘をつかなくてよくなります。

 

 

 

それから、

 

自分が嘘をついたということで

 

自分を責めなくてもよくなる。

 

 


人との関係で、

 

何か未完了になっていることがあるときには、

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

相手にそれを伝えることです。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

 

もし、相手が自分を誤解しているようであれば、

 

その誤解で自分が苦しんでいることを伝えればいいんです。

 

 


「 そのことをとても気にしているから、

 

  それについて聞いてほしい      」

 

 

と相手と会話することです。

 

 


その目的は、

 

どちらが正しいとか、

 

真実を明らかにすることでもなく、

 

相手に謝らせることでもありません。

 


ただただ、

 

未完了を完了させるための会話です。

 

 

 

会話を交わして、

 

今よりも少しでも、

 

相手を理解したり、

 

自分の解釈を見直したりする機会が持てれば、

 

未完了は減っていきます。

 

 


完了とは、

 

けじめをつけることですが、

 

それは白黒をはっきりさせることとは違います。

   ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

 

白黒はっきりさせないといられないのも、

 

それはそれは問題です。

 

 

 

白黒はっきりさせずにはいられない!

 

という状態を抱え込んでしまうことが、

 

そもそも未完了になり、

 

その影響をうけてしまいます。

 

 

 

白か、黒か、

 

どっちでもいいし、どっちも正解ですよ。

 

 

 


未完了を減らして、自分を軽やかにする。

 

 

 

 

そして、自分を、

 

真新しいシャツに袖を通したような

 

感覚にしておくことです。

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【2】正解なんてありませーん。そして知りませーん。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

学校のテストや勉強では、

 

最後に正解が用意されています。

 

 

でも、現実の世界では、正解なんてありません。

 

 

 

自分のやること、なす事に正解があったら

 

つまんないですよねー。

 

 

 

直面するさまざまな問題、

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

自分に向けられた「問い」

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

それらは、

 

全部、自分で答えをみつけなければなりません。

   ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

 

特に経営者である院長はそうです。

 

自分で決断することを求められているんです。

 

 

誰かに答えをねだると、

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

その瞬間、

^^^^^^^^

自分の人生の手綱を渡してしまうことになります。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

 


そもそも「正解」なんて、

 

ないんです。

 

 

それに誰も知らない。

 

 

どれだけ物知りな人だって、

 

実は「正解」なんて知らないですよ。

 

 

 

経営のやり方

 

マーケティングの仕方

 

人との向き合い方

 

子育ての仕方

 

自分のスキル・人格の磨き方

 

人生の楽しみ方

 

 

 

みーんな正解は知りまへん。

 

 

 


あるのは「過程」だけで、

 

結論なんてあってないようなもんです。

 

 


何が正解なのか、

 

それは誰にもわかりません。

 

 

 

あるのは自分への問いであり、

 

その問いを読み解くのもまた、新たな「問い」ですよね。

 

 


問いは未完了ではありません。

 

問題も、必ずしも未完了ではありません。

 

 


問いや問題と向き合う。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

 

この行為が、

 

未来を創りだすと思います。

 

 

 

そして、

 

問いや新しい視点は、

^^^^^^^^^^^^^^^^^

人との関わりを通して見出されます。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

やっぱりねー、

 

一人では難しいですよ。

 


人との関わりを持てないでいると、

 

問いも持てないし、

 

問いに対する視点の変化ももてません。

 

 


じゃあ、人とはどう関わるのか?

 

 

新しい関わりはどうつくるのか?

 

 

これは難しいですよねー。

 

 

 

頭で考えているだけではダメで、

 

行動も伴わないと答えは見つからない。

 

 

 

さあ、どうしましょうか?

 

 

 

あなたの「答え」はなんですか?

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【3】問題が問題である理由。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


それは何が問題なのかがわからないことです。

 


何が問題なのか、

 

それがハッキリしてしまえば、

 

その問題はほとんど解決してしまいます。

 

 

ほんとですよ。

 

 

 

そして、

 

問題だと思っていることの原因は、

 

 

ほとんど

 

自分自身のものの捉え方や

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

解釈の仕方にあるんだと気づきます。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

 


問題って聞くと、

 

暗くて、重くて、深刻なもの。

 

そう思うのが一般的ですかね。

 

 

でも、問題と向き合って、

 

それについてずっと考えていると、

そのうちに未来が見えてくるのに気づきます。

 

 

お!こうゆうことか!

 

 

あ!そゆことね!

 


原因自分論。

^^^^^^^^^

 

これは本当にそうなんですよね。

 

 


誰かから、

 

「それはあなたの問題です」と言われる前に、

 

 

「そうだ、これは私の問題だ」と思ってみてください。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

私のための問題だと思ったら、

 

その問題はずっと身近になって、

 

親しみを感じますよ。

 

 

 

あー、問題さん、ありがとうございます!!笑

 

 

 

多くの問題によって、

 

自分自身のものの捉え方や解釈の仕方が変わり

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

成長できるんです。

^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

問題バンザイ!

 

 

誰かの問題にしたい自分、さいなら。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【4】選ぶのは自分。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

正しい答えってなんでしょうね?

 


ずっと正しい答えを求めていて、

 

誰かに承認して欲しい。

 

「それでいいんだよー」と。

 

 


正しい生き方、

 

正しい医院経営、

 

正しい政治、

 

正しい親、

 

正しい老後、

 

正しい休日の過ごし方、

 

正しい人間関係。

 

 


どんな生き方がいいのか、

 

どんなあり方をするのか、

 

どんな休日を過ごすのか、

 


自分に問われてるんです。

 

 

 

だから「問い」は大事にしたほうがいいですよ。

 


でも、

 

 

その「答え」は自分でみつけたほうがいいです。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

 


でも、見つからなくてもいいんです。

 

いろんな人の話しは参考にするけど、

 

その答えは自分で見つける。

 

 


問いと答えはいつも自分のものです。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

 

 

■■■■■■■■■■■■■■
「私は正しい」でも「相手も正しい」

■■■■■■■■■■■■■■

 

 

私は正しい。


これは少なくとも間違ってはいない。

 

 

でも、これさえ手放せたら、

 

もっともっと気が楽になるんですけどね!

 


だからといって、

 

「自分は間違っていると認めましょう」

 

ということんじゃないです。

 

 


あなたは正しい。でも、相手も正しいんです。

 

 

 

 

私達は結構、

 

周りの人と、

 

「答え」を共有しようとしてますよね。

 

 

 

どうゆう行動をとればいいのか、

 

どうゆう選択をすればいいのか、

 

どうゆう発言をすればいいのか、

 

 

 

よけいなお世話。

 

ってこと、多くないですか?笑

 

 

 


人生をどうするか、

 

何に感動するか、

 

それらは、問われていることであって、

 

そこに答えはいらない。

 

 

だって人それぞれに正しい答えがあるんだから。

 

 

ただ、おたがいに、その「問い」を共有していたいですね。

 

 



本日はここまで!

ありがとうございましたm(__)m