20代をどう生きたいか。

他人の目より自分の目を信じる

「覚悟」

 

自分にとって、この言葉は

重い言葉。かっこいい言葉。

ちょっと敷居の高い、甘っちょろい考えで使っちゃいけない言葉だった。

 

 

自分がどうしたいか?

自分がどう生きたいか?

 

 

自分という一人の「会社」をどんな覚悟を持ってPRしていくか。

覚悟が決めたらよりしなやかになる。

ぶれない軸が決まると、竹のように時には強く、時には風の流れに柔軟に身を任せることもできるようになる。

 

ブレブレの自分に一喝入れたい時、いつものようにビレッジヴァンガード散策で出会った1冊。

 

編訳:池田貴将

http://goo.gl/p6UKTz



(著書より)

 

自分の生きる道を知る人は、

いつも地道でありながら、

その行動には迷いがないものです。

そして、自分の言葉で

自分の行動をごまかすことを最低の恥とします。

 

***

 

失敗をしないことは自慢になりません。

なにも失敗していないということは、

なにもやっていないということだからです。

 

自分の立場を守ろうとしないで、

あれは失敗だったと潔く認めましょう。

どんな大きな失敗でも、

次に改めれば決して無駄になりません。


著者に逢いたい病が発生し、運良く名古屋で開催ということで、

池田貴将さんのセミナーを見に行った。

会場は20代が多いような気がした。

 

小柄だけどなんか力強い。パワーが自信から出ている感じがした。

パフォーマンス、間の取り方、ホワイトボードの取り方。

本ではわからないことが、実感できた。

 

あ、メルマガも読んでます。