熊野古道で自分の鼓動を見つける28歳一人女旅1日目(続き)

─┤インデックス├─・──・──・──・
【1】熊野古道を1人で歩いてみたら3つ気づいた28歳。
─・──・──・──・──・──・──・

1日目「新宮駅〜宿まで」の続き。

 

 

 

熊野古道ってたくさんルートがあるのね。

 

宿主さんに最適コースを教えてもらいました。

 

 

 

オーナー:「今日のご予定は?」

 

 

 

島田  :「ノープランです!

      あの・・・・熊野古道行きたいです!」

 

 

 

オーナー:「この時間だとこの道が帰ってこれるよ。」

 

 

 

ってことで、

発心門王子〜熊野本宮大社コースへ。

 

 

スタートの「発心門王子」っていうところまで、

バスでいくんですが、

これまた面白くて、なんと!!

 

 

途中から自分で

自由に降りる先が決められるルール。

 

 

 

なんじゃそりゃ!!(゚д゚)!

熊野古道ローカルルールに驚き。

 

 

バスに乗ったら

一番前に座るのが好きな私。

 

 

なにやら同じ思考の

地元のおじちゃんもいるようでして、

反対側の一番先頭席に乗った、

おじちゃんは一番前で運転手さんと会話。

 

 

 おじさん

「桜がよ〜ほらきれいやな〜。」

 

 

運転手さん

「今日は水が澄んどるな〜」

 

 

 

運転手さん

めっっちゃフランク!!!!!

 

 

 

 

で、発心門王子の途中下車で

おじちゃんは去りました。

 

「ほな、ここで降りるわ〜」

 

 

 

そして、また驚いたことが。

 

 

運転手さんが

熊野古道のガイドをし始めた!!!

 

 

「いいですか〜みなさん〜

 迷わないで帰って来てくださいね〜。

 途中で民家があります。〜〜〜〜(10分くらい)」

 

 

 

バスの運転手さん親切すぎる!!!!!

と思いながら、

1人旅ゆえ迷子にならぬよう質問をしまくり、

スタート地点の発心門王子へ到着。

 

 

ちなみに、ここから真っすぐ行けば、京都につくらしい。

昔の人はすごいなぁ。

ということで、バスの制限時間もあるので、

熊野古道で自分の鼓動を見つける旅スタートです。

 

<制限時間>

最終バス17時までに熊野本宮大社へ辿りつけ!!2時間。

とりあえず、

超方向音痴&冒険家の島田は、

誰かの後ろをついていくことに。

 

 

 

この人達が私の命綱だ!と思いながら後をついていく

一人ストーカー島田。

 

 

ひたすらついていきます。

そして、途中に人らしき姿。

 

あ!!!地元の人・・・・・って思いきや、

なんてリアルなカカシやん!!!

(若干お笑いの人に似ているよね?鶴瓶さんのモノマネの人)

 

 

 

こんな撮影を1人でキャーキャーしてましたところ・・・。

はぐれた。Ω\ζ°)チーン。

 

 

ほんとに一人になってもーたー。

 

 

カラスの示す方向へ進むことに。

とりあえず、

なんとかなるだろう精神で、

歩いてみることにしました。

 

 

まだ日は明るいし。

死にやせん!ということで、

自分の鼓動を感じながら一人歩きます。

 

途中で、『歯痛の地蔵さん』に出逢いました。

 

 

親の歯痛が続いているのでそのお願いと、

歯科医師の先生方の分も何か関係があると思って

お祈りしてきました。

 

 

まるのクライアントの歯科の先生はすごい人なんです。

◯◯市の◯◯って医院さんで、

だから、これからも応援おねがいします。ブツブツブツブツ・・・

 

 

歯痛地蔵さんにお祈りしましたっ!

きっと明日からいいことおこりますよ!

で、途中の水呑王子後に到着。

ここまで来るとナチュラルハイです。

 

 

(虫の「ぷ〜〜ん」音が

 すごかったので、フードオンで防御)

 

 

 

桜がキレイ。春ですね〜。

 

 

良い季節で良い季節に来れたな〜と。しみじみ。

 

 

 

旅の課題を頭の中でリピート。

 

「自分の幸せはな〜んだ?」

「自分は何をしている時が幸せ〜だ?」

 

一人自問自答大会。

 

 

 

途中、貞子が出てきそうな昔の井戸がありました

(蓋はしてあったけど・・・)

水呑王子を越えると、山道っぽくなってきました。

とりあえず、

まる参入1周年ということで、

「一人まる」をしてみました。

 

 

 

 

相変わらず人がいないので、

ひと目も気になりません。

 

 

 

自由最高。

 

 

ここで気づき1。

 

自分て、ひと目気にする人だった

と内観(自分で自分を見つめること)

ひたすら道っぽい道を進みます。

 

途中で人がいそうなところもありました。

 

 

ここの人たちはどうやって暮らしているのか?

気になります。

だって、絶対夜真っ暗だし、

病院も無いしスーパーも無いし。

 

 

 

なぜか同時に、

今の自分が生きていく上で、

本当に必要なものは

そんなに多くは無いんだろうな〜と一人悟りの世界に入っていきます。

 

 

 

女が生きていく上で

必要なのってなんだろう。

 

 

 

一人で生きていくのか?ん?

と思いながら自問自答大会です。

 

 

 

 

さらに看板の「ケモノおどし」って何よ!?

とビビリながら進みます。

大きな音って何だろう・・・・。

見たこともない草?とか植物がたくさんありました。

 

 

「まる」ポーズぽかったのでパシャリ。

 ヽ(=´▽`=)ノ ←こんな感じ。

 

 

ひたすら進むと、小さな橋がありました。

 

 

とりあえず、

今回の旅のテーマ「自分の鼓動を見つける」

ということをテーマに、

進撃の巨人の「心臓を捧げよ!」のポーズ。

 

 

これ一人でやってます。

芸人さんとかすげーって改めて感じた瞬間です。

(自撮り棒持ってきてよかった)

 

 

道がどんどん険しくなってきました。

 

 

ほんとに熊とか出てきたらどうしよう・・・というのと、

最終バスの定刻17時に間に合うんか!?という不安要素も持ちながら

とりあえず、撮影。

 

 

 

気づき2。

いかに自分が体験をしないで、

人を判断しているか、

目先の情報に左右されているのか、気付かされました。

 

 

そして、

「ちょっと寄り道」という看板に誘われて。

 

 

寄り道した先には、見渡せる展望台?っぽいところがあり、

とりあえず、ちょっと達成感を味わいつつ、

熊野古道の自分鼓動旅続行です。

 

 

 

17時のバスに乗り遅れないように、

あとはひたすらダッシュ。

 

 

 

ダッシュ、ダッシュパトラ〜〜〜〜〜っッシュ!!!

 

 

 

これでもか!!!ってくらいダッシュで、

ゴールの本宮へ行きます。あと14分・・・・。

 

本宮に到着と同時に。

鐘の音。。。。。

 

ゴーン。

 

 

黒いポストに、足が三本あるカラス・・・・。

なんか不吉?!と思っていたら・・・・・・。

 

バス行ってもーた・・・・・・・・・・・・。

 

 

 

複雑な気分で今年の文字「気」の前で撮影。

表情も若干浮かないです。

(バスがぁあぁあ・・・しか考えていない。)

 

 

 

気を取り直しお参り。

 

 

「新たなる 自分自身の 出発を 熊野で祈りて光輝く」

 

 

 

 

私はこれから光輝くのね!!

となんてピッタリな場所へ来たんだろうと思いながら、

お参りをしてきました。

 

 

 

感謝感謝の毎日に御礼を伝えて来たのと、

「自分の鼓動」が見つかるようにお祈り。

 

 

 

そして、宿のオーナーへSOS電話。

 

『ごめんなさい。バス、間に合いませんでした・・・・』

 

 

・・・・・迎えに来てくれることに。

 

 

あぁぁぁぁ。メシアよ。私は救われた。(泣)

気づき3

私はたくさんの人に支えられ、

一人で何でもできると勘違いしちゃいけないということに大きく気づいた1日目でした。

 

 

 

やっぱ、愛と感謝を広げることは

私は好きなんだなってことにも。

 

 

 

でもまだ解決しちゃいない。

 

 

28歳女、この先どうするのだ!問題。

 

 

 

自分の鼓動は、自分で見つけるもの。

 

 

今夜は温泉に入り、

早めに寝て、

明日も鼓動を見つける熊野古道旅をします。

 

 

 

 

そして迎えに来てもらった宿の方、

本当にありがとうございましたm(__)m