No.67 アイデアが止まらない脳に変わるMOM【考具無料プレゼント中】

みなさん、こんにちは!

 

 

マンダラートで思考整理をするのが大好きで

有名な鎌形です。

 

 

改めまして、

今日も絶好調⤴まるの鎌形です!

 

 

考えることにも、考えをまとめることにもコツがあるんですよね。

 

皆さんに今日は一つ、

 

考具のフォーマットをプレゼントします。

 

 

それでは、

 

そんなこんなで

本日もスタート!!

 

 

─┤インデックス├─・──・──・──・

【1】アイデアが止まらない脳に変わるMOM

  【考具プレゼント中】

─・──・──・──・──・──・──・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】アイデアが止まらない脳に変わるMOM

  【考具プレゼント中】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

今日は久しぶりに、

 

考具の話題に戻ります。

 

 

以前、3月28日のブログで、

 

考具には大きく分けると3つの形があります。

 

 

 

 

 

1、必要な情報が頭に入ってくる考具

 

 

 

2、アイデアが拡がる考具

 

 

 

3、アイデアを企画に収束させる考具

 

 

 

 

そして、

 

そのうちに

 

1、必要な情報が頭に入ってくる考具

 

についてご紹介しました。

 


以前のブログはこちら↓↓

http://goo.gl/bm0P5P

 

 

今日は、

 

院長やスタッフさんのアイデアを拡げる考具とは??

 

ということで、

 

 

2、アイデアが拡がる考具について

 

お話していきたいと思います。

 

 

 

 

アイデアが止まらない脳に変わるMOM

 

 

MOM(マーム)

 

 

おかあちゃん?

 

 

 

おかあちゃんが、アイデアが止まらない脳に変わる?

 

 

というお話ではございません。

 

 

 

これも最近はやりの、

 

鎌形造語録です(笑)

 

 

 

 

一つひとつみていきますね。

 

 

まずは一つ目

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

M マンダラート

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

私がまずオススメする

 

アイデアを拡げる考具は、

 

マンダラートです。

 

 

 

マンダラートは頭の中にある情報や

 

アイデアのヒントをグイグイ引っ張りだしてくれます。

 

 

次の図を見てください。

 

 

大きな正方形の中が区切られていて、9つのセルになっています。これをマンダラと呼ぶんですが、

 

このシンプルな形の上で、

 

皆さんの脳が驚くほど活発的に活動するので、

 

とっても面白いですよ(^^)

 

 

私はマンダラートを手書きで行う時もありますし、ワードで作成することもあります。

 

使い方はとても簡単。真ん中にテーマを書きます。これが自分への問いかけです。


そしてその問いに出ててくる答えを残り8つのマスに書き込んでいきます。

 

この8つのマスを強制的に埋めようとすることで、普通に考えていては出ない意見がポンポンでてくるんです。

 

 

 

例えば、このマンダラートで私が問いかけたのは、

 

"顧客の問題点と課題を明確にすると?" 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

という問いかけです。

 

 

 

そしてそれに対する8つの答えが、

 

●初期投資が高く、借金返済からスタート  

 

●院長が現場に張り付いている状態で未来を考える時間がない   

 

●決めたことが実行されない。続かない。
       
●4人に1人が年収200万円    

 

●人が育たたない。マネジメントが分からない
       
●目指す方向がバラバラ   

 

●人が来ない。   

 

●外見だけ良くして、中が伴っていない。
       

 

でした。

 

 

そして、また出てきた8つの答えに対して、深掘りをしていきます。

 

 

例えば、

 

 

●決めたことが実行されない。続かないに対しては、

 

なぜ決めたことが続かないのか?を考えていきます。

 

次のような展開です。

 

出てきた8つの答えは、

 

●振り返る場、共有する場がない。

 

●トップダウンなので、自分毎ではない   

 

●医院のやりたいことと、個人の成長が繋がっていない
          
●やったことに対して、労い、評価する場がない   

 

●スタッフさんが決めていない。
       
●習慣化していない   

 

●やる目的、意味付けが不十分   

 

●成功イメージがない。競争心を生み出す仕組みがない

 

 

でした。

 

 

こんなふうにンダラを埋めていくと、

 

自分のアイデアはどんどん本質に近づいていき、明確なものになっていくんですね。

 

 


この不思議なマンダラートは、デザイナーの今泉浩晃さんが開発された手法です。

 

 

この手法を使うと、ほんとにびっくりするぐらい、

 

頭が整理されていきます。

 

 

 

是非、皆さんも取り組んでみて下さい。

 

 

今日は、マンダラートなどの考具のフォーマットをプレゼント致します。

 

鎌形が普段から、情報をまとめるのに使っている考具です。

 

ワードで誰でも書き込みができるように

 

1から作成しました。

 

 

以下のリンクより、ダウンロード下さい。

 

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

考具の無料ダウンロードはこちら

==============================

https://goo.gl/zuZCdt

==============================

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

 

 

 

さて次はOです。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

O オズボーンのチェックリスト

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

次によく使うのは、

 

オズボーンのチェックリストです。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

このチェックリストを書きだしたメモやカードを1枚、

 

手帳や財布などに忍ばせておくだけで、かなり重宝されます。

 


オズボーンのチェックリストは全部で9ヶ条


●    転用したら? 現在のままでの新しい使い道?


●    応用したら? 似たものはないか?真似はできないか?


●    変更したら? 意味、色、動きや臭い、形を変えたらどうなる?


●    拡大したら? 大きくする、長くする、頻度を増やす、時間を延ばすとどうなる?


●    縮小したら? 小さくする、短くする、軽くする、圧縮する、短時間にするとどうなる?


●    代用したら? 代わりになる人や物は? 材料、場所などを代えられないか?


●    置換えしたら? 入れ替えたら、順番を変えたらどうなる?


●    逆転したら? 逆さまにしたら? 上下左右・役割を反対にしたら?


●    統合したら? 合体、混ぜる、合わせたらどうなる?

 


これらの質問を問いかけることでアイデアは無限に生まれてきます。

 

 

アイデアの作り方、その手法はいたってシンプルで、

 

今も昔もほとんど変わりません。

 

違うのは、その方程式に入れるデータや情報です。

 

データや情報は、時代や環境に応じていつもあたらしく変わっていきます。

 

だからこそ、アイデアが尽きることはあり得えないんですねー(^^)

 

 

今世の中にあるものが絶対に正解でないこともたしかです。

 

 

だからこそ、自分で見極め、自分で吸収し、自分で応用する力をつけることが大事だと思います。

 

 

是非、身につけてくださいね。

 

 

 

最後にMです。

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

M (アイデアを)メモする。

  そしてそれをいつでも引き出せる状態にする。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 

アイデアは、

 

既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもないと捉えると、

 

アイデアを生み出すためには、

 


1、    既存の要素をいかにして集めるか。

 

2、    それをいかに組み合わせるか。


ということが重要です。

 

 

これをさらに細かく分解すると、

 


1−1 普段からアイデアのネタ素を貯めこんでいく。


1−2 目の前の課題についての特殊な知識や必要な情報を頭に入れる。


2−1 溜め込んだ中から、使えそうなネタ・情報を引っ張りだす


2−2 引っ張りだしたネタ・情報を組み合わせて新しいアイデアを生む

 


特に重要なのは、

1−1 普段からアイデアのネタ素を貯めこんでいく。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

2−1 溜め込んだ中から、使えそうなネタ・情報を引っ張りだす

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

ということです。

 


暇な時から少しずつでも貯めておかないと、

 

肝心なときに組み合わせるだけのネタがない状態になります。

 

また溜め込んだネタを上手く引っ張りだせないと、

 

これまた組み合わせられない。アイデアにならないんですね。

 

 

アイデアをメモする、そしてそれをいつでも引き出せる状態にする。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

この二つの視点がとても重要です。

 

 

私は、各テーマに合わせてフォルダを作って、

 

アイデアを管理しています。

 

 

人材育成、採用、教育、心理学、能力開発、財務会計、自己理解、

 

販売戦略、読書方法、マーケティングなどなど、

 

アイデアが浮かんだらメモし、それをテーマ毎に管理する。

 

 

これをしておくだけで、アイデアは止めどなくでてきます。

 

ぜひ、

 

アイデアをメモする、そしてそれをいつでも引き出せる状態にする。

 

 

 

意識してみてくださいね(^^)

 

 

 

 

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

考具の無料ダウンロードはこちら

==============================

https://goo.gl/zuZCdt

==============================

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

 

 

 

 

本日はここまで!

ありがとうございましたm(__)m

 

 

 

<グループコーチング開催>

【医療、歯科・動物病院業界限定】

競争が激化する医療業界の荒れた海の中で

目的地に到着するための航海図を手に入れる。

 

医院経営が楽しくなる経営計画書の作り方

セミナー&グループコーチング

 

●4月13日(水)14時〜17時 名古屋


●4月16日(土)14時〜17時 名古屋


●4月21日(木)14時〜17時 名古屋


詳しくはイベント・セミナーページよりご確認ください↓↓
http://www.maru-nagoya.jp/イベント-セミナー開催情報/