No.77 自分で見つけた答えには力が出る。

 

みなさん、こんにちは!

 

 

若干の脱力感に苛まれていることで

有名な鎌形です。

 

 

改めまして、

今日も絶好調⤴まるの鎌形です!

 

 

昨日は、ある団体さんと、

コラボさせていただいて、

セミナーを開催。

 

50名近くの方に対して、

参加型の講演を行うということで、

 

 

どうしたら、参加者さんが自分事として、

学びを持ち帰って頂けるかなー。

ということを吟味して吟味して、

 

 

準備に当てた時間は20時間以上。

とっても時間が掛かりました。

 

 

が、結果は大成功!!

 

今までの講演で一番良かったというお声も頂いて、

本当にこういった機会をいただけて感謝です。

 

 

大成功のヒントは、

 

やっぱり、

 

「相手の中で答えを見つけてもらう」

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

ということ。

 

昨日の講演の様子↓

 

舞台裏は、金曜日に配信しまーす。

 

 

それでは、

本日もスタート!!

 

 

─┤インデックス├─・──・──・──・

【1】自分で見つけた答えには力が出る。

─・──・──・──・──・──・──・

 

前回は、

 

究極の褒め言葉とは、

^^^^^^^^^^^^^^^^^

相手が自分に対して

^^^^^^^^^^^^^^^^^

どうゆう影響を与えたのかを言葉にして伝えること

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

 

「 あなたが頑張っているのを見ていると、

  私もやる気まんまんになるんですよ  」

  ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

とか

 

「 今日のあなたの仕事の仕方をみていて

  私は安心してみていれましたよ    」

  ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

とか

 

「 あなたが優秀だから、

  私も負けてられないって思いましたよ 」

  ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

こういう承認の仕方が

 

相手の心の中にストンと落ちる。

 

 

 

そんなことをお話しました。

 

 

前回のブログはこちら↓↓

http://goo.gl/4U1G7m

 

 

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】自分で見つけた答えには力が出る。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

今日も引き続きコーチングのお話です。

 

 

 

冒頭に、

 

講演の大成功のヒントは、

 

「相手の中で答えを見つけてもらう」

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

とお伝えしました。

 

 

これはなぜか。

 

 

 

自分で見つけた答えには力が出る。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

 

ということなんです。

 

 

人間、人から言われた言葉には、そこまでの影響力はありません。

 

 

自分の心の中から出てきた言葉に一番影響されます。

 

 

 

本当に自分と向き合って、

 

本当に自分の奥底に問いかけて、

 

本当に出てきた答え。

 

 

 

それには身体が正直に反応できるんですね!

 

 

 

 

私がいい例です。

 

 

 

私は、人前で、講演するような人間ではありません。

 

 

 

正直、毎回毎回、緊張もひどいし、

 

頭が回るわけでもないし、

 

講演家としては、とっても不向きな人間だと思ってます。

 

 

 

昨日なんて、緊張のあまり、

 

1時間に4回もトイレいきましたよ(笑)

 

80分間も尺もらったけど、どうしよう(ーー;)

 

からのスタートです。

 

 

 

 

 

でも、

 

自分の中で、これをやりたい!と思った答えを

 

実現するためだから、

 

自然とそこにも取り組んでいけるんです。

 

 

足らない部分は、努力で補えばいいや。

 

ってなるんです。

 

 

 

だから自分で答えを見つける。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

とっても大事なことなんです。

 

 

 

 

 

答えを伝えることはカンタンです。

 

 

 

でも、いくら、

 

こんなやり方がいい。

 

こんな方法がいい。

 

と伝えたところで、

 

それはその人の答えです。

 

 

 

私にとっての正解は、

 

皆さんにとっても不正解かもしれない。

 

 

 

 

人間はロボットじゃありません。

 

10人いれば、10人の個性があります。

 

 

 

ただただ、自分の個性に当てはめて、

 

それ通りにすることを強要するのは、

 

とても息苦しくなってしまうんです。

 

 

 

 

もちろん、最低限の知識、モラル、教育という部分では、

 

強要も必要です。

 

 

 

 

 

でも、最終的に独り立ちしてもらおうとしたら、

 

自分で考えて、自分で答えを見つけてもらうしかないですよね。

 

 

 

 

ただただ、言われたことだけやればいいっていうマネジメントは、

 

完全に依存人間を作り続けることになります。

 

 

 

 

それってつまんないですよね。

 

 

 

 

「相手の中で答えを見つけてもらう」

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

 

これがコーチングの基本なんです。

 

 

 

 

 

自分で答えを見つけるから力が出るんです。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

自分毎として捉えてもらえるんです。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

 

 

最後まで引き出すんです。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 


コンサルティングや

 

カウンセリングと

 

コーチングの違いについて

 

よく聞かれることがあります。

 

 

 

 

コンサルティングは、

 

答えを提案することが特徴の一つでしょうし、

^^^^^^^^^^^^^^^^

 

カウンセラーはある心理状態を引き起こしている理由・問題を

         ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

クライアントさんから引き出すのが特徴といえると思います。

 


コンサルティング、

 

カウンセリングも、

 


「相手をこうゆうところへ導きたい」という

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

落とし所(答え)を持っているんですよね。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

 

 

 

でも、それに対して、

 

コーチングは、

^^^^^^^^^^^^^

落とし所(答え)を持っていないんですよ。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 


最後の最後まで、


「で、あなたはどうするの?」

 

と聴き続ける。

 



まったく落とし所(答え)を持たずに

 

クライアントさんに立ち向かっていくのは、


「コーチング」の最大の特徴だと言えます。

 

 

 

 

何度もいいますが、

私にとっての正解は、


皆さんにとっての不正解かもしれません。

 

 


だから、一番は、


皆さん自身が、

 

皆さんなりの答えを見つけて、

 

それに向かって、


自発的に動ける状態にすることです。

 



方法は正直なんでもいいんですよね。

 


クライアントさんや関わる社員さんが

 

一番気持よく動ける形であれば、、、、

 

 

ほんとに、なんでもいいんです。

 

 

 

 


例えばこんなことがありました。

 

ある人から、相談を受けた時、

いろんな現状や悩み、不安を明確化したあとに聴いたんです。

 

 


「それで、○○さんはどうしたいんですか?」

 


こう聴くと、

 


「んー、ちょっと今はわからないですねー。」

 


と、答えが出てこない。

 



・・・

 

でも、

 

相手をしっかりと見据えて、

もう一度問いかけます。

 


「 もう一度整理してみて下さい。

 

  ○○さんは本当はどうしたいんですか?」

 


・・・

 

 

相手から笑いが消え、

 

明確な答えが出てきました。

 

 

 


普段、上司である院長は、

 

スタッフさんに対して、

 

「あなたはどんなことをしたいの?」と聞きながらも

 

一方では、答えが返ってこないときに備えて、

 

落とし所(答え)を用意していることが多いと思います。

 

 

そして、じゃあこれやって!と、指示をする。

 

 

 

でも、それだと、

 

相手の答えを本当に引き出していることにはなりません。

 

 

どこかで、「指示、命令」になってしまいます。

 

 

 

それでは、スタッフさんの心にはストンと入りませんし、

 

どこまでいっても他人から言われたことです。

 

 

どれだけ真剣に取り組めるかはわかりません。

 

 


重要なのは、

 

「あなたはどうしたいの?」と聞きながら、

 

心の中で「絶対に答えはあなたの中にある!」と

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

大声で叫びながら聴くということです。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 


それがおそらく視線や声のトーンに表れて、

 

相手に伝わっていきます。

 


2回同じ質問をすると、たいてい相手は答え始めます。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 


今度、スタッフさんから相談を受けたら、


こういって試してみて下さい。

 

 


「 きっと、答えは君の中にあるよ。 」

(短く間を置く)

「 どうしたらいいと思う? 」


相手がわからないといったら、


もう一回繰り返します。


心の中で、

 

「あなたは絶対に知っている!」と叫びながら、

 


「 もし、自分がもう答えを持ってるとしたら、

 

  どうしたらいいと思う?          」

 


相手の中に答えはあると信じて最後まで問い続ける。

 

 

 

自分で見つけた答えだったら、

 

スタッフさんは、目の色を変えて取り組むはずですよ。

 

 

 

 

 

 

「相手の中で答えを見つけてもらう」

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

ぜひ、試してみてください。

 

 

 

本日はここまで!

ありがとうございましたm(__)m

 

 

 

<グループコーチング開催>

【医療、歯科・動物病院業界限定】

競争が激化する医療業界の荒れた海の中で

目的地に到着するための航海図を手に入れる。

 

医院経営が楽しくなる経営計画書の作り方

セミナー&グループコーチング

 
●4月21日(木)14時〜17時 名古屋

 

 

<外部団体開催>

 

【私、鎌形しゃべります】室長として生きる道 

~7将の魂、大いに語る~ 

 

●2016年4月22日(金)開催 名古屋

 


詳しくはイベント・セミナーページよりご確認ください↓↓
http://www.maru-nagoya.jp/イベント-セミナー開催情報/